『今日、小柴葵に会えたら。』1巻が面白いワケと全体の感想

こんにちは、アンタレスです。 今回は『今日、小柴葵に会えたら。』1巻を購入したので、どんな作品なのか、一体どこが面白いんだという部分について5分位で話していこうかなと思います。 本日のルーティーン『今日、小柴葵に会えたら。』とは『今日、小柴葵に会えたら。』の主要キャラクター2-1. ①成田佐穂子2-2. ②小柴葵2-3. ③稲葉杏那2-4. ④渡辺理湖2-5. ⑤家庭科部の2人2-6. ⑥西野ちゃん先生『今日、小柴葵に会えたら。』が面白いワケ3-1. ①2つの時間軸を上手くまとめている3-2. ②言葉選びのセンスがとにかくピカイチ3-3. ③外面の良い自分と本当の自分の見せ方が上手い3-4. ④百合の魅せ方が秀逸『今日、小柴葵に会えたら。』1巻の感想最後に『今日、小柴葵に会えたら。』とは今日、小柴葵に会えたら。 (1) (REXコミックス) 『今日、小柴葵に会えたら。』は月刊Comic REXで連載されている漫画。作者は『政宗くんのリベンジ』の原作を担当した竹岡葉月先生とコミック百合姫の表紙などを描いているイラストレーターのフライ先生です。 主人公の佐穂子が高校時代に出会った葵との日々を同窓会で振り返り、葵に会って何かを確かめようとする物語になっています。 大学生の佐穂子を描いた現在と高校生の頃の佐穂子を描いた過去の2つの時間軸を描いているのが特徴的です。 他の作品で例えるとしたら、1990年代にヒットした映画『タイタニック』みたいなもの。『タイタニック』も過去と現在で話が展開されてい…

続きを読む

『グランベルム』4話を斬る!感想から話のミソまで

こんにちは、アンタレスです。 早速ですが、『グランベルム』4話が面白かったので、感想と一体何が面白かったかについて説明します。この記事をきっかけに『グランベルム』をもっと好きになったと感じて頂けたら幸いです。 今回のルーティーン『グランベルム』4話の内容『グランベルム』4話の感想『グランベルム』4話におけるミソ3-1. ①グランベルムは本来もっと参加者がいた3-2. ②卑怯と無謀の境界線3-3. ③雪月梅花から感じたという四翠の匂い3-4. ④寧々が見つめたパズルゲームの画面『グランベルム』のEDはいいぞ『グランベルム』を楽しむ方法最後に『グランベルム』4話の内容『グランベルム』4話は端的に言えば寧々にフォーカスした回。寧々が子供の頃、母親であるリーフェンフェンから魔術について教えられたこと、辛い別れが描かれていました。 🌕第4話、あらすじ公開!🌑公式HPでは第4話「風水師リンフェンフェン」のあらすじを公開中!チェックしてください✨https://t.co/FRbNWwLc4d幼い頃の寧々たちは路地裏で何かをしていて…?▼テレビ放送詳細▼📺MBS/TBS:7月26日25:55~ 📺BS-TBS:7月27日25:00~#granbelm #グランベルム pic.twitter.com/UI9OLI6bdG— TVアニメ『グランベルム』公式 (@granbelm) July 24, 2019 4話の時系列を大まかに説明すると 寧々が操るジーグァンロンのビーム攻撃が牙を剥く↓水晶と九音が寧々を…

続きを読む

美月がとにかくヤバかった!~『私の百合はお仕事です!』27話の感想~

こんにちは、アンタレスです。 コミック百合姫9月号に『私の百合はお仕事です!』27話が掲載されていたので、今から話していこうかなと思います。 ここでは を中心に解説していき、最後に『私の百合はお仕事です!』27話全体を通しての感想を紹介します。 本日のおしながき『私の百合はお仕事です!』27話の内容『私の百合はお仕事です!』27話の中でどこを押さえておきたいか2-1. ①美月が誕生日当日に風邪をひいたこと2-2. ②パジャマ姿の美月がヤバい2-3. ③ギリギリのところまで考えた美月『私の百合はお仕事です!』27話の感想最後に『私の百合はお仕事です!』27話の内容コミック百合姫 2019年9月号[雑誌] 陽芽と別れて以降、美月がリーベ女学園で働くまでに一体どのように過ごしてきたかを純加たちから聞かされた陽芽。 リーベ女学園から帰宅後も陽芽は美月について悩み続けていました。 美月の誕生日当日、リーベ女学園では誕生日イベントを行うはずだったのにも関わらず、美月は風邪で欠席してしまうことに… イベントは中止、舞は心配する陽芽を見て、美月のお見舞いをするよう頼みます。陽芽は最初ためらうものの、最終的には美月のマンションへ向かいます。 美月の看病をする陽芽。陽芽は美月について考えます。 そして、美月は陽芽と小学校のころを振り返ります。楽しかった日々を壊したのは自分だと言い、陽芽に帰るよう告げる美月。 陽芽は納得せず、話し合いに来たと言って帰りません。美月はそんな陽芽に対し、どう接して…

続きを読む