【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』17話でレイがレーネにクレアを任せた理由について

『私の推しは悪役令嬢。』17話の感想と考察を語っていきます。話をおさらいまたは作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『私の推しは悪役令嬢。』17話の内容クレアの心理描写が秀逸レイのおねだりがヤバいレイがレーネにクレアを任せた理由レイ・クレア・レーネの距離月夜に現れた怪しい影17話に仕掛けられたギミックマットの主張ディードの主張最後に 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』17話サブタイトル中庭事件漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2022年3月号出版社一迅社発売日2022年1月18日魅力クレアの表情変化を上手く描いている点レイがクレアにおねだりして頭をワシワシしてもらう姿レイ・クレア・レーネの信頼関係・距離感を上手く描いている点ダークヒーローを感じさせる描写がカッコいいISBN4910137390324小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/配信【ブックウォーカー】etc 『私の推しは悪役令嬢。』17話の内容『わたおし。』17話は、中庭事件を解決させるためにレイやクレア達が奔走する様子が描かれていました。月夜の学院に現れる怪しい影。 レーネにクレアを任せたレイは、中庭事件の元凶の1人・ランバートを止めるために1人で戦いに挑む。果たして、レイは、ランバートを止めることができるのか。クレアの心理描写が秀逸キャラクターの表情変化に目を見張るものがありま…

続きを読む

【感想・考察】『今日はカノジョがいないから』7話で描かれたぶどう狩りという名の浮気

さぁ、収穫の時間だ―『今日はカノジョがいないから』7話で描かれていたゆにと風羽子の浮気がいろいろな意味でヤバかったので、感想を書いていこうと思います。目次 基本情報『今日はカノジョがいないから』7話の内容『今日はカノジョがいないから』7話の感想七瀬があげたぶどうジュース学校での2ショット失くしてからじゃ困るという風羽子の警告カーテン越しで繰り広げられるゆにと風羽子の楽しいひと時七瀬のカミングアウトという名の裏切り最後に 基本情報タイトル『今日はカノジョがいないから』7話サブタイトル相対作者岩見樹代子(@okome103)掲載誌コミック百合姫2022年3月号出版社一迅社発売日2022年1月18日魅力七瀬と風羽子の緊張感あるやり取りゆにと風羽子がカーテン越しに浮気を繰り広げるところ七瀬が自らドツボにハマっていくところISBN4910137390324配信【ブックウォーカー】etc 『今日はカノジョがいないから』7話の内容『今日はカノジョがいないから』7話は、ゆにと風羽子が保健室で浮気をし、屋上で七瀬と2ショットを撮った思い出を塗り潰していく様子が描かれていました。そうとも知らない七瀬は、雪に彼女がいることを告白します。『今日はカノジョがいないから』7話の感想保健室でのゆにと風羽子の濃厚なやり取りがヤバすぎる…嫌だけど、抵抗できない。そんなゆにと風羽子の浮気に終始、ゾクゾクさせられた。前半のゆにと七瀬の屋上でのやり取りも相まって、保健室での浮気がより魅力的なものに映った。というか、七瀬からゆにを奪い…

続きを読む

【感想・考察】『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の結菜と和奏が尊すぎたんだが

『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の結菜と和奏が尊すぎたので、いろいろ語っていこうかなと。目次 基本情報『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の内容『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の感想和奏の優しさ和奏と結菜が付き合うまでの過程を振り返る最後に 基本情報タイトル『ロンリーガールに逆らえない』23.5話作者樫風(@Cat2Sora)掲載誌コミック百合姫2022年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日魅力和奏と結菜のキスシーンが尊すぎる和奏が結菜に対して優しい一面を見せるところ結菜の和奏にアプローチがヤバいISBN4910137390324pixiv百合姫https://comic.pixiv.net/works/6552コミックDAYShttps://comic-days.com/episode/3269754496293563921ニコニコ百合姫https://seiga.nicovideo.jp/comic/56066?track=official_list_s1配信【ブックウォーカー】etc 『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の内容『ロンガル』23.5話は、番外編。和奏と結菜のお付き合いがスタートする様子が描かれていました。『ロンリーガールに逆らえない』23.5話の感想あぁ…和奏と結菜の百合が尊すぎてヤバい…樫風先生、ノックアウトされました。20話の時、結菜が和奏に幸せにしてあげようかと言うシーンもヤバかったけど、和奏と結菜のキスシーンがそれを上回るヤバさ。和奏…

