【感想・考察】『姫神の巫女』12話~LIPS~

『神無月の巫女』から派生した『姫神の巫女』。
濃い百合と繊細な心理描写が読者の心を鷲掴み!

今回は、『姫神の巫女』12話の感想とポイントについて紹介します。


基本情報

DSC_1442.JPG

タイトル『姫神の巫女』12話
作者介錯(@Kai_Seven_)
原案http://www.himegami.com/
掲載誌電撃マオウ2021年6月号
出版社KADOKAWA
発売日2021年4月27日
ISBN4910164110612
配信【ブックウォーカー】etc

『姫神の巫女』12話の内容

『姫神の巫女』12話は、千華音と媛子が同じ口紅を使う様子が描かれていました。

尊いデートの様子を見ることができます。

今回は、番外編の立ち位置に当たるのかなと。

『姫神の巫女』12話の感想

唇の描き方がヤバい…

4ページの中でドキッとする瞬間がいくつも詰め込まれていた。
介錯先生、キャラクターの魅せ方が流石です!と言いたい。

媛子が千華音の唇に口紅を塗るシーンが本当に尊い。

媛子の緊張している顔がさらに良いですね。

千華音が媛子の唇を見て、美味しそうと思うところもヤバい。

両者ともにノックアウトと言ったところだろう。

後、口紅が紫とか、媛子のセンスも光っていましたね。

話自体は短いものの、インパクトのある百合を堪能できる回だった。

『姫神の巫女』12話の強み

『姫神の巫女』12話の見どころを一度整理してみることに。

自分が思う『姫神の巫女』12話の見どころは以下の通り。

  • 媛子の口紅選びのセンス
  • 千華音が媛子の唇を美味しそうと感じるシーン
  • 媛子が千華音の唇に口紅を塗るシーン

媛子の口紅選びのセンス

媛子の口紅選びのセンスが光ります。
紫というのがですね…

紫の口紅を塗った媛子の唇にドキッとさせられます。

千華音が媛子の唇を美味しそうと感じるシーン

千華音が媛子の唇をさくらんぼみたいで美味しそうと言いかけたシーンも見どころのひとつ。
媛子の誘う感じが何とも言えません。

その可愛らしい唇を近づけて壊したいというやつか。

媛子が千華音の唇に口紅を塗るシーン

感想でも触れましたが、媛子が千華音の唇に口紅を塗るシーンは『姫神の巫女』12話の目玉。

媛子の緊張した感じが尊さをさらに後押ししています。

その後、媛子も千華音の唇に使った口紅を自分の唇に塗って間接キスは不意打ちが過ぎますね…

最後に

『姫神の巫女』12話は、本編の閑話休題といった感じの内容。

千華音と媛子の百合と唇の魅力をプッシュしていました。
13話以降、どんな展開が待っているのか目が離せない。

この記事へのコメント