漫画解剖録~私の百合はお仕事です!の魅力やキーワードについて~

百合がお仕事ってどういうこと?って感じに気になったから購入した漫画、私の百合はお仕事です!。もうすでに買ったという方も多いのではないでしょうか? 最初は1、2巻買ってみて、面白かったから全巻揃えてみることに。 今から私の百合はお仕事です!について話していこうかなと思います。読み終えた後、わたゆりに興味を持っていただけたら幸いです。 わたゆりってどんな作品? 私の百合はお仕事です!は主人公の陽芽がお嬢様学校をモチーフにしたコンカフェ、リーベ女学園でアルバイトとして働くお話。 小学校の頃の親友でもあった美月と再会したり、クラスメイトの果乃子がアルバイトとして働いたりと複雑な人間関係を織りなしていきます。 わたゆりの主要キャラについて 私の百合はお仕事です!に出てくる主要キャラは ・白木陽芽(白鷺陽芽)・矢野美月(綾小路美月)・間宮果乃子(雨宮果乃子)・知花純加(橘 純加)・小柴舞(御子柴舞) の計5人。それぞれどういったキャラクターなのかザックリ説明していこうかなと思います。 1. 白木陽芽(白鷺陽芽)外面を作るのが得意な主人公です。リーベ女学園でも外面の良さを活かし、接客していきます。外面を見せないのは果乃子位。ふわっとした感じのロングヘアーが特徴的です。 2.矢野美月(綾小路美月)小学校の頃、陽芽の親友だった子。リーベ女学園では先輩として陽芽に愛のある指導を行います。ツンとデレのギャップが大きいので、作品を楽しむ上でチェックしておきたい所。黒髪のストレートヘアーが特徴的で…

続きを読む

漫画解剖録~スカーレットの見どころ・3つのキーワード・第1巻の感想~

表紙のインパクトが抜群でスカーレットに目を惹かれました。 すでに買ったという方もいるのでは?今回はスカーレットについて話していこうかなと思います。興味のある方は一度読んで頂けたらなと。 スカーレットってどんな作品?スカーレットはアイリスとフィーネがエリクサー、そして人狼と呼ばれる存在を追っていく漫画。かつてエリクサーを飲んだフィーネは自分の体に異変が起き、元に戻る方法をアイリスと一緒に探していくというものです。そこには、アイリスとの間にとある約束が。 一迅社のコミック百合姫で連載されています。コミック百合姫というと、私の百合はお仕事です!やアニメ化された私に天使が舞い降りた!等を連載している雑誌。百合が好きという方の中には購読している方もいるのではないでしょうか? スカーレットの主要キャラスカーレットはアイリスとフィーネを中心に物語が展開されており、読む上で最低限押さえておきたいキャラクターと言えます。一体どういうキャラクターなのかザックリ触れていきます。 1.アイリスアイリスは赤ずきんを彷彿させる格好をした金髪の美少女です。抜群のスタイルの持ち主でドキッとします。 お酒が好きでお酒を美味しそうに飲むシーンが何度か出てきます。 フィーネのことが好きで基本ベッタリ。 ~プロフィール~height:169cmage:17birthday:10月25日favorite things:リンゴdislikes:人を傷つけること 2.フィーネフィーネはカッコ良さを兼ね備えた黒髪の美少…

続きを読む

新米姉妹のふたりごはん第6巻の感想

新米姉妹のふたりごはんの第6巻を読んだので個人的にツボだなと感じた所や読んだ感想等を紹介しようかなと。 第6巻の内容前半はサチとあやりの友人との絡み、後半はみのりや両親との絡みに焦点が当てられています。両親との食事風景が見られるのは第6巻の中で一番のポイントかなと。普段は姉妹もしくは友人と一緒に食べるのが基本ですが、第6巻で初めて家族で食事を楽しむ姿が描かれているのが印象的です。 登場した料理 ・ハンバーグ・クリームシチュー・クレープ・焼き桃アイス・オリヴィエサラダ・鹿のシチュー・筑前煮 の計7種類。オリヴィエサラダでプリンが登場していますが、気になるレシピは新米姉妹のふたりごはんの第2巻をチェックして頂けたらなと。 第6巻を読んでミソだと感じた所新米姉妹のふたりごはん第6巻を読んでツボだと感じた所がいくつか存在します。ここではそれを紹介するので一度参考にしてください。 (1)桃をカットする際のサチの一言なおが持ってきた桃をカットし、ミキサーに入れた際に発したサチの一言が 「おしりが…」 地味にツボりました。ボソッと一言発する感じなのがまた良いです。分からなくもないのがまた良い。 (2)実際の猟師の方の監修が入っている今回もみのりが登場する訳ですが、狩猟の様子がリアルに描かれています。実際に狩猟を行い、血抜きから解体と鹿肉等が私達の食卓や飲食店に届くまでの過程が分かりやすく描かれていると感じました。こういった部分からこだわりが伝わってきます。 (3)今のあやりを形…

続きを読む