【感想】『欠けた月とドーナッツ』3巻~温かさと繊細さと複雑さを落とし込んだ1冊~

『欠けた月とドーナッツ』3巻の感想を紹介します。 気になる方は一度チェックしてください!おまけもあります。【目次】基本情報『欠けた月とドーナッツ』3巻の内容『欠けた月とドーナッツ』3巻の感想最後におまけ 基本情報タイトル『欠けた月とドーナッツ』3巻作者雨水 汐(@siousuisio0057)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社収録話数11~15話・あとがき発売日2021年9月17日ISBN-104758022968ISBN-13978-4758022965配信【ブックウォーカー】etc 『欠けた月とドーナッツ』3巻の内容『欠けた月とドーナッツ』3巻は、あさひがすばると大ゲンカしてひな子の家に泊まりに行く様子やあさひと風香が最初で最後のデートを行う様子が収録されていました。あさひの下を離れつつあるすばる・あさひに対する想いを加速させる風香。 そして、ひな子とあさひは互いのことを意識していく。クライマックスに向けて、徐々に歩を進めていく。2.『欠けた月とドーナッツ』3巻の感想ひな子とあさひの百合がじんわり来る…作品やキャラクターから滲み出る優しさが本当に良いですね。 話の内容やひとつひとつの描写もしっかり練り込まれていて、読み応え十分の面白い1冊だった。後、本と帯の手触りが本当に良い。 そういった部分からもこだわりを感じられるのもポイント高いと思う。雨水先生が色々と頭を悩ませて描いたと言っていたけど、確かに考えるところが多かった気がする。だけど、ひとつひとつの描写をじっくり考えていくのは本当に楽しい…

続きを読む

【感想・考察】『君と知らない夏になる』2話~同じ歩幅で~

『君と知らない夏になる』2話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と知らない夏になる』2話の内容『君と知らない夏になる』2話の感想盗まれたバイクハイヒールを脱ぐはるゼロスタート別荘で待ち受けていたもの最後に 基本情報タイトル『君と知らない夏になる』2話サブタイトルゼロスタート作者きぃやん(@keyyan)掲載誌コミック百合姫2021年11月号出版社一迅社発売日2021年9月18日ISBN4910137391116配信【ブックウォーカー】etc 『君と知らない夏になる』2話の内容『君と知らない夏になる』2話は、はるとひーちゃんが無くなったバイクを探す様子やひーちゃんの叔母の別荘に向かう様子が描かれていました。前回、謎の女性にひーちゃんのバイクが盗まれるという波乱の展開が… さまざまな不安を感じるはるとひーちゃん。紆余曲折を経て、辿り着いたひーちゃんの叔母の別荘では予想外のサプライズが待っていた。前回の感想も書いているので、気になる方は一度チェックしてください!1話の感想『君と知らない夏になる』2話の感想甘々だけど、繊細な百合がたまらなかった。はるとひーちゃんのキスシーン尊いですね… キスするまでの過程や場所が相まってより尊いものになっていた気がする。その他にも、はるとひーちゃんの豊富なリアクションの数々にバイクや背景の描き込み具合と目を見張るものが本当に多い。話を読み進めていくときぃやん先生の光るところが…

続きを読む

【感想・考察】『君と綴るうたかた』14話~限界~

『君と綴るうたかた』14話の感想と話のポイントを紹介します。話をおさらい・作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』14話の内容『君と綴るうたかた』14話の感想芹の激怒ズルいの意味雫とるりの距離雫の変化雫の感謝崩れる夏織最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』14話サブタイトル「謝罪」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年11月号出版社一迅社発売日2021年9月18日ISBN4910137391116ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』14話の内容『きみつづ』14話は、雫がるりに直接謝罪する様子が描かれていました。会話の中で雫の変化を感じたるり。長年にわたる後悔に一区切りをつけた後、予想外の事態が。『君と綴るうたかた』14話の感想読んでいる自分も緊張していましたね。雫達はもっと緊張していたと思うけど、その緊張が読んでいる側にも伝わってくるというか。雫の謝罪が終わった後、緊張の糸が切れたような。 で、緊張の糸が切れた後にドデカいサプライズですよ。息をつく暇を与えない、ゆあま先生。本当にズルいですね。最初から最後まで見どころだったの一言に尽きる。雫とるりの距離・雫の手紙・芹の我慢と怒り・夏織の状態といくつもの限界を落とし込み、見応え十分な回に仕上がっていたと思う。芹の激怒雫と夏織の前には、るりだけでなく、芹の姿が。雫のことを快く思…

続きを読む