続きを読む

【感想】『うちの師匠はしっぽがない落語会 ~狐と狸の化かし合い~』

『うちの師匠はしっぽがない落語会 ~狐と狸の化かし合い~』に行ってきたので感想を語っていこうかなと思います。、気になる方はチェックしてください。目次 狸の鯉~笑福亭生寿~七度狐権兵衛狸太神楽天神山~障子曲書き~最後に 狸の鯉(笑福亭生寿)『しっぽな』のトークから始まり、狸の鯉に。鯉に化けた狸が料理されるピンチをどう切り抜けるのかハラハラさせられた。 狸が包丁で切られそうになるところを回避するところを上手く表現していたのが印象的。 サゲで狸が柿に登るシーンも鯉のぼり・鯉の滝登りをイメージしやすかったな。七度狐(桂米紫)自分の初めての寄席といえば、桂米紫氏のまめだと遊山船だったなとしみじみ感じていた。声やひとつひとつの動作に力が入っていて、噺に引き込まれた。幽霊の動きが特に印象に残りましたね。 見ていて、どう化かすのか興味をそそられた自分がここにいる。最初の小噺からずっと笑っていた。権兵衛狸(桂楽珍)羽織の話が個人的にツボに入った。 そんなに高いの!?と思わず声が出そうに…権兵衛狸では、狸の毛を剃る描写がリアリティに溢れていたと思う。 本当に剃っている感じがして、印象的だった。最後のサゲで思わずクスッとしちゃいました。太神楽(ラッキー舞)ラッキー舞氏が傘を使って升を回したり、出刃包丁を使って大皿を回したりしていて、只々ビックリだった。仲入の後にまさか命懸けの芸が見られるなんて…まるで、自分の手足のようにいろいろな道具を扱っている感じがした。 観客の1年を願う気持ちが伝わって来て、良いものが見れたとし…

続きを読む

『ありおと』における鞠佳と絢のパーソナルスペースについて

『ありおと』を読んでいて、ふと感じたことが。それは、鞠佳と絢のパーソナルスペース。突然、どうして?と感じた方もいるかもしれません。 『ありおと』5巻の鞠佳と絢がPlante à feuillageの控え室でのやり取りを見たのがきっかけですね。パーソナルスペースとは、他人に近づかれると不快に感じる空間のこと。1巻の時、絢が鞠佳にパーソナルスペースを浸食していく様子が描かれていました。 パーソナルスペースを浸食された鞠佳は、絢に陥落。 絢を心から愛するようになりました。5巻において、Plante à feuillageの控え室で絢が鞠佳の攻めを抵抗していたのは、自分のパーソナルスペース、居場所が壊れるのが怖かったからではないかと解釈している。 鞠佳のことが怖かった部分もありますが、自分が自分でいられる居場所を無くしてしまうのではないかという怖さが頭によぎっていたのかなと。絢が学校に通っていられるのは、鞠佳がいるから。 ですが、柚姫が鞠佳にボディタッチを行ったりしているのを見て、まるで学校に居場所が無いという感じでした。 柚姫の存在で学校に居場所を無くしかけているの状態でPlante à feuillageという居場所を失うことは絢にとって恐怖でしかありません。我慢していた状態だったとはいえ、鞠佳の攻めに抵抗せざるを得なかったのでしょう。一方、鞠佳も絢に学校で攻められるのを嫌がっていました。 鞠佳にとって、学校というのは自分の居場所。 パーソナルスペースと言っても過言ではありません。鞠佳に攻められた絢は…

