【感想】『安達としまむら』4話は人付き合いの難しさを実感できる奥深い回だった

アニメ『安達としまむら』4話の感想を紹介します。 【目次】1.『安達としまむら』4話の内容2.『安達としまむら』4話の感想2-1.安達としまむらの腹筋2-2.いい母親について悩む安達の母親2-3.しまむらの妹とヤシロのコンタクト2-4.カラオケボックスでの出来事2-5.遊ぶ約束2-6.安達のお願い2-7.空っぽの空き缶3.最後に 1.『安達としまむら』4話の内容『安達としまむら』4話はしまむらが母親に連れてこられたジムで安達の母親に出会う話しまむらの妹がヤシロに出会う話安達がしまむらの誘いで日野や永藤と一緒にカラオケに行く話からなります。2.『安達としまむら』4話の感想『安達としまむら』4話を一通り見て思ったのはドキッとするシーンが多かったなと。濃度の高い百合も楽しむことができ、良質な回に仕上がっていたと思う。特に印象に残った部分の感想と考察を下に載せておくので、気になる方は一度参考にしてください。2-1.安達としまむらの腹筋安達としまむらの腹筋、とりあえず可愛いから見てくれと言いたい。1日ジムに行ったくらいじゃ変わるわけないかとしまむら言ってたけど、筋肉大きくなるのって結構時間かかるぞ。とりあえず、しまむらが腹筋して腰痛にならないか心配だった。 腰痛になったら安達が…2-2.いい母親について悩む安達の母親大人の魅力を兼ね備えた安達の母親が初登場したのは4話の見どころの一つになってくるのかなと。サウナでのしまむらとのやり取りが奥が深い。安達の母親と出会って「日本は狭い」としまむらは言ってた…

続きを読む

【感想】『君に紡ぐ傍白』1巻~その温かく包み込むような百合にノックアウトされた~

『君に紡ぐ傍白』1巻の感想や魅力を紹介します。 【目次】1.基本情報2.『君に紡ぐ傍白』1巻の感想3.『君に紡ぐ傍白』1巻の特典4.最後に 1.基本情報タイトル『君に紡ぐ傍白』1巻作者矢坂しゅう(@syu_612)掲載誌ストーリアダッシュ出版社竹書房収録話数1~5話発売日2020年10月30日ISBN-104801971016ISBN-13978-4801971011配信【ブックウォーカー】etc夢を諦め、新たな生活を送っていた大学2年生の立花遥香が役者を目指す同じ大学の1年生の葉山菜央に出会い、お互い惹かれ合っていく様子を描いた百合漫画。「演劇」「好きな人に言えない過去」という2つのテーマを作品の中に落とし込んでいます。ちなみに、作品のタイトルに使われている「傍白」の意味はこちらになります。演劇で作中人物が、相手役には聞こえないという約束事の上で、観客だけに知らせるかたちでしゃべる台詞ウィキペディアより引用(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%8D%E7%99%BD)遥香や菜央がお互いに聞こえないという約束事の上で周囲の人間や読者に自身の想いをしゃべるといった感じなのかなと。どう感じるかは人それぞれです。2.『君に紡ぐ傍白』1巻の感想『君に紡ぐ傍白』1巻読んで思ったのは繊細かつ濃厚な百合がたまらない。遥香や奈央の想いがじわじわっと駆け巡る感じを覚えました。ストーリー構成・キャラクターの魅せ方・言葉選びの3点をキッチリと押さえた作品と言えるでしょう。1巻で…

続きを読む

【感想・考察】『アサルトリリィ BOUQUET』5話~サブタイトルと作中の出来事についての掘り下げ~

『アサルトリリィ BOUQUET』5話の感想と考察を紹介します。 【目次】1.『アサルトリリィ BOUQUET』5話の内容2.『アサルトリリィ BOUQUET』5話の感想3.『アサルトリリィ BOUQUET』5話のサブタイトル4.『アサルトリリィ BOUQUET』5話の考察5.最後に 1.『アサルトリリィ BOUQUET』5話の内容『アサルトリリィ BOUQUET』5話は夢結が梨璃の誕生日プレゼントにラムネを探し求める話。それに加え、鶴紗と梅が梨璃のレギオン入りを果たし、9人揃う様子も描かれていました。2.『アサルトリリィ BOUQUET』5話の感想夢結の優しさに乾杯。梨璃のことを大事にしているのがしっかり伝わってきた。ラムネを購入するために甲州市行くとか愛じゃん。梨璃のためならどこまでも行けるというやつか…夢結の梨璃に対する愛情が尊い。最後は梨璃と夢結の愛情によるビッグバンが起きてた!楓達も驚きを隠せずでしたね。 二水鼻血出してたし、雨嘉は顔真っ赤なってたし、尊いや驚き、楓の嫉妬といろいろなものがミックスしててヤバい。ラムネを思わせるEDも悪くない。梨璃達の元気な気持ちが弾けるような感じがして自分は好き。梨璃と夢結の乾杯だけでも尊くて十分なのに全員で乾杯にグッときた。梨璃の誕生祝い・レギオンのメンバーが揃った日と6月19日はいろいろな意味で記念日だ。6月19日に飲んだラムネはきっと忘れられない味になるんだろうな。皆でラムネを飲むシーンは同じ釜の飯を食う仲間という感じがして好き。 もちろん、百…

続きを読む