【感想】『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻から迸るそめちめ先生のソウルにバーストした

『ヒロかん』こと『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻の感想と推しポイント、特典について話します。コミックスを手に取ったり、作品をおさらいするきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻の感想『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻の推しポイント『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻の特典最後に 基本情報タイトル『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻作者そめちめ(@Sometime1209)掲載誌ゆりひめ@ピクシブ出版社一迅社収録話数16~20話発売日2021年6月30日ISBN-10475802264XISBN-13978-4758022644配信【ブックウォーカー】etc『ヒロかん』4巻は、とにかく盛りだくさんな内容に仕上がっています。キョーカとメルトの娘・ラブ・アンチノイドこと水月萌絵(みつきもえ)の登場颯とハニィがX達と正面から激突Xの複雑な心境颯とハニィが互いのの想いを伝え、同じ道を歩む様子ラピッドラビットとハニィ・トラップとの戦闘データから生み出された萌絵は、リブートラビットに変身にし、颯とハニィを苦しめます。 それぞれが思い描く正義・それぞれが思い描く愛・それぞれが抱く複雑な想いが絡み合い、物語はよりアツいものに。『ヒーローさんと元女幹部さん』4巻の感想そめちめ先生が好きがぶち込まれていると書いてあったけど、まさにその通りだった。颯達の尊さ・熱いバトル・分かる人にはわかるネタの数々・複雑な心理描写の数々と読者を熱くさせる要素がてんこ盛り。読み応え十分で颯達を応援したく…

続きを読む

【感想・考察】『私を喰べたい、ひとでなし』11話~美胡の選択~

『わたたべ』こと『私を喰べたい、ひとでなし』11話の感想を紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『私を喰べたい、ひとでなし』11話の内容『私を喰べたい、ひとでなし』11話の感想4本の尻尾比名子の体の変化最後に 基本情報タイトル『私を喰べたい、ひとでなし』11話サブタイトル親愛の獣作者苗川采(@naekawa_sai)公式アカウント@Wata_Tabe掲載誌電撃マオウ2021年8月号出版社KADOKAWA発売日2021年6月28日ISBN4910164110810コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201866010000_68/配信【ブックウォーカー】etc 『私を喰べたい、ひとでなし』11話の内容比名子に牙を剥いた美胡は比名子と一緒にいるため、妖力が蓄積されている2本の尻尾を犠牲に。 比名子は、そんな美胡に大切な友達と告げます。こうして、汐莉と美胡の戦いが終わりました。戦いの後、汐莉と美胡は比名子の体について話をすることに。 比名子の家族を失った大事故の後、比名子の身に一体何があったのか。『私を喰べたい、ひとでなし』11話の感想比名子のために妖力を捨てる美胡が熱いし、比名子にズッ友宣言するところが可愛かった。 極めつけは、比名子が美胡に大切な友達だというシーン。比名子の優しさが本当に温かいですね。妖怪の位や力を捨ててもずっと一緒にいたい人がいると言う美胡の言葉が相…

続きを読む

【感想・考察】『姫神の巫女』14話~媛子の日記~

『姫神の巫女』14話の感想と一部ポイントを紹介します。作品のおさらいや考察、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『姫神の巫女』14話の内容『姫神の巫女』14話の感想媛子の言葉を思い出す千華音日記に書かれた媛子の本音最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』14話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年8月号出版社KADOKAWA発売日2021年6月28日ISBN4910164110810配信【ブックウォーカー】etc 『姫神の巫女』14話の内容『姫神の巫女』14話は、13話に続きで千華音が媛子のマンションを訪れ、どうして自分は生きているのかその理由を探す話。 これまでの出来事を媛子視点で見ていく感じですね。前回の感想のリンクも下に載せておきます。 http://antaressmangakanso.iiblog.jp/article/481760309.html?1624967319媛子の日記の一部が破られていたことに気付いた千華音は、破られていたページに一体何が書かれているのか確かめることに。 そこには、九頭蛇達にも言えない媛子の秘密が。千華音と接していく内に、媛子の中で何かが変わっていった。『姫神の巫女』14話の感想基本的には、千華音視点で物語が進行していたので、今回の話はどこか新鮮に映る。 前回も媛子視点で話が進んでいた部分がありましたが。御霊鎮めの儀が始まるまで、媛子が一体どういうことを考えていて、どんなこ…

続きを読む