【感想・考察】『姫神の巫女』16話~千華音と媛子の逃避行~

『姫神の巫女』16話の感想と一部ポイントを紹介します。作品のおさらいや考察、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『姫神の巫女』16話の内容『姫神の巫女』16話の感想霊句子の激怒想いを爆発させる媛子とそれを受け止める千華音双磨の襲来最後に 基本情報タイトル『姫神の巫女』16話作者介錯(@Kai_Seven_)原案http://www.himegami.com/掲載誌電撃マオウ2021年10月号出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910164111015配信【ブックウォーカー】etc 『姫神の巫女』16話の内容『姫神の巫女』16話は、千華音が媛子を霊句子の魔の手から救出したのも束の間、双磨が襲撃してくる様子が描かれていました。お互いの想いをぶつけ合う千華音と媛子。 2人を引き離そうとする双磨。果たして、千華音と媛子は、一体どのような選択をするのか… 霊句子達との決戦の火蓋が切って落とされた。『姫神の巫女』16話の感想千華音がマジでカッコいいし、媛子がマジで可愛すぎた…要は、千華音と媛子の百合は最高だということだ。これに尽きる。双磨は、あれがそれ。媛子をガッチリ受け止め、包み込む千華音は本当に凄いなと。 それと同じくらい、媛子の千華音を助けたいという想いも凄いと感じるわけで。極めつけはこれ。ありがとう媛子空っぽの私をいっぱいにしてくれて千華音のセリフ、ヤバないですか? 最高の告白じゃないですか…九頭蛇の魔の手が迫る状況なのも相まって、心にガツンと響きますね。介錯先生…

続きを読む

【感想・考察】『姉の親友、私の恋人。』3話~恋はすでに始まっていた~

『姉親』こと、『姉の親友、私の恋人。』の3話に関する感想とポイントを紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『姉の親友、私の恋人。』3話の内容『姉の親友、私の恋人。』3話の感想菊の温度を感じる聖奈聖奈と再会する菊寒がりな菊聖奈の返事聖奈のことで疑問そして確信する菊蛙化現象に悩まされる人最後に 基本情報タイトル『姉の親友、私の恋人。』3話作者藤松 盟(@fuji3DA_AHAHA)掲載誌コミック電撃だいおうじVOL.96出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910164761012配信【ブックウォーカー】etc 『姉の親友、私の恋人。』3話の内容『姉親』3話は、聖奈が菊の恋人になる回。聖奈と菊の想いが入り乱れ、物語はより複雑な方向に。聖奈と菊の再会について詳細に描かれているのに加え、聖奈と菊の恋心について掘り下げられています。『姉の親友、私の恋人。』3話の感想菊が聖奈の再会を振り返るシーンと菊に恋人になる宣言を行った後の聖奈のアクションが印象的だった。廊下で1人眠る聖奈が単純に美しいし、読者を惹き込むだけの魅力がそこにあったと思う。菊がやられるのも無理はない気がする。頬を赤くしていて、完全に恋していましたね…後、ラストの「恋なんかじゃない」という聖奈のセリフが強力だった。 本当は恋しているけど、認めたくないという複雑な感じと言えば良いのか。 聖奈の魅力がラストに集約されていると思う。個人的には「恋なんかじゃない」と言ってうずくまっ…

続きを読む

【感想】『あなたが私を照らすから。』5話~結稀の勘違い~

『あなたが私を照らすから。』5話の感想とポイントを紹介します。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『あなたが私を照らすから。』5話の内容『あなたが私を照らすから。』5話の感想結稀の勘違い莉子の差し入れ最後に 基本情報タイトル『あなたが私を照らすから。』5話作者むく(@harumankai)掲載誌コミックキューン2021年10月号出版社KADOKAWA発売日2021年8月27日ISBN4910135731013配信【ブックウォーカー】etc 『あなたが私を照らすから。』5話の内容『あなたが私を照らすから。』5話は、怜里達との料理対決を終えた結稀がなぜか、暁恵を避ける話。 結稀の中で膨らみ続ける暁恵に対する想い。戸惑いを隠せない結稀は、詞子と向日葵に相談することに。 詞子のブログで何かに気付いた結稀は暁恵を呼び出し、自分の気持ちを伝えることを決意します。果たして、結稀の口から一体どんな言葉が飛び出すのか。 暁恵と結稀のカップルの運命や如何に…『あなたが私を照らすから。』5話の感想結稀のドキドキした感じとか暁恵に自分の気持ちを伝えようとした時の表情と見どころ満載の回だったと思う。一通り読んでて、感じたのがようやくカップルとして本当のスタートに立つのかなということだ。詞子と向日葵のセリフを読んでいると「んっ?」と感じることが多々あった。これまでのエピソードを振り返ってみても、どこか違和感が…とっくにラブラブなのかという向日葵のセリフを見て、一体どういうことだと感…

続きを読む