【感想】『ガンバレッド×シスターズ』12話~それが私の名だ~

見た目は可愛い・中身は獰猛―サンデーGX2020年11月号に掲載されていた『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想と魅力について紹介します。【目次】1.基本情報2.『ガンバレッド×シスターズ』12話の内容3.『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想4.『ガンバレッド×シスターズ』12話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『ガンバレッド×シスターズ』12話作者ミトガワワタル(@mitogawawataru)掲載誌サンデーGX2020年11月号出版社小学館発売日2020年10月17日ISBN4910041251100 2.『ガンバレッド×シスターズ』12話の内容『ガンバレッド×シスターズ』12話はドロシーに銃を向けられて途方に暮れるシャノンの前にキキ・リルンという謎の少女が現れる話です。シャノンを心配したマリアは自分の信じる道を突き進む。 キキはシャノンに一体何をもたらすのだろうか…3.『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想『ガンバレッド×シスターズ』12話を一言で表すならこれ。シャノンに天使が舞い降りた!某何とか工房がアニメを制作した漫画とかを思い浮かべた人手を挙げましょう。キキ可愛いいよ、キキ…いろいろな作品を紐解くと赤ずきん的なキャラクターでお口があれがそれなタイプをよく目にする。 見た感じ、『ヴァンパイアセイヴァー』のバレッタとかその辺りが頭に。Sakoスペシャルならぬ、キキスペシャル決めるのかと一瞬頭によぎった。「いい匂い~♡」と言って出会ったばかりのシャノンに迫るとか本当にヤバい。2…

続きを読む

【感想】『おちこぼれフルーツタルト』2話~百合という名のフルーツマシマシのタルトな回だった~

夢見る高校デビュー、それはもう…『おちこぼれフルーツタルト』2話を見たので、その感想を紹介します。【目次】1.『おちこぼれフルーツタルト』2話の内容2.『おちこぼれフルーツタルト』2話の感想3.『おちこぼれフルーツタルト』2話の補足4.最後に 1.『おちこぼれフルーツタルト』2話の内容『おちこぼれフルーツタルト』2話は衣乃の夢見る高校デビューとフルーツタルトの新企画についてのお話。衣乃達はアイドルだと気付かれず、苦い高校デビューに…穂歩はフルーツタルトを売り込むため、CDデビューの話を持ってきます。2.『おちこぼれフルーツタルト』2話の感想2話は百合要素がとにかく濃厚過ぎて最高だった…衣乃のロコに対するガチ恋からスタートし、仁菜の圧倒的母性・甘えん坊なロコ・はゆのデレと百合の大連鎖が起きていた!百合好きの方にとっては文句なしな回だったんじゃないかと思う。最後、衣乃が美味しいところを全部かっさらっていくと。衣乃×ロコ・衣乃×はゆ・衣乃×仁菜の組み合わせだけでなく、ロコ×仁菜・はゆ×仁菜といろいろなカップリングが楽しめるのは本当にポイントが高い。主観になるのですが、特に衣乃×はゆ・ロコ×仁菜のカップリングがしっくり来た。 どっちも甲乙つけがたい。 ロコにガチ恋な衣乃も見ていて楽しかったですが。背景の描き込み具合は本当に凄いの一言に尽きる。 1話の時もそうでしたが。『おちこぼれフルーツタルト』は百合が好きな方だけでなく、普段百合に触れる機会が少ない・百合に初めて触れるといった方にもおすすめできる作…

