吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん第3巻の感想

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんの第3巻の感想を書いていこうかなと。 興味のある人は一度チェックしてください! 今回はアイリスの過去に関する中心に話が進められていた。 蝶鬼は一体何なのか、アイリスは今日に至るまで何が合ったかを知ることができた。 甘美な百合だけでなく、人間の汚さというか欲についてもサラッと触れていた感じが。 綺麗な部分だけを見せるだけに終わらず、汚い部分を見せることでよりきれいな部分が引き立たせている。 沙羅は第1巻の時と比べると、しっかりした感じがする。 アイリス達との出会いが大きいのかなと。 本当にアイリスのことが好きだというのが素直に伝わってくる。 百合の魅力をストレートに、より濃厚に伝えているなと改めて実感する。 蝶鬼と花贄との繋がりは吸血する・されるだけに終わらず、心と心で通じ合うというか、お互いが好きでないとその関係は成立しないというのを気づかせてくれる訳で。 残されたタイムリミットの中、沙羅とアイリスにどのような結末が待っているのか。 今後の展開にますます目が離せない。 第3巻はアイリスに一体何があったかに触れ、ストーリーの土台を固めている印象が強めというのが個人的な感想。 それにプラス、沙羅の強い姿を見れて良かったという気持ち。 アイリスにしっかり自分の意思を伝えられるのは第1巻の頃に比べたら十分成長したと言えるんじゃないかと。 吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんに興味を持った、最近百合に興味を持ち始めたという人…

続きを読む

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん第2巻の感想

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんの第2巻の感想を書いていこうかなと。 百合に興味があるといった人は一度チェックしてください! 第1巻で衝撃な事実を伝えられたアイリスと沙羅。 それに2人がどう向き合っていくのかというのが見どころ。 紫苑が良いキャラしてる。 アイリスと沙羅の理解者とも言える存在だなと。 2人がどう生きるかを見守ってる印象も。 アイリスと沙羅の距離が近くなり、濃厚な百合要素を展開している。 繊細な作画からか、より淫靡な感じがして惹かれる所も。 吸血シーンは吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんの見どころの一つで2人が近い距離にあるというのを上手く表現している。 葵衣やっぱり可愛いなと2巻を見て感じたりした。 吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんのメインキャラは可愛いもしくは綺麗だなと。 美しい花は儚いというか、儚さの中に美しさがある。 それを上手く体現している作品ではないかと思います。 百合好きだけど、この作品に触れることができて本当に良かったです。

続きを読む

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん第1巻の感想

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃんの第1巻の感想を書いていこうかなと。 百合に興味のある人はチェックして頂けたら嬉しいです。 吸血鬼モチーフの作品。 吸血鬼と百合の組み合わせはよく見るなという人も多いんじゃないでしょうか? 第1巻から先輩、後輩の濃厚な百合が展開されている。 吸血鬼のアイリスの押しはかなり強い。 沙羅は受け身な感じでアイリスとの相性も抜群だなと。 僕ッ子というのもポイント。 アイリス×沙羅以外にも百合要素があるので、百合が好きという人は是非チェックして欲しいなと。 第1巻を読んで思ったのが沙羅の太ももが印象的だなということ。 アイリスが沙羅の太ももから血を吸っていて、それが良いなと思えたわけで。 レビューを見ると、百合要素が強めなのが良いといった感じの声がちらほらと。 百合好きにはたまらない作品なのは確か。 濃厚かつ甘美な百合を見たいといった人は吸血鬼ちゃんと後輩ちゃんはおすすめな漫画です。

続きを読む