【感想・考察】『音のレガート』17話~葵の道~

『音のレガート』17話の感想を紹介します。目次 基本情報『音のレガート』17話の内容『音のレガート』17話の感想最後に 基本情報▼まんがタイムきららフォワード 2023年 01 月号 [雑誌]タイトル『音のレガート』17話サブタイトルそれぞれの道作者すいと(@tiguhagu_metro)掲載誌まんがタイムきららフォワード2023年1月号出版社芳文社発売日2022年11月24日ISBN4910082711120サイズB5 『音のレガート』17話の内容『音のレガート』17話は、葵が今年のアンコンが最後の大会であることに加え、卒業したら音大に進学しないことを音達に伝える話。葵の話を聞いた音達は文化祭のような演奏会をもう一度行いたいと深咲先生に伝えることに。『音のレガート』17話の感想葵の進路・音大以外の道にフォーカスを置いていたのが印象的。 皆と演奏できる回数が想像以上に少ないからこそ、1回、1回の演奏に全力になれるのかなと感じなくも…葵の意志を知って涙を流す柚季を見ていると、切なくなってしまう。 胸が締め付けられると言えば良いのか。 高崎駅の駅ピアノで連弾を弾いていたのを踏まえると、尚更だ。葵の進路や葵と演奏できる機会が残り僅かというのに触れられていたけど、個人的には音に音大以外の進路を選ぶ人もいるというのを伝える回といった印象も受ける。 連弾にショパンの「別れの曲」を選んでいたし。前回、桜や愁達とカラオケボックスで卒業後の進路について話すシーンがある。 その時、音が進路についてまだ決まっていな…

続きを読む

雪宮ありさ先生とsugar.先生のスペースで感じた幽霊ものの作品に求めるもの

2022年11月13日、『最果てのともだち』の雪宮ありさ先生と『さよなら幽霊ちゃん』のsugar.先生がTwitterで対談スペースを開催していた。スペース内では、さまざまな質問が送られていて、なるほどと感じることがいくつもあった。 聴き終えた時、ふと自分の中で頭によぎるものがあった。 それは幽霊ものに一体何を求めていたのか。いろいろ考えていく中で1つの考えが浮かんだ。 それは、作中に登場する幽霊が一体どんな驚きを与えるか。 漫画・アニメ・小説・映画・ゲームとあらゆる媒体に幽霊のキャラクターが登場する。幽霊達は見る者にさまざまな驚きを与えている。多くの方が作中に登場する幽霊達が一体どんな驚きを人間・読み手に与えるのか期待しているのではないだろうか。 驚きの種類にも多岐に渡る。 ・恐怖・百合・バトル・真実・感動 と枚挙に暇がない。 どのような驚きを見せるかは作品によって異なってくると思う。その作品でしか味わえない驚き、それを自分は求めている。 対談の中で幽霊ものを扱うメリットについて触れられていたけど、死生観や謎解き要素に深みを増せるというのは同感。人間と幽霊の違いや幽霊や作中に登場する舞台に一体どのような秘密があるかは幽霊ものの魅力だ。『遊戯王』における遊戯とアテムの別れとか。 個人的に「これはメリットではないか!」と感じたものがある。 それは幽霊そのものだ。 分かりやすい例を挙げると、貞子と伽椰子。 『リング』にしろ『呪怨』にしろ『貞子VS伽椰子』にしろ、作中に登場する…