続きを読む

『ありおと』5巻に登場した可憐達の基本的な考え方は同じではないか

『ありおと』5巻に登場した可憐達。 ビアンバーでの仕事に対する考え方に触れられていた。5巻で登場した考え方は、以下の通り。可憐:非日常を提供するトワ:欲望を叶えるナナ:夢を見せる場所シオリ:可憐が楽しそうにしている姿が好き言葉は違うものの、考え方の根っこはいずれも共通している。 誰かの希望や悩みに応える・普段の生活では目にすることができない空間を用意し、訪れる人達を喜ばせる。 普段は、困った部分を見せているけど、自分の下に訪れる人達のために一生懸命動いているんだなと感じた。そう考えると、可憐達は、本当に魅力的な人達だなと実感できますね。 誰かの希望や悩み、欲望に応えるというのは、想像以上に難しいと思う。 こうではないかと思っていても、実は全然違っていたり。アスタの可憐に旅行に行って欲しいという願いも可憐やトワ達の考え方に通ずるところがある気がする。忙しい中、自分の面倒を見てくれる可憐に恩返しをしたいという考えは本当に素晴らしい。可憐が大好きだからこそ、鞠佳や絢、アスタはもちろん、シオリ達も可憐をフォローする。トワがからかいつつも、責任が伴うと鞠佳に言っていたけど、責任が伴うと言った時のトーンは本物だったと解釈している。 5巻で登場したモモやシオリはもちろん、アゲハもトワもナナも想像以上に思慮深いのかなと。 誰かをからかったりしているけど、トワやアゲハは、仕事で妥協しているのを目にしたら厳しく接する姿が想像できた。人によっては、そんなことないよ!と言うかもしれないけど、大切な場所だからこそ、仕事に、…

続きを読む

【感想】『ありおと』5巻はいろいろな意味でドキドキさせられた1冊だった

『ありおと』5巻の感想を紹介します。目次 基本情報『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』5巻の内容『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』5巻の感想最後に 1.基本情報タイトル『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』5巻著者みかみてれん(@teren_mikami)イラスト緜(@wttn3tpkt)出版社SBクリエイティブ文庫レーベルGA文庫発売日2022年1月15日コミカライズ版https://magazine.jp.square-enix.com/mangaup/original/arioto/ISBN-104815611386ISBN-13978-4815611385配信【ブックウォーカー】etc 『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』5巻の内容鞠佳と絢の進級、アスタのヘルプをきっかけに鞠佳が絢のバイト先であるビアンバーでバイトすることになった様子が収録されています。新しいクラスで、そしてビアンバーで大きな波乱が待っていた。『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』5巻の感想最初から最後まで、いろいろな意味でドキドキさせられる1冊だった。鞠佳のドロッとした一面や絢のことが一番好き、好きが止まらなくなるところなどを上手く表現していたと思う。 絢の繊細な心理描写もしっかり掘り下げられ…

続きを読む

【感想・考察】『観音寺睡蓮の苦悩』3巻は百合よりの百合だった。

『観音寺睡蓮の苦悩』3巻を読んだので、いろいろ語っていこうと思います。目次 基本情報『観音寺睡蓮の苦悩』3巻の内容『観音寺睡蓮の苦悩』3巻の感想最後に 基本情報タイトル『観音寺睡蓮の苦悩』3巻作者カエルDX(@kaeru_dx)掲載誌まんがタイムきららフォワード出版社芳文社収録話数15~22話発売日2022年1月12日魅力睡蓮最大のピンチに紫陽花や椿達が力を合わせるところ四葉・鈴・蘭の百合レルが睡蓮に送ったリモート百合がヤバいISBN-104832273418ISBN-13978-4832273412配信【ブックウォーカー】etc 『観音寺睡蓮の苦悩』3巻の内容『観音寺睡蓮の苦悩』3巻は、紫陽花達が睡蓮の海外留学を阻止する話が収録されています。その他にも、四葉・鈴・蘭の絆の深さやレルが睡蓮の下でメイドとして働くきっかけなども収録。 見どころ盛りだくさんな1冊です。『観音寺睡蓮の苦悩』3巻の感想睡蓮のお母さん・蓮華(れんげ)のインパクトが凄かったですね…ラスボス感ハンパないなと思ったら、カエルの子はカエルだったわけで。 百合に対して、かなり熱い方だったのが分かった。 蓮華の一言、一言がやたら重い。吹き出しが蓮華の凄みをさらに強調させていた気がする。それにしても、隠していた左目を睡蓮に見せるシーンは、『遊戯王』のペガサスを彷彿させる。(目に電流が走っている描写とかもどっかで見たようなラストの怒涛の展開で一気に持って行かれた。文化祭の劇で見せた紫陽花と椿のハプニングの見せ方が心憎い。 ただ言えること…

