【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』17話で描かれていた凪紗と茉白が何とも言えなかった

『アネモネは熱を帯びる』17話の感想を紹介します。

作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。


基本情報

DSC_4376.JPG

タイトル『アネモネは熱を帯びる』17話
サブタイトル繋がり
作者桜木蓮(@sakuragi_ren)
掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年5月号
出版社芳文社
発売日2022年3月24日
ISBN4910082710529

『アネモネは熱を帯びる』17話の内容

『アネモネは熱を帯びる』17話は凪紗の家に訪れた茉白が高校受験当日に自分を助けてくれたのが凪紗だということを知った回。

驚きを隠せない凪紗と茉白。
凪紗と一緒にいてはいけない茉白は、凪紗の下を去ってしまうのであった…

『アネモネは熱を帯びる』17話の感想

凪紗ァーーー!!!

茉白ォーーー!!!

と叫びたくもですね。
ここで茉白が自分を助けたのは凪紗ということ知るエピソードを持って来たか。
ドキッとする描写や尊いシーンを持って来てからの谷底に突き落とす感じが何とも言えん。

咲と雫の一言、一言が茉白の心をグサグサ刺していたな…

咲と雫のリアクションが印象に残った。
可愛いシーンが多かったんですよ。

茉白が凪紗の手を振り払うシーンが切ない…
序盤の距離の近さを考えたら尚更。

自分を助けたことで凪紗が志望校に行けなかったこと・自分と会っていなかったら本来の志望校に行けたかもしれないというたられば。
茉白にとって辛すぎる…
こういった状況に陥った時、まともでいられる人はまずいないと思う。

18話の大きなバネといった感じの回だった。
次回以降、凪紗と茉白が一体どんなやり取りを繰り広げるのか気になるところ。

大切なのは

茉白が高校受験当日の時に自分を助けてくれたのは凪紗と知ったわけですが、大切なのはその事実よりも今そして未来だと解釈しています。

凪紗の下を去ったとしても、高校受験当日まで巻き戻すことはできないし、凪紗が受験を受けられなかったという事実は消えない。

そう考えたら、凪紗と茉白は、正面から向き合い、今を生きていくことしかできないのかなと。
後は、凪紗が茉白にどんな気持ちを抱いていたか・今はどんな気持ちを抱いているかも大切な気が。
凪紗は、自分の気持ちをどう伝えるかが気になるところです。

最後に

『アネモネは熱を帯びる』17話は、茉白が高校受験当日に自分を助けてくれたのが凪紗だと知り、戸惑いを隠せない様子が描かれていました。
凪紗の手を振り払うシーンや茉白が凪紗の家を出るシーンが読んでいて、切なかったですね。

18話では、どんなやり取りが待っているのか。

この記事へのコメント