【感想】『姫神の巫女』9話~千華音の感情が爆発していた~

『神無月の巫女』のスピンオフストーリー、『姫神の巫女』。電撃マオウ2021年3月号に掲載されていた『姫神の巫女』9話が思っている以上にヤバかったので、その感想を語っていこうかなと思います。【目次】基本情報『姫神の巫女』9話の感想最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』9話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『姫神の巫女』9話は千華音と媛子のデートの様子が描かれていました。愛しの媛子と幸せな時間を過ごす千華音。 しかし、そんな千華音にとんでもないサプライズが…『姫神の巫女』9話の感想一通り読み終えて、思ったことは千華音がヤバすぎた…千華音の想いが爆ぜていた。読めば読む程、媛子のことが好きなのを実感できる。千華音の想いが重いよ…媛子のことを語る時、饒舌になっていたような気が。介錯先生の表現のレパートリーが豊富で単純に凄いの一言に尽きる。言葉の選び方とか本当に上手い。特に媛子と確かめ合いたいと千華音が感じた際にバラが散るシーンが印象的。千華音の想いや千華音と媛子がお互いの想いを確かめ合う瞬間と連動しているかのようだった。後、媛子という2文字が甘いと千華音が感じるシーンも印象的。 千華音をよりセクシーかつ魅力的にさせていたんじゃないかなと。もちろん、千華音と媛子が慈しみ合う姿は本当に尊い…見ていて、ドキッとしてしま…

続きを読む

【感想】『私を喰べたい、ひとでなし』6話~明るい顔の裏には般若の面が~

大切な家族を失ったとある少女と海のように美しくも恐ろしい少女との百合を描いた『わたたべ』こと『私を喰べたい、ひとでなし』。今回は『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想と話のポイントについて語っていきます。【目次】基本情報『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想『私を喰べたい、ひとでなし』6話の核最後に 基本情報タイトル『私を喰べたい、ひとでなし』6話作者苗川采(@naekawa_sai)掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『私を喰べたい、ひとでなし』6話は比名子の親友である美胡が汐莉に牙を剥く回。比名子の傍にずっといた美胡が本性を表します。『私を喰べたい、ひとでなし』6話の感想汐莉の論理が完全にジャイアンじゃんとツッコミたくなった。比名子の親友は自分の親友って…とりあえず、比名子は汐莉のモノだというのが分かった。シェイクスピアの『尺には尺を』に「オレの物はあんたの物。あんたの物はオレの物」というセリフがあるそうな。 ジャイアンの名ゼリフや『尺には尺を』については『トリビアの泉』でも取り上げられていましたね。全体を通して、美胡の怖さが引き立っていたと思う。美胡が比名子に夏祭りのあった日について問いかけるところは特に。普段、明るい雰囲気で比名子に接してくるからより怖さがだな…本当の恐怖はすぐ近くに、日常生活に潜んでいると言ったところだろうか。汐莉と美胡が静かに火花を散らす感じ、悪くない。比名子は…

続きを読む

【感想】『恋する狼とミルフィーユ』9話~鋏を振り上げろ~

己、よくも私を本気にさせたなぁァーーーー!非日常を求める女子高生と復讐に燃える可愛らしい狼のバディが大活躍する『恋ミル』こと『恋する狼とミルフィーユ』。今回、『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想と話のポイントについて紹介します。【目次】基本情報『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想『恋する狼とミルフィーユ』9話の核最後に 基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』9話作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164110315配信【ブックウォーカー】etc『恋する狼とミルフィーユ』9話はアカネ&ガーネットVS天狼星姫の続きです。アカネとガーネットの連携により、天狼星姫にダメージを与えることに成功。天狼星姫の鋏に付いていた髪の毛が落ちた瞬間、天狼星姫は怒りの咆哮が上げた…勝負はこれからだ。『恋する狼とミルフィーユ』9話の感想可愛さとカッコよさとクレイジーさが相まって自分は楽しむことができた。うがつ先生の描くアカネや天狼星姫がマジでカッコいい。9話の戦闘シーン、気合入りまくっていた。 思わずカッコいいと言いたくなってしまう。うがつ先生の戦闘シーンは見れば見る程、好きが増していく。幼い頃のアカネが可愛すぎて、もうやられた…アカネのお母さんも美しい…シロツメクサの花冠をお母さんのために作るアカネ尊すぎたよ…そして、ガーネットの太ももが眩し過ぎるのに加え、ほっぺをプクッとさせるところが可愛い。忘れちゃいけないのが天狼星姫…

続きを読む