【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』12話~全てはレイの手のひらの上~

『私の推しは悪役令嬢。』12話の感想とポイントになる部分を紹介します。

話をおさらいまたは作品に触れるきっかけになれば幸いです。


基本情報

DSC_1873.JPG

タイトル『私の推しは悪役令嬢。』12話
サブタイトル実技試験②
漫画青乃下(@aonoesu
原作いのり(@inori_narou
キャラクター原案花ヶ田(@Lv870
掲載誌コミック百合姫2021年9月号
出版社一迅社
発売日2021年7月16日
ISBN4910137390911
小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/
配信【ブックウォーカー】etc

『私の推しは悪役令嬢。』12話の内容

『わたおし』12話は、レイとクレアの対戦。

クレアの炎が激しく燃え上がり、レイの固い意志を感じさせる土属性の魔法がそれを受け止めます。
そして、学院騎士団の選抜試験の結果がついに発表。

『私の推しは悪役令嬢。』12話の感想

レイのSッ気たっぷりなところとクレアのカッコイイ姿やレイに翻弄される姿と見どころ満載の回だった。

全体通して、テンポ良く話が進んでいたと思う。
1人1人の見せ場をしっかり用意するという点も一貫していたし、最初から最後まで楽しめた。
ロッドやユーを見ると、セインは別の意味でロッドやユーに悩まされているのかなと感じた自分がここに。

それにしても、クレアのカッコイイ姿を堪能しつつ、とことん可愛がるとかレイの独壇場でしたね。

レイの意味深な約束は、いろいろ考えさせられる。
本来の結末を知っているからこそ、できる約束なんだろうなと。
その約束が報われるために残された時間が刻々と減っていく。

レイとクレアの活躍を思い切り堪能できる回だった。

レイとクレアの百合は本当に良いですね。

レイとクレアの激闘

レイとクレアの実技試験は、『わたおし』12話における目玉です。

クレアから繰り出される炎は破壊力抜群。
それは、これまでの話でも描かれています。

対するレイは土の壁や落とし穴を作り出し、クレアを翻弄し、攻撃を全て受け止めます。
水属性の魔法を使わなかったのは、手加減していただけでなく、すぐに勝負を決めたら「諦めないでください」という約束を放棄してしまうんじゃないかとかいろいろ感じていたからかなと。
手加減されるのは好きではないものの、圧倒的な実力差を見せつけられても心に大きなダメージを与えそうな気が。

後は、クレアのいろいろな姿を見たいという面も…

レイの魔法を見る限り、元素とか科学の知識を活かすとかなりの威力を発揮できるというのが伝わってきますね。
『魔法少女リリカルなのはA's THE COMICS』とかでも、なのはやフェイトが魔法には理系の知識云々みたいなこと言っていた記憶が。
なのは、理系の成績良かったですし。

レイは、科学の知識を活かして炭化タングステンと呼ばれる鋼より硬度が高く、融点が非常に高い化合物の壁を作り出していました。
クレアを消耗させるのにうってつけの魔法ですね。
『鋼の錬金術師』に出てくるグリードの体内にある炭素の結合度を変化させて皮膚を硬くする力とかが頭に浮かんだ自分がここに。
硬い壁を作れるなら、炭素の結合とかを利用して硬い壁を柔らかくすることもできるんだろうなと感じたりしましたね。
炭化タングステンはドリルとかに用いられているのを考えたら、剣とかも作り出せそうな気がしないでも。
最も、それをやるメリットがあるかと聞かれたら、話は別ですが。(武器を作る以外に効果的な使い方がある気がする

クレアが光線を放っていた姿もカッコ良かったですね。
レイが水属性の魔法を使っていたら、光線を防ぎきっていたのかも気になります。
水属性の魔法を使えば、光を乱反射させて光線の威力を弱める・無力化させられなくも。
『ARMS』と呼ばれる漫画でも主人公がスプリンクラーを使って敵のレーザーの威力を弱めていたシーンがありました。

勝負の結果は、レイの勝利。

選抜試験の結果

学院騎士団の選抜試験の結果、レイ・クレア・ミシャ・ロッド・セイン・ユーが合格。

強い生徒を求めていたとか。
実技試験で負けたら、不合格とか一言も言っていませんでしたしね。
実力を加味して、組み合わせが公平になるように組んだのでしょう。
1人1人の実力を正確に見極めるために。

レイの約束

レイは、クレアに「何があっても諦めないでください」ことを約束させます。

クレアに最悪の事態が訪れるのは変わりなく、自分がクレアを助けるから諦めないで欲しいといったところかなと。
シナリオ通りといかなくても、別の形で全てを諦めそうになる事態が訪れる可能性もゼロではありません。
いきなり、最悪の未来が待っているとか言われても信じるかどうかも怪しいですし。

最後に

『わたおし』12話では、レイとクレアが思う存分活躍していました。

学院騎士団になったレイとクレアが一体どんな活躍をするのか気になるところ。
レイの妄想が実現するのか。

13話以降も目が離せない。

この記事へのコメント