続きを読む

【感想】『私の推しは悪役令嬢。』5話~うちのメイドがいろいろな意味でヤバすぎるのだが~

うちのメイドがヤバすぎる―コミック百合姫2020年12月号に掲載されていた『私の推しは悪役令嬢。』こと『わたおし』5話の感想と魅力について紹介します。【目次】1.基本情報2.『私の推しは悪役令嬢。』5話の内容3.『私の推しは悪役令嬢。』5話の感想4.『私の推しは悪役令嬢。』5話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』5話漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『私の推しは悪役令嬢。』5話の内容『わたおし』5話はレイとクレアの何気ない?日々が描かれていました。クレアのツンとデレ・レイがクレアと少しずつ距離を縮めるところなど、見どころが多いです。3.『私の推しは悪役令嬢。』5話の感想クレア様が輝いてた…うっ美しい…と言いたくなりますね。 ビスク・ドールを彷彿させる美しさがそこにあった気がする。無駄のないボディと言えば良いのか、単純に美しいの一言に尽きる。最近のメイドさんは主人にアグレッシブというか、ガチ恋な感じを迸らせるのがトレンドなのかもしれない。どこかの空軍にいたメイドさんと同じベクトルのヤバさを兼ね備えている。 だが、そんなレイのことは嫌いじゃない。最後の最後に繊細なやり取りを落とし込み、レイのヤバさだけでは終わらないぞという気概も〇。レイの暴走具合とクレアのツッコミやツンなところが最後…

続きを読む

【感想】『ふたごわずらい』8話~過去があるから現在(いま)がある~

全てはあの人のために―一筋縄ではいかない双子達の活躍を描いた『ふたごわずらい』。コミック百合姫2020年12月号に掲載されていた『ふたごわずらい』8話の感想や魅力について話します。【目次】1.基本情報2.『ふたごわずらい』8話の内容3.『ふたごわずらい』8話の感想4.『ふたごわずらい』8話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『ふたごわずらい』8話作者桜野いつき(@itsuki_sakurano)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『ふたごわずらい』8話の内容『ふたごわずらい』8話は麻紀先生と智絵先生の高校時代について掘り下げられていました。麻紀先生や智絵先生推しの方必見の回といったところでしょう。3.『ふたごわずらい』8話の感想これは…やられましたね…高校時代の智絵先生を見て、思わず「嘘ぉ!!」と思った。いやいやいや、今と全然違うんですけどぉ!!!他の読者の方の中にも高校時代の智絵先生の姿を見て、驚かされたと感じた方が多いんじゃないかなと。麻紀先生も智絵先生の抱えているものが思っている以上に深い、だけどその分面白さが増している気がする。アコやこまちもそうだけど、麻紀先生や智絵先生の繊細かつ複雑なところも『ふたごわずらい』の魅力。デカい花火が打ち上がるとは思わなんだ…毎度、毎度ドデカいサプライズを用意していたけど、今回も負けず劣らずのサプライズだった。 桜野先生は漫画を描くのが上手いなと。キャラクターの可愛さや美し…

続きを読む

【感想】『セメルパルス』9話~重要戦線異常アリ~

防壁師に休息なし壊獣達との死闘を終えるまで…コミック百合姫2020年12月号に掲載されていた『セメルパルス』9話の感想とポイントについて語っていきます。【目次】1.基本情報2.『セメルパルス』9話の内容3.『セメルパルス』9話の感想4.『セメルパルス』9話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『セメルパルス』9話作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『セメルパルス』9話の内容『セメルパルス』9話は命乃の出生の秘密と人型の襲来について描かれていました。悲しみを増すごとに繋がる命乃と様子。 果たして、命乃と様子に安息は訪れるのか、それとも…3.『セメルパルス』9話の感想とりあえず言えることは命乃と様子の絡みがヤバい…命乃、完全にトリップしてるんじゃないかと言いたくなってしまう…攻める様子も読み手を惹き込む魅力があった気がする。 ドキッというかゾクゾクさせる…このまま一気にと言いたいところですが、段階を踏むのが大事なのと延長線上にある何かはここぞという時のお楽しみと思っておくことに。壊獣の大群はインパクトあったな。 襲われるんじゃないかという感覚を抱いた。そして、人型が初登場したわけですが、カッコいいとセクシーを両立していた気がする。 洗練されたフォルムが美しい。 今まで登場していた壊獣達は武骨で力強い感じとは対照的ですね。『BLEACH』の破面とか『怪獣8号』の怪獣達が頭に浮かんだ。後、…

