【感想・考察】『恋する狼とミルフィーユ』11話~麻綾はアカネのもの・アカネは麻綾のもの~

過去を断ち切れ―

キュートだけど強力な赤ずきんと狼のタッグが活躍する『恋ミル』こと『恋する狼とミルフィーユ』。

今回は、『恋ミル』11話の感想とポイントについて紹介します。


基本情報

DSC_1440.JPG

タイトル『恋する狼とミルフィーユ』11話
サブタイトル黎明の戦い④
作者うがつまつき(@ugatsu)
掲載誌電撃マオウ2021年6月号
出版社KADOKAWA
発売日2021年4月27日
ISBN4910164110612
コミックウォーカーhttps://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201685010000_68/
配信【ブックウォーカー】etc

『恋する狼とミルフィーユ』11話の内容

『恋ミル』11話は、麻綾が赤ずきんとしての力を発揮し、天狼星姫に戦いを挑む様子が描かれていました。

アカネと進む未来のため、エミリアとの約束を果たすため、天狼星姫を楽にするため、麻綾はアカネと共に牙を剥く!

『恋する狼とミルフィーユ』11話の感想

尊さあり・セクシーさあり・カッコ良さありの三拍子揃った回だった。

1話の中にたくさんの見どころが落とし込まれていて、大満足でしたね。

初っ端の麻綾がアカネを叱るシーンとかも良い味出していたのが印象的。
叱られていた時のアカネが可愛すぎるんですよ、これが。
個人的におすすめしたいシーンのひとつ。

麻綾とアカネの百合が濃厚過ぎて、マジでヤバかった。

血は水より濃いというのはこういうことだ!

そういった感覚を覚えた。

麻綾とアカネの百合と癒されるやり取り・肉薄したバトル・キャラクターが見せるマッドネスな感じと『恋ミル』の魅力がこれでもかというぐらい活かされていたんじゃないかと思う。

作画も気合入っていたし、文句なしの回だった。

後、アカネが天狼星姫に一太刀入れるシーンは、天狼星姫を過去やエミリアから解放する感じがして、ここも推したい。
まだ、読んでない方は、是非チェックして欲しいですね。

『恋する狼とミルフィーユ』11話の強み

『恋ミル』11話は、見どころがいくつか存在します。

自分が思う『恋ミル』11話の見どころは以下の通り。

  • 麻綾の叱責
  • 麻綾の答え
  • 麻綾が赤ずきんとしての力を発揮するシーン
  • 麻綾&アカネ&ガーネットVS天狼星姫

麻綾の叱責

麻綾がアカネを叱責するシーンは、『恋ミル』11話における見どころのひとつです。

「全てを捨てても」という言葉が麻綾の怒りのスイッチを押した感じに。

仮に全てを捨てて、アカネが犠牲になったら、第二・第三の天狼星姫が生まれていた可能性も十分考えられます。
何があっても、麻綾から離れないのではないかと優しく諭していました。

アカネは天狼星姫を倒し、麻綾とアカネのこれからをスタートさせることを誓います。
麻綾は、その答えに納得していました。

麻綾の答え

麻綾は天狼星姫の過去を拒み、アカネと共に生きる未来を選択。

エミリアのいない現在・エミリアのいないことを受け入れて未来を生きようとしなかったことを指摘していました。
これまでの話を見る限り、天狼星姫は麻綾を麻綾として見ていなかったですね。

麻綾が天狼星姫と一緒に居続けても幸せな未来が待っているとはとても…

麻綾が赤ずきんとしての力を発揮するシーン

赤ずきんは、狼に力を与えるだけではありません。
赤ずきんだけが持つ力が存在します。

それは権限(アウトリテート)。
アウトリテートは、ドイツ語で権威と訳するそうです。

権限は、特定の何かを操ることができる力。
ガーネットの場合は、金属を操ります。
そして、麻綾は狼を強化・束縛し、使役することができます。

麻綾が権限を行使するシーンがとにかくヤバい…

アカネが麻綾の血を舐める姿にドキッとさせられるのはもちろん、背中を舐められている麻綾の表情も何とも言えません。

極めつけは、麻綾が自分の血でアカネを束縛・強化するところですね。

これぞ、まさしく主従百合と言いたくなります。

カッコ良さとセクシーさを兼ね備えており、個人的に推したいシーンのひとつ。

麻綾&アカネ&ガーネットVS天狼星姫

麻綾とアカネが天狼星姫に対峙するシーンは、『恋ミル』11話における目玉と言えるでしょう。

「麻綾さんはアカネのものだッ!!」というアカネのセリフは愛の告白のようなもの。

麻綾も嬉しそうにしてる感じも…

戦闘シーンは気合がかっていて、見応え十分ですね。

前述でも触れましたが、アカネが天狼星姫にトドメを刺す瞬間は熱い。

天狼星姫の鋏についていた髪の毛と同時に天狼星姫がエミリアの面影に囚われ続けている日々を断ち切っているようで。

麻綾とアカネにとっては、天狼星姫を過去から解放させるといった感じなのでしょう。
天狼星姫の鋏が宙を舞うシーンは、エミリアはもういない・空の上だというのを表現しているところも。

天狼星姫が鋏というより、鋏に括り付けられた髪の毛を見てエミリアと言っている印象を受けます。

エミリアがいないにも関わらず、エミリアを探し求める天狼星姫の悲痛な叫びが何とも言えません。

ガーネットも良い仕事をしていましたね。

最後に

『恋ミル』11話は、麻綾とアカネが天狼星姫と共にエミリアの面影に囚われ続けた日々を断ち切る様子が描かれていました。
麻綾が権限を行使するところや天狼との決戦と見どころ満載の回。

麻綾とアカネの百合は、本当に濃く、尊いですね。
12話以降の展開に目が離せません。

この記事へのコメント