【感想・考察】『恋する狼とミルフィーユ』11話~麻綾はアカネのもの・アカネは麻綾のもの~

過去を断ち切れ―キュートだけど強力な赤ずきんと狼のタッグが活躍する『恋ミル』こと『恋する狼とミルフィーユ』。今回は、『恋ミル』11話の感想とポイントについて紹介します。【目次】基本情報『恋する狼とミルフィーユ』11話の内容『恋する狼とミルフィーユ』11話の感想『恋する狼とミルフィーユ』11話の強み最後に 基本情報タイトル『恋する狼とミルフィーユ』11話サブタイトル黎明の戦い④作者うがつまつき(@ugatsu)掲載誌電撃マオウ2021年6月号出版社KADOKAWA発売日2021年4月27日ISBN4910164110612コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201685010000_68/配信【ブックウォーカー】etc 『恋する狼とミルフィーユ』11話の内容『恋ミル』11話は、麻綾が赤ずきんとしての力を発揮し、天狼星姫に戦いを挑む様子が描かれていました。アカネと進む未来のため、エミリアとの約束を果たすため、天狼星姫を楽にするため、麻綾はアカネと共に牙を剥く!『恋する狼とミルフィーユ』11話の感想尊さあり・セクシーさあり・カッコ良さありの三拍子揃った回だった。1話の中にたくさんの見どころが落とし込まれていて、大満足でしたね。初っ端の麻綾がアカネを叱るシーンとかも良い味出していたのが印象的。 叱られていた時のアカネが可愛すぎるんですよ、これが。 個人的におすすめしたいシーンのひとつ。麻綾とアカネの百合が濃厚過ぎて、マジ…

続きを読む

【感想】『雨でも晴れでも』13話~蓮の提案が天元突破していた~

月刊コミック電撃大王2021年6月号に掲載されていた『あめはれ』こと『雨でも晴れでも』。前回、まさかの展開を迎えたわけですが、今回も予想を超える展開がそこに待っていました。今回は、『あめはれ』13話の感想とポイントについて紹介します。【目次】基本情報『雨でも晴れでも』13話の内容『雨でも晴れでも』13話の感想『雨でも晴れでも』13話の強み最後に 基本情報タイトル『雨でも晴れでも』13話作者あらた伊里(@aratairi)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年6月号出版社KADOKAWA発売日2021年4月27日ISBN4910164750610配信【ブックウォーカー】etc 『雨でも晴れでも』13話の内容『あめはれ』13話は、有頂天高校の球技大会の様子が描かれていました。タクヤの提案と美古都の想いに戸惑いを隠せない蓮。 困惑した蓮は、とんでもない一言を美古都にぶつけることに。その言葉にショックを受けた美古都は蓮に自分の想いをぶつけるため、コートに立つ!美古都と蓮の戦いの火蓋は切って落とされた!一体どうなってしまうのか!『雨でも晴れでも』13話の感想蓮、もう何がしたいのか分からないよ…その前から飛んでも発言していたけど、今回も天元突破した発言が炸裂していた。「美古都が言ったこと…なかったことにできない?」ハァ?いやいやいや、何言ってるの? 一瞬、目が点になってしまった。大半のアニメだったら、なかったことにと言った後、OPに突入して考える時間が与えられるかもしれない。「いいかげん猫崎さんがわからへん…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』2話~ブレイクスルーするための第一歩~

一目惚れから始まった恋模様と学園一のカップルが決まる瞬間までのやり取りを描く『あなたが私を照らすから。』。今回は、『あなたが私を照らすから。』2話の感想とポイントについて紹介します。【目次】基本情報『あなたが私を照らすから。』2話の内容『あなたが私を照らすから。』2話の感想『あなたが私を照らすから。』2話の強み桜葉祭に関するまとめ最後に 基本情報タイトル『あなたが私を照らすから。』2話作者むく(@harumankai)掲載誌コミックキューン2021年6月号出版社KADOKAWA発売日2021年4月27日ISBN4910135730610配信【ブックウォーカー】etc 『あなたが私を照らすから。』2話の内容『あなたが私を照らすから。』2話は、暁恵(あきえ)と結稀(ゆき)が桜葉祭推進委員会のメンバーから桜葉祭について話を聞く様子が描かれていました。桜葉祭に参加するかどうか悩む結稀。 暁恵は、そんな結稀に優しく寄り添う。そして、そんな暁恵と結稀の下に強力なライバルが近づいていた。『あなたが私を照らすから。』2話の感想暁恵がカッコよく映ったのと詞子(ことこ)が良い味出していたのが〇。暁恵が結稀に優しく寄り添うことで尊い百合が生まれたんじゃないかと思う。暁恵の眩しいくらいの笑顔を目にしたら、結稀が断れるわけないだろと言いたい。 ズルいくらいに良い顔してる。前回と同様に暁恵と結稀の繊細かつ尊いやり取りが堪能できたんじゃないかなと。 桜葉祭に関する詳細を知る回でもあり、暁恵と結稀の濃厚かつ尊い百合がもっと見…

続きを読む