続きを読む

【感想】『ささやくように恋を唄う』18話~チョコレートのように繊細な恋心~

その恋は一体何味?2つの一目惚れから物語が始まった『ささやくように恋を唄う』こと『ささこい』。今回は『ささこい』18話の感想とポイントになる部分について話します。【目次】1.基本情報2.『ささやくように恋を唄う』18話の内容3.『ささやくように恋を唄う』18話の感想4.『ささやくように恋を唄う』18話の核5.最後に 1.基本情報 タイトル『ささやくように恋を唄う』18話作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『ささやくように恋を唄う』18話の内容『ささこい』18話はひまりと志帆の出会い・ひまりと依のデートについて取り上げられていました。 文化祭が近づいているということで料理研究部も何かしようとひまりと百々花が張り切ります。 そこに志帆の姿が… ひまりは百々花が志帆とバンドを組んでいることを知ることに。3.『ささやくように恋を唄う』18話の感想『ささこい』18話を見て思ったことはひまり・百々花・志帆の活躍が多めだったなと。 依の活躍が少なめな回はどこか新鮮に映る。最も、依がおいしいところを持って行った感じがしましたが…基本的には、ひまりか百々花のターン!という感覚が強い。百々花のいろいろな表情を思い切り堪能できたのは良かった。 百々花と始のやり取りが尊いと感じた自分がここにいる。 始のカッコよさが十二分に引き出されていた。後はひまりが志帆にシュンとするところとか。 もちろん、…

続きを読む

【感想】『ロンリーガールに逆らえない』11話~全部が好きと言いたくなる回だった~

友達?それとも…この感じ、そうだ!あれだ!恋なんだ!多分…1巻が重版、2巻が発売とコミック百合姫の中で地力の強さを見せる『ロンリーガールに逆らえない』こと『ロンガル』。今回は『ロンガル』11話の感想と魅力について迫ります!【目次】1.基本情報2.『ロンリーガールに逆らえない』11話の内容3.『ロンリーガールに逆らえない』11話の感想4.『ロンリーガールに逆らえない』11話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『ロンリーガールに逆らえない』11話作者樫風(@Cat2Sora)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『ロンリーガールに逆らえない』11話の内容『ロンガル』11話は彩花と空のお出かけに加え、空が彩花の家に初めて訪れる回になっています。ドキッと来る要素やキュンとなる要素が多く含まれており、読み手のハートを狙い撃ちします。3.『ロンリーガールに逆らえない』11話の感想お世辞抜きで大好きと言いたい。全部が愛おしい…こういう感情を抱ける自分が幸せだ。樫風先生こだわりの手の描写からスタートし、可愛い・ドッキドキ・キュンキュン・繊細さが1つの話に詰まっていてもう文句なしですね。一つの山を迎えた10話、1巻の重版・2巻の発売の勢いを受けているせいか、『ロンガル』11話は勢いを強め、それでいて洗練された感じが。彩花と空の何とも言えない距離感がたまらない… 友達という壁が今までできたキスにブレーキが…レベルが1つ上がったけども、…

続きを読む

【感想】『安達としまむら』2話~安達のイマジネーションから始まる百合~

『安達としまむら』2話の感想を紹介しようと思います。【目次】1.『安達としまむら』2話の内容2.『安達としまむら』2話の感想3.最後に 1.『安達としまむら』2話の内容『安達としまむら』2話のサブタイトルは「安達クエスチョン」。 その名の通り、安達の中に生じたクエスチョンを掘り下げていく話に仕上がっています。 安達としまむらの濃い目の百合も満載なのに加え、安達の複雑な心理描写が2話のポイント。2.『安達としまむら』2話の感想安達が感情を爆発させていたけど、それにより濃い百合を思い切り堪能できたから自分は良しとしてる。濃いなと感じた百合はこの辺り。安達がしまむらとキスをしようとする妄想しまむらが安達に膝枕するシーン安達としまむらがドーナッツを一緒に食べるシーン安達がしまむらの足の間でくつろぐシーンドキッとする描写が多めで、1話よりも攻めてたなと思う。安達の繊細な気持ちをしっかり出せていた感じがするし、自分は十分楽しめた。安達にとって自身のパーソナルスペースに入って良いのはしまむらだけなんだなと実感する。 帰り道でのヤシロとのやり取り・学食でのやり取り見てたら。安達としまむらの日常や内心を楽しむようにしてる。すれ違いは親しい間柄でも起きること。 自分も安達と同じような気持ちを全く抱かないかと聞かれたら嘘になるだろう。 中に入れない・接したくない人と合わせないといけないとか。後、チャイナ服姿の安達がセクシーかつ可愛かった。3.最後に『安達としまむら』2話は安達のイマジネーションが爆発していた。結果…

