【感想】『Lovey-dovey』~かすみんとランジュの百合を満喫できる1冊~

『Lovey-dovey』の感想を紹介させて頂きます。目次 基本情報『Lovey-dovey』の内容『Lovey-dovey』の感想最後に 基本情報タイトル『Lovey-dovey』作者おいも(@sunsun__sun)サークル名芋掘りジャンル『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』イベント僕らのラブライブ! 34発売日2022年7月10日サイズB5 『Lovey-dovey』の内容『Lovey-dovey』はランかすのやり取りを収録した同人誌。かすみんとランジュのいろいろな姿が楽しめます。『Lovey-dovey』の感想僕ラブ34が発表されてから、おいも先生は同人誌出さないのかなと思ったりしたので、発売されたのが単純に嬉しかったですね。 開催日に近づくにつれ、「あれ?出ないのかな??」といった気持ちも強かった。こうして手に取って読めるというだけでも幸せだ。特にお気に入りなのはキスの日のエピソード。ランジュがかすみんにキスしてからのかすみんがお返しのキスをお見舞いするところが… キスしている時の表情を敢えて描かないことで読み手の想像に委ねるところも良いなと思う。かすみんがランジュを上を行くかと思ったら、まさかのオチで。ラストの漫画は、クマ5号先生の『#POTD NIZIGASAKI』に寄稿されていたイラストの続きだったので、一緒に読むことでより楽しめるのかなと。 言わなくても、両方買ったという方が多いと思うけど。話を読み進めていると、アニメのエピソードを感じさせるシーンがいくつも登場し…

続きを読む

【感想】『#POTD NIZIGASAKI』~ニジガクメンバーの日常を掘り下げた1冊~

『#POTD NIZIGASAKI』の感想を紹介させて頂きます。目次 基本情報『#POTD NIZIGASAKI』の内容『#POTD NIZIGASAKI』の感想最後に 基本情報タイトル『#POTD NIZIGASAKI』作者クマ5号(@Kinasuzu55)ゲストおいも(@sunsun__sun)荒(@kou7303)キリフ(@kirifu0127)サークル名万能駒込ピペットジャンル『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』イベント僕らのラブライブ! 34発売日2022年7月10日サイズ変形B5 『#POTD NIZIGASAKI』の内容『#POTD NIZIGASAKI』は、ニジガクメンバーの日常を描いたイラスト集。 侑ちゃん達のさまざまな姿が楽しめます。おいも先生・荒先生・キリフ先生がゲストに参加。 お三方ともクマ5号先生にゆかりのある先生です。表紙はドットのホログラムが施されているのも特徴的。 『ビックリマン2000』のシールでもドット状に光る物が存在していたのを思い出します。『#POTD NIZIGASAKI』の感想感想を各先生のイラストごとに紹介させて頂きます。クマ5号先生1人1人満遍なく描かれていて、多くの方が楽しめる内容に仕上がっていたと思う。ニジガクメンバー全員の絡み・日常を1枚1枚丁寧に描かれていたのが良かった。個人的に良いなと思った1枚は、レッスン場で果林先輩とランジュがはちみつレモンを食べているイラスト。 はちみつレモンを咥えているランジュがイイ… 指を舐める果林…

続きを読む

【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』22話~レイとマナリアの決闘裁判~

人には、戦わなければならない時がある―『私の推しは悪役令嬢。』22話を読んだので、感想と考察を紹介しようかなと思います。気になる方は、一度チェックしてください。目次 基本情報『私の推しは悪役令嬢。』22話の内容私を天国に連れてって恋は争いの種侵食するマナリアミシャのアドバイスレイの憂鬱マナリアの挑発本人の気持ちをないがしろにした決闘作中に登場した魔法最後におまけ 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』22話サブタイトル支配者(ドミネイター)漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり。(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2022年9月号出版社一迅社発売日2022年7月15日ISBN4910137390928サイズB5小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/pixiv百合姫https://comic.pixiv.net/works/7319ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/56013一迅プラスhttps://ichijin-plus.com/comics/2415050555443配信【ブックウォーカー】etc 『私の推しは悪役令嬢。』22話の内容『わたおし。』22話では、クレアと親しく接するマナリアにレイが嫉妬する様子に加え、レイとマナリアがクレアを巡って勝負する様子が描かれていました。マナリアに何度も挑発されたレイはマナリアと勝負することを決意。 クレアのこと…

続きを読む