【感想・考察】『メールブルーの旅人』2話の解説

まんがタイムきららキャラット2022年4月号にゲスト連載されていた『メールブルーの旅人(エトランゼ)』の2話の感想と作中登場した舞台について触れていきます。


『メールブルーの旅人』2話の内容

DSC_4282.JPG

『メールブルーの旅人』2話は、クマノミが「保存」の概念をモデルにした世界でハカセの祖父が遺したとされるデータを探し求めます。
クマノミの前にきゅうカンチョウというガイドロボが「保存」の概念をモデルにした世界に保存されているさまざまな物を紹介していくことに。
ハカセとクマノミは、「保存」の概念をモデルにした世界の住人のメッセージを見て、お土産に保存食を持ち帰ります。

ちなみに、前回は、1人1人が隔離された世界を旅していました。

『メールブルーの旅人』2話の感想

前回でも思ったのですが、いろいろ考えるのが本当に楽しいですね。
ハカセとクマノミのやり取りが『メールブルーの旅人』の一番の魅力だと思うけど、各所に散りばめられた物やクマノミが訪れる世界について想像を膨らませられるのも見どころだ。

ハカセのリアクションやクマノミがハカセを起こすシーンは、クスッとさせる。
ここは、1話と同様。
後は、クマノミがハカセや作中で訪れる世界を想うところが読み手の心を温かくさせるところもブレていないのかなと。

読んでて、遅いと思われるかもしれないですが、ハカセのいる世界で話が展開されている時は余白を黒くして、クマノミが各世界を訪問している時は余白を白くしていたのも目からウロコだ。
場面の切り替えが分かりやすい。
ハカセのいる世界で話を展開する際、どこか寂しく感じたのはここだけの話ですが…

隔離や保存といったものを題材にする点は、面白く、もっと続きが読めたらなと思いました。

『メールブルーの旅人』2話の解説

『メールブルーの旅人』2話で登場した世界や描写について解説していきます。

話をおさらいしたい方は一度チェックしてください。

「保存」の概念をモデルにした世界

2話で登場した世界は、「保存」の概念をモデルにした世界。

ありとあらゆる保存について取り上げられており、ハカセはシュールな世界と言っていました。

見た感じ、博物館のような場所といった印象を受けます。
人類が保管してきたありとあらゆるデータが展示されており、クマノミはいろいろな展示物に触れていくことに。

作中登場した展示物として、瓶・USB・SDカード・絵・冷凍食品・弁当などが挙げられます。

展示物から察するに、ペットボトルや缶、フロッピーディスク、CR-ROM、MD、外付けハードディスク、写真、インスタントラーメン、カップラーメンとかもあったのかなとか考えたりしました。
クマノミが探索している様子を見る限り、「保存」の概念をモデルにした世界は想像以上に広い印象を受けます。
人類が保管してきたありとあらゆるデータがあるわけですからね。

紐を引っ張たら、アツアツのご飯が食べられる弁当と聞くと、ステーキ弁当やあなご弁当とかが。
加熱式弁当が登場したのも温かい食事を保存するというのを表現するためなのかなと解釈しています。

FLOOR:P

FLOOR:Pという案内板がありました。

FLOOR:Pictureのことかなと。
絵や写真を展示しているフロアではないかと解釈しています。

きゅうカンチョウ

2話に登場したゲストは、きゅうカンチョウという鳥型のガイドロボ。
博物館の館長といった存在でしょう。
クマノミにさまざまな展示物を紹介します。

録音された音声を発しているため、質疑応答は受け付けないとか。
クマノミに「保存」の概念をモデルにした世界の住人のメッセージを伝えます。

きゅうカンチョウに託されたメッセージ

きゅうカンチョウに託されたメッセージは、試食コーナーのあるフロアの展示物は自由に持って帰れるから人類の未来に役立てて欲しいというもの。

ハカセとクマノミは、非常食をいくつか持って帰ります。
きゅうカンチョウに託されたメッセージにハカセとクマノミは、疑問を感じていました。

「生き残った皆さまへ」という言葉に引っ掛かった模様。

保存に対する考え方の違い

保存という概念は、生物が未来の繁栄を信じた「生」に対する努力の結晶ときゅうカンチョウが熱く語っていたのが印象的です。
それに対し、ハカセは未来に残すより今が大事と返していました。

保存に対する考え方について掘り下げられていたのが2話における見どころかなと。

今があるから未来があるというのを考えたら、ハカセの言うことも分からなくはないです。
残すだけじゃなく、それをどうするのかというのも大事なのだと思います。

また、きゅうカンチョウが言うように受け継ぐ者がいなかったら、保存は意味を成しません。

非常食を自由に持って帰って良いよというメッセージは、保存という概念を受け継いで欲しいといった意味合いもあるのかなと。
素直に考えるなら、非常食を食べて、未来の繁栄のために力をつけて欲しいと捉えられなくも。

最後に

『メールブルーの旅人』2話は、「保存」という題材を活かしつつ、ハカセとクマノミの魅力を描いた回だと思います。

ハカセとクマノミの探索は、いろいろ考えることが多く、その時間が楽しいですね。

3話では、どんな出会いと別れが描かれるか楽しみ。

この記事へのコメント