続きを読む

【感想】『ロンリーガールに逆らえない』2巻のレポート~いちごオレのように甘く優しいあの子達が過ごす日々が好き~

樫風先生の描く『ロンリーガールに逆らえない』こと『ロンガル』の2巻が発売されました。前からファンだった自分はもちろん、購入。今回は『ロンガル』の2巻の感想や魅力について語っていきます。『ロンガル』に興味を持った・『ロンガル』をもっと好きになることができた!と感じてくれたら嬉しいです!!【目次】1.基本情報2.『ロンリーガールに逆らえない』2巻の内容3.『ロンリーガールに逆らえない』2巻の感想4.『ロンリーガールに逆らえない』2巻の核5.『ロンリーガールに逆らえない』2巻の特典6.最後に 1.基本情報タイトル『ロンリーガールに逆らえない』2巻作者樫風(@Cat2Sora)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社発売日2020年10月16日ISBN-104758021716ISBN-13978-4758021715 2.『ロンリーガールに逆らえない』2巻の内容『ロンガル』2巻にはいろいろなものが1冊にギュギュっと詰め込まれています!収録されている内容はこちらになります。6~10話おまけ漫画:10話その後おまけ漫画:起こしたら負けゲーム(カバー下)2巻で登場した和奏の裏話あとがき2巻で登場した和奏のプロフィール(カバー下)こうして並べてみると、盛りだくさんだと感じた方も多いのではないでしょうか?8話に描かれていたひよこのぬいぐるみが2巻では修正されているので、コミック百合姫で『ロンガル』を追ってるよ!という方はその辺もチェックしてみてください。『ロンガル』2巻では、新キャラの和奏の登場から体育祭までのエピソ…

続きを読む

【感想】『アサルトリリィ BOUQUET』3話~サブタイトルとソメイヨシノについての考察~

『アサルトリリィ BOUQUET』3話の感想に加え、考察をいくつか紹介します。 【目次】1.『アサルトリリィ BOUQUET』3話の内容2.『アサルトリリィ BOUQUET』3話の感想3.『アサルトリリィ BOUQUET』3話のサブタイトル4.ヒュージも学習する5.咲き誇るソメイヨシノ6.最後に 1.『アサルトリリィ BOUQUET』3話の内容『アサルトリリィ BOUQUET』3話は梨璃達が過去の戦闘を生き延びた強力なヒュージと戦いを挑む話。戦いに敗れたリリィ達が使っていたCHARMを目にした夢結が過去のトラウマがフラッシュバックし、暴走する…夢結を救うため、梨璃は決死の覚悟で戦場を駆け抜ける!!TVアニメ「アサルトリリィ BOUQUET」第3話『ワスレナグサ』は間もなく25:28~より放送開始✨第3話の実況や感想は【 #アサルトリリィ刮目 】で呟いて下さいね🍀Amazon Prime Videoでは一足早くスタート♪📺放送情報TBSテレビ 25:28~/Amazon Prime Video 25:13~ 他#アサルトリリィ #シャフト pic.twitter.com/LfveUE6EXA— アサルトリリィ公式 (@assaultlily_pj) October 15, 20202.『アサルトリリィ BOUQUET』3話の感想『アサルトリリィ BOUQUET』3話を見て思ったことが。それは令和に蘇った『シムーン』だということですね。『シムーン』は2006年に放送されたアニメでと大空陸と呼ばれる…

続きを読む