感想~『ダークギャザリング』2巻で感じた霊よりも怖いヒロイン~

勉強と学問は同じようで違う

心霊スポットを巡り、さまざまな霊と戦う様子を描いた漫画『ダークギャザリング』。

オカルト関連に興味のあるもしくはダークファンタジーが好きな方の中には2巻の発売を心待ちにしていた方もいるのではないでしょうか?

1570273139216.jpg

今回は『ダークギャザリング』2巻の内容をおさらいしつつ、感想やポイントについて話していきます。
オカルト関連に興味あるけど、まだ読んでないという方は読むかどうかの判断材料にしてください!


『ダークギャザリング』2巻の内容

『ダークギャザリング』2巻は4話~7話まで収録されています。

内容は

・大学での都市伝説に関する授業の話
・大学に存在する自殺サークルの話
・夜宵たちがキャンプに行く話

の計3本からなります。
全体を通してみると、蛍多朗と詠子の関係について話を掘り進めているなという印象が強め。

1570273145962.jpg


『ダークギャザリング』2巻の感想

読んでて思うことは霊よりも人の方が怖い場合が往々にしてあるんじゃないかということ。
詠子の蛍多朗に対する想いにエッジが効いているというか狂気に近い愛をストレートに感じることができました。

「私はあなたを学問したい」というセリフをヒロインにスラッと言わせるところとか単純にヤバい。

個人的には○○を食べたいと同じくらい狂気じみているなと感じています。
蛍多朗の位置情報やバイタルとかを離れていてもチェックしたりと詠子を見ているとゾッとします。

霊よりも詠子が怖い、まだ読んでない方はその怖さを味わってほしい。


『ダークギャザリング』2巻のポイント

『ダークギャザリング』2巻と言うより、作品におけるポイントは蛍多朗は永遠に束縛されること。
たとえ呪いが解けたとしても、その先に待っているのは詠子という名の鎖です。

蛍多朗はずっと詠子の手のひらの上で踊らされ、詠子と永遠の時を生きるといった衝動に駆られます。

温かく見えつつもゾクッとさせるところは怖いの一言。

いろいろな作品を通して、さまざまな愛の形を見てきましたが、『ダークギャザリング』における詠子の愛は突き抜けた愛の形の1つと言えるでしょう。


最後に

『ダークギャザリング』はオカルトが好き、心霊スポットに興味があるといった方はもちろん、キャラクターの見せる歪んだ愛情を思い切り堪能したい方には刺さる漫画だなと感じました。
これを機に『ダークギャザリング』を読んでみたいと感じていただけたら幸いです。

この記事へのコメント