加速する世界で『キラメイジャー』27話のヨドンナ様・美希・なつめ・瀬奈で百合妄想してからの『ヒロかん』へのムーブ


ヨドンナ様の活躍がモチベな『魔進戦隊キラメイジャー』。

そんな『キラメイジャー』27話がいろいろな意味でヤバかったので語らせてほしい。


1.27話のヨドンナ様を見た感想

今回のヨドンナ様もドS具合に磨きがかかっていた気がする。

瀬奈を限界まで走らせるとか…

それと同時に27話のヨドンナ様はなぜか常識人のように映った。

その理由は明白だ。
一部の界隈で使われているジャン語。

ジャン語の存在により、ヨドンナ様は普段やらないツッコミをすることに。
多分、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』を見てない方の大半が困惑していた気が(見てる側も結構置いてけぼりな気がしないでも

しかし、ヨドンナ様×瀬奈の百合を見出させてくれた関係者の方々に心からの感謝しかない。

笑うタイミングがまだまだ掴めてないヨドンナ様、そんなヨドンナ様も可愛いよ…

その鞭捌きはまるでメレの舌捌きを見ているようだ。

しかし、ヨドンナ様はゾワゾワよりもゾワンギゾワンゴな気が。

2.美希となつめで百合を膨らませる

『キラメイジャー』27話の目玉の一つとなるのが『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にも登場した美希となつめだろう。

美希となつめの登場を一体誰が予想できたか…

スクラッチ社の製品を瀬奈が使ってたとはいえ、美希となつめの登場は予想外過ぎる。
『ゲキレンジャー』を見ていた方にとっては嬉しいサプライズと言えるのではないだろうか。

そして、美希となつめが話すジャン語はヨドンナ様と瀬奈を困惑させることに。
瀬奈も「まるでヒエラティックテキスト」という感じで聞いてた気も。

美希は激獣レオパルド拳の使い手でありつつ、スクラッチ社の商品開発に携わっているキャリアウーマンだ。
かつては関東スケバン連合初代総長としてその道を突撃ライトニングしていた過去も持っている。
怒らせたらどえらいことになるので、口の聞き方などには気を付けよう。
最悪の場合はサイダイオーというロボでエターナルスリープなことにもだな…

美希の子の名でも知られているなつめは瀬奈のパイセン。
美希とともにスクラッチ社で商品開発を行っている。
瓦礫をどかす圧倒的パワー・キレッキレのダンス・抜群の料理の腕前・圧倒的母性・ジャン語が話せると多彩な才能を開花していているのが特徴的だ。
小さい頃は虎と狼を従えたこともですね…

美希となつめで母娘百合を堪能しつつ、瀬奈との百合が楽しめるとか最高かよ!!

美希となつめの登場や『ゲキレンジャー』の映像が流れたりと懐かしい気分にさせてくれた。
人によってはなつめを見て、『牙狼-GARO-』をイメージする方も多いのかなと。

獣拳・ジャン語・ダンスで翻弄する美希となつめはファンタスティックテクニックの持ち主と言えるのかもしれない。

充瑠もそっち側だというのも分かった。

3.瀬奈のクリアマインドを見出した

『キラメイジャー』27話は瀬奈を掘り下げる回。
美希となつめは圧倒的存在感を出していたけど、瀬奈も負けてはいない。

瀬奈の眩しい太ももと腹筋からスタートという最高の始まりを提供していた。
鍛え上げられた体は美しいを体現している。

ヨドンナ様のドSな罠に嵌められたとはいえ、限界まで走り抜くその様子はまさしくクリアマインド。

スピードの世界に生きる女性だった。

最初は美希となつめの話すジャン語に困惑していたものの、最終的にはジャン語をマスター。
高みを目指して、学び、変わる!を体現していた。
それと同時に瀬奈もどこか別次元に行った気がしないでも。

充瑠はさらなる高みに行った瀬奈に置いてけぼり。
この様子を見て、自分も高みを目指さないとなと感じた。

瀬奈となつめの先輩後輩百合はホントに良いですね。

ジャン語に困惑しつつも走り続けた瀬奈を見てると、なぜかランを思い出す。
ランも魅力的なキャラクターだったな。

4.小夜の良い子、良い子

小夜がベチャットに良い子、良い子言う姿は破壊力抜群だった。

ありがとうございます…

5.最後に

『キラメイジャー』27話はヨドンナ様の困惑する姿や瀬奈の眩しい姿を堪能しつつ、美希となつめの話すジャン語に翻弄された回だった。

懐かしいという気持ちが正直強い。
スクラッチ社にいたランとレツに会えなかったのは正直寂しかったですが…
過去の映像でそういった気持ちを抱いていた人をフォローしていたのかなと思ったりした。
理央様とメレを振り返ることもできたりといろいろな意味で豪華な回だったのは確か。

そんな『キラメイジャー』や『ゲキレンジャー』で百合も良いなと思った方に勧めたい作品があるんですよね。

『ヒーローさんと元女幹部さん』っていうんですが。

DSC_0029.JPG

『ヒーローさんと元女幹部さん』こと『ヒロかん』は正義のヒーローと敵組織にいた女幹部が組織を抜けて正義のヒーローと手を組む様子を描いています。
ウサギとハチと動物や昆虫をモチーフにしているところは『ゲキレンジャー』に通ずるものが無きにしも…

正義のヒーローとかつての敵が手を組むとかネイネイ!ホウホウ!と言って良いでしょう。

興味のある方は一度チェックしてください。

この記事へのコメント