続きを読む

【感想】『ダブルデート・デコレーション』で描かれていたクロスオーバーが分厚かった…

『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?)』と『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』のクロスオーバーを収録した同人誌・『ダブルデート・デコレーション』の感想を紹介します。目次 基本情報『ダブルデート・デコレーション』の内容『ダブルデート・デコレーション』の感想最後に 基本情報タイトル『ダブルデート・デコレーション』著者みかみてれん(@teren_mikami)イラストゆぞうに(@yuzouni)サークル名てれたにあ発売日2021年12月31日魅力『わたなれ』と『ありおと』の親和性の高さを実感できるところ1冊で尊い百合を2つ見られるところれな子の豊かな想像力が生み出したドSな紗月さんと紫陽花さんがヤバい 『ダブルデート・デコレーション』の内容『ダブルデート・デコレーション』は、ショッピングモールを訪れた『わたなれ』のれな子と真唯が『ありおと』の鞠佳と絢に出会い、らぶらぶかっぷる五番勝負を行う話。勝負を繰り広げる中でれな子達は、仲を深めていく。 勝負の途中で予想外のアクシデントが起き、れな子達は力を合わせることに。『ダブルデート・デコレーション』の感想れな子と真唯の百合と鞠佳と絢の百合を1冊で楽しめるのはデカい。 4人のやり取りが秀逸で1人1人の魅力が上手く引き出されていたと思う。 2つの作品の世界観を上手い具合に繋げていて、『わたなれ』と『ありおと』をより魅力的なものにしていた。鞠佳がれな子を上手い具合にフォローし…

続きを読む

【感想】『私の初恋相手がキスしてた』の複雑な人間模様にノックアウトされた

入間先生の新作・『私の初恋相手がキスしてた』。『安達としまむら』の内容の深さに加え、フライ先生とのタッグということで購入することに。今回は、『私の初恋相手がキスしてた』の感想を紹介します。目次 基本情報『私の初恋相手がキスしてた』の内容『私の初恋相手がキスしてた』の感想最後に 基本情報私の初恋相手がキスしてた (電撃文庫)タイトル『私の初恋相手がキスしてた』著者入間人間イラストフライ(@flyco_)出版社KADOKAWA文庫レーベル電撃文庫発売日2022年1月8日魅力星空・海・地生の複雑な人間関係星空と海がとある侵略者によって悩み惑うところ入間先生の作品に触れている方が思わずニヤリとする演出ISBN-104049141388ISBN-13978-4049141382配信【ブックウォーカー】etc 『私の初恋相手がキスしてた』の内容母親と2人暮らしをしていた星高空(ほしたかそら)は、隣のクラスの女子である水池海(みずいけうみ)とその母親・水池泉(みずいけいずみ)と同居することに。海は、高空に内緒で謎の女性・陸中地生(りくなかちき)と会っていた。 地生は、海にお金を出す代わりに体を要求します。地生の優しさにより変化していく海。 対する高空も海と過ごすたびに変化していきます。複雑かつ繊細な三角関係のはじまりはじまり。『私の初恋相手がキスしてた』の感想高空・海・地生の関係性に惹き込まれた… 入間先生の文章というか言葉選びに只々驚かされましたね。作中、「侵略者」という単語が何度か登場していたけど、言い…

続きを読む