続きを読む

【感想・考察】『メールブルーの旅人』11話で特に良かった点と作中に触れられていた「痛み」について

まんがタイムきららキャラット2023年1月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』11話の感想を紹介します。目次 『メールブルーの旅人』11話の内容『メールブルーの旅人』11話の感想『メールブルーの旅人』11話の解説最後に 『メールブルーの旅人』11話の内容▼まんがタイムきららキャラット 2023年 01 月号 [雑誌] 『メールブルーの旅人』11話はクマノミが「学校」の情報世界を探査する様子が描かれていました。 陸希(むつき)・想良(そら)・櫂(かい)との出会い。「痛み」とは一体何か考え、限られた時間の中で青春を謳歌するクマノミ。 その様子を見て、自分がいなくなった後のクマノミについて頭を巡らせるハカセがそこに。『メールブルーの旅人』11話の感想『メールブルーの旅人』11話で特に良いなと思ったシーンは、クマノミが人と友達になれるのかと言った後、陸希がもちろんと言ったシーン。 陸希に優しい言葉をかけられたクマノミが本当に良い顔していた…あの素敵な笑顔を見られただけでもまんがタイムきららキャラットを買って良かったなと思う自分がここにいる。 予想外のところから飛び出した嬉しい不意打ちというやつだ。クマノミの人と友達になれるのかというセリフだけど、人というのはハカセのことを言っているようにも。「学校」の情報世界に登場した陸希達が可愛いのも〇。 元ネタを知っていると思わずクスリとさせる描写があったな。 学校の外は一体どうなっているのか気になったりした。 いくつもの学校が並んでいるのかなとか学生寮があるの…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』16話~教える!結稀先生!!~

『あなたが私を照らすから。』16話の感想を紹介します。目次 『あなたが私を照らすから。』16話の内容『あなたが私を照らすから。』16話の感想最後に 『あなたが私を照らすから。』16話の内容▼コミックキューン 2023年1月号『あなてら。』16話は結稀が暁恵にテスト勉強を教える話。 暁恵の赤点回避に向けて、結稀が精を出す。『あなたが私を照らすから。』16話の感想『あなてら。』16話の見どころは一体何かと言ったら、結稀が暁恵に対して時に優しく、時に厳しくなるところと答える。エプロン姿の結稀が印象的。暁恵のことを考えながら料理を作る姿が可愛い。 髪をまとめていたわけだけど、料理している時の後ろ姿がですね。 うなじを見せるのが上手いなと感じた。 後は暁恵に恩返しをしたいと言った時の結稀の表情も良かった。暁恵の寝顔が可愛いというのは同意。(結稀の言うように物凄くはだけていたな…冒頭に描かれていた結稀と何して遊ぼうと考えていた時の表情も可愛かった。 暁恵の言葉を聞いた結稀が嬉しそうな表情を見せてからの厳しい一言をぶつけるのがまた。 大好きだからこそ、厳しくしないといけない時に厳しくなれるのかなと思う。読んでて、中間テスト当日のエピソードは一体どのくらいやるのかどうか気になったりした。 15話の扉絵で莉子と凪沙が勉強している様子が描かれていたし。 暁恵と結稀が莉子や凪沙と中間テスト当日にどんな話をするのかなとか。今回は短めのエピソードだったので、次はどのくらいのボリュームになるのかも気になるところ。最後に結稀…

続きを読む

【感想・考察】『花唄メモワール』2話~おもてなしの心~

『花唄メモワール』2話の感想・考察を紹介します。目次 基本情報『花唄メモワール』2話の内容『花唄メモワール』2話の感想『花唄メモワール』2話の考察扉絵に描かれていた花どうして梅が戻れたのか考えるコートレット作中に登場した花の名前について最後に 基本情報▼まんがタイムきららフォワード 2023年 01 月号 [雑誌]タイトル『花唄メモワール』2話サブタイトル降つあかつき作者一ノ瀬けい(@ichinose_kei_)掲載誌まんがタイムきららフォワード2023年1月号出版社芳文社発売日2022年11月24日ISBN4910082710130サイズB5 『花唄メモワール』2話の内容『花唄メモワール』2話は、大正時代の花籠屋で梅がアイリスという1人の少女をおもてなしする話。アイリスのコートレットを食べたいという願いを叶えるため、梅達が奔走することに。アイリスを満足させた後、予想外の出来事により梅は現代に戻ってきます。『花唄メモワール』2話の感想梅と藤野がアイリスのために精一杯おもてなしする様子とアイリスの可愛らしい一面が印象に残った。後はラストの梅が現代に戻ってくるシーンも。 最後の最後に驚きを用意して、一体どういうこと???と感じさせるの良いですね。どうして戻って来たんだろう・大正時代の花籠屋に行く条件って一体何なのかという疑問が膨らんだ。 こうやって考える要素を用意しているところも作品における魅力のひとつだと思う。 2つの世界で梅が活躍するというのも分かった。それにしても、新キャラのアイリスが只々可…

