スカーレット・私はトワール・悪魔の誘惑・赤ずきんの殺し方を読み比べて感じたこと

きっかけは結野ちり氏がスカーレットの原題が「狼爪のリア」ということをツイートしていたことから始まった。 スカーレット好きな自分としては一体なんぞやと疑問に感じてググった! そして、検索結果に狼爪のリアは見つからなかった… ここまでなのかと思った時、いくつかの存在にたどり着いた… それは「私はトワール」「悪魔の誘惑」そして「赤ずきんの殺し方」の3本。読み進めている内に、スカーレットに通ずるものがあるんじゃないかという想いに掻き立てられた。 今回はスカーレットと私はトワール、悪魔の誘惑そして赤ずきんの殺し方を見て、感じたことを紹介します。 3本の作品についてスカーレットを読んでいる方の中には、私はトワール、悪魔の誘惑、赤ずきんの殺し方と聞かれて「?」となる方もいるのではないでしょうか?そういった方のために私はトワール、悪魔の誘惑、赤ずきんの殺し方の解説を行います。 1.私はトワール私はトワールはとある裁縫屋さんと衣服の調整模型のトワールの日々を描いた作品です。ゴミ捨て場に捨てられていたトワールを裁縫屋さんが拾ったところからすべてが始まります。裁縫屋さんはトワールのために素敵な服を着せ、手足を見つけ、幸せな日々を過ごすというもの。 2.悪魔の誘惑悪魔の誘惑は教室で人とは違う行動をして皆を怖がらせる美姫と皆から尊敬される生徒会長葵の2人が主役の作品です。2人きりになると誰にも言えない一面を見せます。美姫と葵の狂気を心行くまで味わうことができます。 月間ドラゴンエイジ2018年2月号…

続きを読む

アニメ解剖録~私に天使が舞い降りた!最終話の感想と振り返り~

私に天使が舞い降りた!のアニメが最終話を迎えた訳で。今回は最終話の内容を振り返りつつ、感想等を紹介しようかなと思います。 最終話の内容最終話は文化祭の劇とその終わり。コミックス第4巻に収録されている話を基にスケールを大きくしていました。 花達の役の名前について劇のタイトルは天使のまなざし。花達のキャストは花の名前から来ています。 花→アネモネひなた→デイジー乃愛→カルミア・カルム・マリー夏音→スイ小依→レン 花言葉は アネモネ→はかない恋・あなたを信じて待つデイジー→無邪気・希望カルミア・カルム→大きな希望・優美な女性マリー→嫉妬・悲しみ・真心スイレン→純情・信頼 です。 それぞれのキャラクターと劇の役柄に対応しています。 劇の役柄についてサラッと振り返る天使のまなざしの役について軽く触れていこうかなと。 1.アネモネ花が演じていたアネモネはひなた演じるデイジーを好きになるものの、天使と人間の違いから辛い別れを。この辺ははかない恋をダイレクトに表現しているなと思いました。あなたを信じて待つというのは人間になってデイジーが生きているのを信じて峠を越えている所で表しているんだなと。 2.デイジーデイジーはひなたの無邪気な姿やアネモネにとって希望とも言える存在というのを表現している様でした。ひなたの出会いがあったから、花はみやこと出会えた訳で2人とってひなたは希望と言えるかもしれません。 3.カルミアカルミアの優美というかしっかりした感じとかは乃愛の普段の言動とマッチしている様でし…

続きを読む

漫画解剖録~ルミナス=ブルーの魅力・第1巻の感想~

Twitterで知った漫画、ルミナス=ブルー。コミック百合姫で連載されているというのも相まって手に取ってみることに。今回はルミナス=ブルーの内容や魅力、第1巻の感想等を語っていこうかなと思います。 ルミナス=ブルーを買った理由Twitterで作品の存在を知って、興味を持ったから。カメラを題材にした漫画やアニメを見る機会もあまり無かったので見てみようかなと。 第1巻の表紙では、光のカメラに雨音と寧々がアイスを一緒に食べている姿が映し出されていて、レンズの向こう側に何があるのか興味をそそらせていたのも大きいです。 ルミナス=ブルーのストーリー主人公の光は転校した学校で雨音と寧々、そして転校するきっかけとなったうちほと出会います。カメラを通じ、雨音達と友情を深めていきます。 ちなみに、ルミナスとは光るという意味でルミナス=ブルーを日本語に訳すと光る青。主人公の光とかけているのかなと。 ルミナス=ブルーの主要キャラルミナス=ブルーの主要キャラは ・垂水 光・秋本雨音・青野寧々・葉山うちほ の4人。今から主要キャラについて解説します。 1. 垂水 光垂水 光はルミナス=ブルーの主人公。カメラを肌身離さず持っていて、同級生の可愛い姿や様々な風景を撮ったりするのが好きな女の子です。葉山うちほの写真がきっかけで今の高校に転校します。 転校して早々、写真部が廃部したことを知り、復活させるためにうちほと共に奮闘することに。第1巻では、雨音と寧々の写真を中心に撮っていました。 ちなみに、英語の成…

続きを読む