『グランベルム』9話における四翠の苦肉の策と水晶に隠された獣の一面について

自分の色に染め上げる… 複雑に絡み合った人間関係、年頃の少女たちの心理描写を秀逸に描いたりと強い武器をいくつも持ち合わせるアニメ『グランベルム』。 9話に突入し、人形劇の終幕に近づきつつあります。 新月の哀しみ、真実に近づこうとする寧々、九音を侵食する水晶、姉との日常を取り戻そうとする九音。そして新月のため、自分のためにプリンセプスを目指す満月とそれぞれの動向に目が離せません。 Twitterでも『グランベルム』について考察する方が何人もいて一種の盛り上がりを見せることも。ジミーストーン氏も質問箱を設けて視聴者の方の質問に答えたりと視聴者と制作者が密接に関わっているところは作品を強くしている要因のひとつと言えるでしょう。 今回は『グランベルム』9話の内容を振り返りつつ、自分の考察や感想を紹介していこうかなと思います。 本日のルーティーン『グランベルム』9話の内容四翠が出した苦肉の策水晶の纏ったローブが剥がされた精霊とのコミュニケーション満月の真実最後に『グランベルム』9話の内容寧々は高い魔力係数が満月の家に測定されることを突き止めます。そして中心に満月が。 そうともしらない満月は新月と共に精霊を呼び出す練習を。 一方、四翠の世話をする九音の下に水晶から連絡が。水晶は九音に四翠が望んで食べられたと話します。四翠の声で九音を苦しめます。 満月は精霊オルカを呼び出すことに成功し、コンビニで新月と一緒に中華まんを半分こ。新月はおいしいと言います。 🌕放送まであと2時間🌑感謝を込めて中華…

続きを読む

『グランベルム』に関するメモ

『グランベルム』に関して、ジミーストーン氏の質問箱に送られた質問と回答、本編の内容、雑誌などいろいろなものをチェックし、整理したことを載せています。 目次グランベルムについてアルマノクスについて魔術師の家系についてその他最後にグランベルムについて グランベルムについて整理しました。 ①参加条件 誰が参加するかはマギアコナトスの意思により決定されます。グランベルムの始まる前から選出が行われ、選ばれない家も中には存在します。 一族の代表者は家系と流派が託され、責任は重いです。 基本的に1つの家系から参加者は1人で自前の魔石を用意しないといけません。 子孫の参加は林家や土御門家のケースからOKなのが分かり、一度負けた一族も子孫に託すことでチャンスが得られます。 ②いつ行われるか 満月の夜にグランベルムが開始。 ③勝利条件 アルマノクスとの戦いで最後まで生き残ることでプリンセプスになれます。 ④敗北条件 アルマノクスのコア魔石が破壊されること。 その他にグランベルムの参加を辞退、不慮の事故で死亡、妨害工作によるルール違反も敗北条件に当たります。 ⑤グランベルム参加の権利の譲渡は可能か 基本的に他の魔術師にグランベルム参加の権利を譲渡するのは不可能なはずとのこと。 ⑥家宝級の魔石の使用 自前の魔石がアルマノクスのコア魔石とシンクロしており、原則として家宝級の魔石を使用するのはNG。 グレーゾーンとジミーストーン氏の質問箱の回答であったものの、ルール違反でペナルティも大きいと解釈し…

続きを読む

感想~『私の百合はお仕事です!』28話のおさらい・美月に関する自分なりの分析~

1番になりたいからこそ 前回、波乱の展開を迎えた『私の百合はお仕事です!』。美月のまさかの発言で終わるというのは正直ビックリしたの一言だった。 28話は一体どんな展開を迎えるのか首を長くしていた自分がいます。 今回、『私の百合はお仕事です!』28話の内容をおさらいしつつ、全体を通しての感想と話のポイントについて押さえていこうかなと。 本日のルーティーン『私の百合はお仕事です!』28話の内容『私の百合はお仕事です!』28話の感想ついに本音を吐露一歩踏み出せない自分がいるマズローの欲求5段階説で美月を見る最後に『私の百合はお仕事です!』28話の内容 美月のどう接したら良いか分からないという言葉に対し、陽芽は普通に接すれば良いと返します。 そんな陽芽の返しに美月は優しい姉は失敗したと吐露。 陽芽は美月の言葉に納得いかず、何か隠しているのではないかと問い詰めます。 どう答えたら良いか分からないと言いつつも美月はついに陽芽の1番になりたいことをカミングアウト。 陽芽の隣に果乃子がいるのを気に入らないという本音を明かし、陽芽と美月の間に重い空気が流れたところで28話が終了します。 『私の百合はお仕事です!』28話の感想今回の『わたゆり』でまず感じたことはこれ。 陽芽が美月に好きと聞いた時の顔がヤバい! 28話の陽芽は反則級の可愛さだった。美月が赤くなるのも分かるよと言いたい。 ついに美月の本音が出て、今まで感じていたもどかしさが無くなったところも。この言葉を待っていた感が強い。 …

続きを読む