【感想】『私を喰べたい、ひとでなし』4話~作中に登場した4つの儚さ~

『私を喰べたい、ひとでなし』こと『わたたべ』4話でいくつもの儚さを感じたので、それについて語っていこうかなと思います。【目次】1.基本情報2.『私を喰べたい、ひとでなし』4話の感想3.『私を喰べたい、ひとでなし』の舞台4.最後に 1.基本情報タイトル『私を喰べたい、ひとでなし』4話作者苗川采(@naekawa_sai)掲載誌電撃マオウ2021年1月号出版社KADOKAWA発売日2020年11月27日ISBN4910164110117配信【ブックウォーカー】etc『わたたべ』4話は比名子と汐莉が夏祭りに行く話でした。汐莉は比名子になぜ死にたいのか問いかける。比名子は汐莉の問いかけに困惑するばかり。2.『私を喰べたい、ひとでなし』4話の感想最初のところでも言いましたが、『わたたべ』4話を読んでいく中で4つの儚さを感じました。その儚さというのは以下4つですね。扉絵の金魚汐莉が比名子にあげたリンゴ飴比名子が目にした打ち上げ花火汐莉に美味しくされている比名子この辺は人によって感じ方が違うのかなと。1つ1つ触れていくので気になる方は一度チェックしてください。2-1.扉絵の金魚『わたたべ』4話の扉絵が美し過ぎた…巨大な水槽をバックに描かれた浴衣姿の汐莉がヤバい。手に持ってるポイで比名子をすくい上げるというやつだろうか。障子が金魚を逃がさないための檻のようにもだな。金魚すくいで持ち帰った金魚はすぐに死んでしまうイメージが。 飼い方が悪いと言われたらそれまでだけど、それでも一夏の思い出にすくった金魚はどこか儚…

続きを読む

【感想】『姫神の巫女』7話~千華音の不履行~

『姫神の巫女』7話の感想を紹介します。 【目次】1.基本情報2.『姫神の巫女』7話の感想3.『姫神の巫女』7話のストロングポイント4.最後に 1.基本情報タイトル『姫神の巫女』7話作者介錯(@Kai_Seven_)掲載誌電撃マオウ2021年1月号出版社KADOKAWA発売日2020年11月27日ISBN4910164110117配信【ブックウォーカー】etc『姫神の巫女』7話は千華音が媛子と会わない日常の中で自らの本心に気付く話です。日々の生活の中で千華音は媛子のことを考えるばかり。 御霊鎮めの儀が近づいているにも関わらず、媛子との約束を破棄をしてしまう千華音。2人に待ち受ける運命とは一体…2.『姫神の巫女』7話の感想最後の最後に千華音と媛子の百合が咲き誇っていたのが印象的だった。すごい気合入っていたんじゃないかなと思う。媛子を取ったというのが分かった。愛に生きる千華音は只々美しい…後、千華音のいろいろな姿を見ることができたのも〇 いやぁ、ウエイトレス姿の千華音が眩し過ぎた… 絶対領域が強過ぎてだな…千華音と媛子のやり取りの他にも音羽さんっぽい人が出てきたのも印象に残る。このタイミングで出るとは思わなんだ。音羽さんといえば、『神無月の巫女』のアニメ版が頭に浮かぶ。 千歌音の下を離れる時の音羽さんは何とも言えない… 『姫神の巫女』を読んで『神無月の巫女』に興味を持った方はアニメ版見るのをおすすめしたい。『神無月の巫女』のドラマCDにも出てきたけど、あっちはいろいろな意味でぶっ飛んでたな。千華音の…

続きを読む

【感想】『恋する狼とミルフィーユ』7話を見ていろいろな意味でお腹いっぱいになったわけだが

『恋する狼とミルフィーユ』7話を見て、お腹いっぱいになったからいろいろ語っていこうと思う。 【目次】1.基本情報2.『恋する狼とミルフィーユ』7話の感想3.『恋する狼とミルフィーユ』7話のストロングポイント4.最後に 1.基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』7話作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年1月号出版社KADOKAWA発売日2020年11月27日ISBN4910164110117配信【ブックウォーカー】etc『恋する狼とミルフィーユ』7話は麻綾が天狼星姫により船で上海に連れていかれる話。船の中で麻綾はアンジェリカから天狼星姫のことを知ろうとします。上海と聞くと、上海ガニとか『中華一番』とかが頭に。 上海ガニって美味しいのかな?2.『恋する狼とミルフィーユ』7話の感想『恋する狼とミルフィーユ』7話はですね、いろいろな意味でお腹を満たしくれる回だった。うがつ先生、ごちそうさまです!って言いたくなる。甘々かつ無邪気な天狼星姫からのアンジェリカのどえらい姿ムーブは破壊力抜群。アンジェリカが輝いてた…アカネとのバトルの時と同じくらい輝いていたと思う…麻綾の前に並べられた豪華な料理の数々と天狼星姫のあーんでスタートはヤバい。 フカヒレがデカそうだったな…序盤からお腹いっぱいにさせてくる。天狼星姫のいろいろな顔を見れたのは〇 無邪気な感じが目を引く。扉絵には、天狼星姫が麻綾を押し倒す様子が描かれていたわけだけど、麻綾にはアカネがいるんだ!!と叫びそうになった。てか、百合の…

続きを読む