続きを読む

【感想・考察】『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』6話~最初の投票結果~

『白き乙女の人狼(ウェアウルフ)』6話の感想・考察を紹介します。目次 基本情報『白き乙女の人狼』6話の内容『白き乙女の人狼』6話の感想・考察最後に 基本情報タイトル『白き乙女の人狼』6話漫画アジイチ(@ajiichi_nomoto)原作王月よう(@oshiroi_you)協力クマ(人狼HOUSE 代表)(@JinroHouse)掲載誌ストーリアダッシュ出版社竹書房公開日2022年11月25日配信http://storia.takeshobo.co.jp/manga/werewolf/ 『白き乙女の人狼』6話の内容『白き乙女の人狼』6話は、紫音と夜を共にしたのは一体誰かを投票で決める様子を描いた回。灯達の投票により、学園を追放される者が決定した。『白き乙女の人狼』6話の感想・考察投票結果が明らかになるまで終始ドキドキしたぁ…人狼に限らず、試験やクイズなどの結果発表、何かしらのコンテンツに関する新情報が発表されるまでの時間というのはいつもドキドキさせられる。結果発表をどれだけ伸ばすかって本当大事なんだなと。 ここぞという時に伸ばし、絶妙なタイミングで発表することで大きな興奮が得られる。(この辺はケースバイケースだと思いますが そう考えると、創作物を生み出す方や盛り上がる演出を生み出す方って本当に凄い。大丈夫と分かっていても、1票1票が重いから投票情報が公開される度に心臓の音が大きくなるような気がした。 自分の選択で誰かの運命を左右されるって責任重大過ぎるでしょ…灯の不安や驚き、生き残りたいという想…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』25話で感じる雪月花

『アネモネは熱を帯びる』25話で雪月花を感じたので、感想を紹介します。目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』25話の内容『アネモネは熱を帯びる』25話の感想ゲーマーズの特典最後に 基本情報▼まんがタイムきららフォワード 2023年 01 月号 [雑誌]タイトル『アネモネは熱を帯びる』25話サブタイトルペアリング作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2023年1月号出版社芳文社発売日2022年11月24日ISBN4910082710130サイズB5 『アネモネは熱を帯びる』25話の内容『アネモネは熱を帯びる』25話は凪紗と茉白がショッピングモールでペアリングを買いに行く話。ペアリングを買った後、幕張の浜で綺麗な星空を眺める凪紗と茉白がそこに…『アネモネは熱を帯びる』25話の感想雪月花を話の中に落とし込んだ素敵な回だったの一言に尽きる。読んでいて、雪月花を感じてるんって来ましたね。全体を通して、凪紗と茉白の甘々な描写やオシャレな姿を十二分に満喫できるのが印象的だった。作中で感じた雪月花とは一体何か。 それは以下の通り。雪:雪の結晶が刻まれたペアリング月:ペアリングを付けた凪紗と茉白が眺めた夜空花:凪紗と茉白『アネモネは熱を帯びる』25話における見どころは、何と言っても凪紗と茉白が互いにペアリングを付けるシーンだろう。 ペアリングを付け、幸せそうにしている表情は美しいの一言。 1コマ1コマから幸せが伝わってくるような…画面いっぱいに可愛らしい表情や美しい表情、幸せ…

