【感想】『ガンバレッド×シスターズ』16話~再会~

ダンピールとシスターの百合を描いた『ガンバレッド×シスターズ』。

今回は、『ガンバレッド×シスターズ』16話の感想を紹介します。


基本情報

DSC_1429.JPG

タイトル『ガンバレッド×シスターズ』16話
作者ミトガワワタル(@mitogawawataru
掲載誌サンデーGX2021年5月号
出版社小学館
発売日2021年4月19日
ISBN4910041250516
サンデーうぇぶりhttps://www.sunday-webry.com/detail.php?title_id=988
配信【ブックウォーカー】etc

『ガンバレッド×シスターズ』16話の内容

『ガンバレッド×シスターズ』16話は、マリアとドロシーがノエルと再会する様子が描かれていました。

ドロレス・ラブドレスと一皮剥けたマリアが目の前の敵を滅殺!

そして、ノエルが教団本部を血の海に!

波乱含みの16話がここに開幕。

『ガンバレッド×シスターズ』16話の感想

マリアとノエルがカッコ良過ぎましたね。

パワーアップしたマリアを見てると、GP03 デンドロビウムとかV2アサルトバスターガンダムが頭に。
形をオプターレがそう感じさせる。
オプターレも『月姫』に出てくる第七聖典とかが。

ネタをぶっこみつつもマリアやノエルのカッコイイ姿や波乱の展開を持ってくるところは〇。

ノエルとの再会というのも相まってか、見どころ満載で面白い回に仕上がっていたんじゃないかと思う。

ノエルのラスボス感パない。

血液を操るキャラって大体強キャラな印象あるけど、ノエルも例に漏れず。
『ソウルイーター』のクロナや『烈火の炎』の蛭湖(ひるこ)とか。

ノエルで思い出したけど、ヘレンとミランダ…
良いキャラだったんだけどね。

後、ドロシーがマリアを乗せて盗んだバイクでかけていくって尾崎豆じゃなくて、尾崎豊じゃねぇか!!って画面越しにツッコんでしまった。

「15の夜」かと。
カブで思い出したけど、『スーパーカブ』がアニメ化したのを思い出した。
4話のバイクチェイスの時もインパクトあって好きだったけど、これはこれで良い。

カッコ良さ・セクシーさ・グロさ・面白さの四拍子を落とし込んだ回だった。

『ガンバレッド×シスターズ』16話の強み

『ガンバレッド×シスターズ』16話を読む上でポイントがいくつか存在します。

自分が思う『ガンバレッド×シスターズ』16話の見どころは以下の通り。

  • 思わずドキッとさせる扉絵
  • パワーアップしたマリアの本領発揮
  • 傍観するキキ
  • ヘレン&ミランダVSノエル
  • ノエルとの再会

思わずドキッとさせる扉絵

ドロシーがマリアの髪を手入れする姿が描かれています。
トリミングと言った方がしっくり来なくも。

尊いマリアとドロシーの百合が堪能できます。

パワーアップしたマリアの本領発揮

パワーアップしたマリアがシャノン・クロエ・サンダースの期待を受け、目の前の敵を掃討する姿は見応え十分!

形を変えたオプターレを使うその姿は、ゼロ距離射撃といった印象を受けます。

パワーアップしたマリアが敵にトドメを刺すシーンは気合がかっていました。

傍観するキキ

マリアの戦いぶりを傍観していたキキも見どころのひとつです。

ウェアウルフの一面を見せつつ、シャノンに恋い焦がれていたのも印象的。
マリアというより、シャノンを見ていた面も。

ヘレン&ミランダVSノエル

ヘレンとミランダがノエルと戦うシーンも『ガンバレッド×シスターズ』16話における目玉です。

ノエルは、血液を操るダンピール。
攻守に優れており、さまざまなシチュエーションに対し、柔軟に対応します。

ヘレンとミランダは、ノエルの力に圧倒されます。

ノエルとの再会

マリアとドロシーがノエルと対面するシーンは、『ガンバレッド×シスターズ』16話の最高潮。
ノエルとの再会に驚きを隠せないマリアに対し、ドロシーはノエルに敵意を向けます。

ドロシー曰く、乳母の仇とのこと。
マリア・ドロシー・ノエルがどう動くかが17話以降のポイントになってきます。

最後に

『ガンバレッド×シスターズ』16話は、パワーアップしたマリアと妹のノエルの活躍が描かれていました。

果たして、マリアはどんな選択をするのか。

今後の展開に目が離せない。

この記事へのコメント