【感想・考察】『恋する狼とミルフィーユ』10話~誰がために涙を流す~

赤ずきんと狼達の戦いを描いた百合漫画『恋ミル』こと『恋する狼とミルフィーユ』。血で血を洗う戦いはどこか惹かれるものがあります。 今回は『恋ミル』10話の感想や話のポイントになる部分について紹介します。【目次】基本情報『恋する狼とミルフィーユ』10話の内容『恋する狼とミルフィーユ』10話の感想『恋する狼とミルフィーユ』10話の強み最後に 基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』10話サブタイトル黎明の戦い③作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年5月号出版社KADOKAWA発売日2021年3月27日ISBN4910164110513コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201685010000_68/配信【ブックウォーカー】etc 『恋する狼とミルフィーユ』10話の内容『恋ミル』10話は天狼星姫がついに鋏を取り出し、アカネ達に牙を剥く様子が描かれていました。 その強さに圧倒されるアカネとガーネット。 怒りと哀しみにより、天狼星姫は冷静さを失ってしまう。絶体絶命のピンチかと思ったその時、エミリアの魂が麻綾に呼びかけた。 麻綾はエミリアのため、天狼星姫のため、天狼星姫を倒すことを決意。 果たして、麻綾は天狼星姫を救うことができるのか。『恋する狼とミルフィーユ』10話の感想狼って本当に悲しい運命背負っているなとしみじみ感じた。狼になったらなったで人に戻れない上、戦いの渦に巻き込まれるし。 その際、大切…

続きを読む

【感想・考察】『君に紡ぐ傍白』2巻~遥香と菜央の百合と作中登場した希望について掘り下げる~

全ページフルカラー・キャラクター達の繊細な心理描写と百合・演劇とさまざまな強みを兼ね備えた『君に紡ぐ傍白』。今回は『君に紡ぐ傍白』2巻の感想とポイントを紹介します。【目次】基本情報『君に紡ぐ傍白』2巻の内容『君に紡ぐ傍白』2巻の感想『君に紡ぐ傍白』2巻のポイント『君に紡ぐ傍白』2巻のブックレット&リーフレット最後に 基本情報タイトル『君に紡ぐ傍白』2巻作者矢坂しゅう(@syu_612)掲載誌ストーリアダッシュ出版社竹書房収録話数6~11話・番外編発売日2021年3月30日ISBN-104801972497ISBN-13978-4801972490配信【ブックウォーカー】etc 『君に紡ぐ傍白』2巻の内容『君に紡ぐ傍白』2巻は遥香にとって予想外の再会が起きたこと・自分の気持ちを遥香に伝えられずにいた菜央がオーディションに合格して全てを話す決意をする様子が描かれていました。憧れの人と一緒にいるため、憧れの人と歩く未来のため、菜央はオーディションに全てをかけることに。 果たして、遥香と菜央は一緒の舞台に立てるのか。『君に紡ぐ傍白』2巻の感想重厚かつ濃厚な百合を楽しめて、大満足な1冊だった。 1話、1話が奥深く、読み応え十分ですね。 どんなわずかな変化や描写も見逃せない。これからどうなるの?と期待が膨らむばかりだ。 本当に面白い作品だと胸を張って言える。同じ鍵を持つ関係・遥香から菜央に抱き着く瞬間・遥香と菜央の相合傘からの皆に隠れてキスと濃厚かつ尊い百合のラッシュにノックアウトされちゃいましたね。遥香…

続きを読む

【感想・考察】『姫神の巫女』11話~「私に勝たせて」と言う媛子の真意~

2人の巫女が織りなす百合を描いた『姫神の巫女』。 殺し合う運命にある2人の巫女の百合は儚く美しい。今回は『姫神の巫女』11話の感想と話のポイントについて紹介します。【目次】基本情報『姫神の巫女』11話の内容『姫神の巫女』11話の感想御霊鎮めの儀の決着点穴とは婚礼の儀式千華音は生きている最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』11話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年5月号出版社KADOKAWA発売日2021年3月27日ISBN4910164110513配信【ブックウォーカー】etc 『姫神の巫女』11話の内容『姫神の巫女』11話は御霊鎮めの儀を終え、婚礼の儀式の準備に取り掛かる様子が描かれていました。御霊鎮めの儀は媛子の勝利。 死んだと思われた千華音はなぜか東京の街にいた。 千華音は自分がなぜ生きているのか、戸惑いを隠せない。『姫神の巫女』11話の感想予想外の展開が連続して、一体どうなるんだ期待が膨らむ回だった。 早く続きが読みたいという気持ちが湧いてくる。 文句なしの内容だった。媛子と千華音の戦いは見ごたえあったし、千華音の頭によぎる媛子の満面の笑み・倒れながら千華音の愛の告白をするシーンと感情が爆発しそうなシーンがいくつも用意されていたのは〇。 花が散るのと千華音が倒れるのを連動させる演出も心憎い。千華音の儚さを上手く表現していたと思う。千華音が媛子のために今後何をするのか気になって仕方がないですね。 千華音と媛子は…

続きを読む