続きを読む

【感想】『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話~ななだけに与えられた特注のASMR~

『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話の耳と脳をグシャグシャにされるような描写がヤバかったんだが…目次 基本情報『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話の内容『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話の感想最後に 基本情報▼コミック百合姫2023年1月号タイトル『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話作者まにお(@mnmnoooO)掲載誌コミック百合姫2023年1月号出版社一迅社発売日2022年11月17日ISBN4910137391123サイズB5配信【ブックウォーカー】etc 1話が閲覧できるサイト一迅プラス:https://ichijin-plus.com/comics/67585341292776 『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話の内容『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話では、なながつかさにどうして関係を持ったのか・どうして音沙汰なかったのかを問い詰める様子を描いた回。いざ実行に移すものの、つかさの素敵なボイスにやられてしまうなな。後日、電話越しでつかさの言葉責めにより、ななは心を揺さぶられ、欲望を解き放つ。『愛したぶんだけ愛してほしいっ!』2話の感想読み終えた時、なながつかさにどんどん溺れていく様子がもっと見たい!と感じた。まにお先生のセンスはヤバいな。 上手いこと言語化できん。 YouTubeとかでおもろいこと言ってるなぁと感じたりしたけど、どこをどうしたらこんな話が作れるのか気になって仕方がない。声だけでななの耳と脳と心を揺さぶりつつ、ななの欲望を開放するつかさが只々ヤバいんで…

続きを読む

【感想・考察】『ささやくように恋を唄う』37話で描かれていた志帆の宣言とそれに対する亜季の反応について

『ささやくように恋を唄う』37話の感想を紹介します。目次 基本情報『ささやくように恋を唄う』37話の内容『ささやくように恋を唄う』37話の感想久々に登場したミキがかわゆい志帆の絶交宣言ももはじはいいぞ志帆の絶交宣言に対する亜季の反応亜季のお願いドヤァってなる真理がなんかイイ最後に 基本情報▼コミック百合姫2023年1月号タイトル『ささやくように恋を唄う』37話サブタイトル新学期と、後悔と、新曲と。作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)公式アカウント@sasakoi_info掲載誌コミック百合姫2023年1月号出版社一迅社発売日2022年11月17日ISBN4910137390133サイズB5特設サイトhttps://sasakoi-1jinsha.com/digest/配信【ブックウォーカー】etc 1話が閲覧できるサイトpixiv百合姫:https://comic.pixiv.net/works/5758ニコニコ百合姫:https://seiga.nicovideo.jp/comic/56012?track=official_trial_l2一迅プラス:https://ichijin-plus.com/comics/2410006298669 『ささやくように恋を唄う』37話の内容『ささこい』37話は新学期の始まり・志帆が文化祭が終わったら亜季と絶交することをひまりに宣言する様子・依達がひまりに新曲を披露する様子が描かれています。志帆の考えを知った亜季はひまりにとあるお願いをすることに…

続きを読む

【感想・考察】『君と綴るうたかた』24話~ヒグラシがなく頃に~

『君と綴るうたかた』24話の感想を紹介します。目次 基本情報『君と綴るうたかた』24話の内容『君と綴るうたかた』24話の感想扉絵に描かれていたるり夏織とるりの対話夏織のお願い雫と夏織の対話最後に 基本情報▼コミック百合姫2023年1月号タイトル『君と綴るうたかた』24話サブタイトル「ヒグラシ」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2023年1月号出版社一迅社編集部のTwitterアカウント@yh_magazine発売日2022年11月17日ISBN4910137390133サイズB5ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077コミックDAYShttps://comic-days.com/episode/3269754496636469072ニコニコ百合姫https://seiga.nicovideo.jp/comic/56191?track=official_list_s1一迅プラスhttps://ichijin-plus.com/comics/2416566452280配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』24話の内容『きみつづ』24話は夏織とるりの対話を描いた回。 夏織はるりにとあるお願いを。『君と綴るうたかた』24話の感想『きみつづ』24話で特に印象に残った部分について触れていくことに。扉絵に描かれていたるり水の底にいるるりが只々美しいんですよ…これが。過去に囚われ、思い詰めているといった印象を受ける。 そんな…

続きを読む