【感想】『ケイヤクシマイ』2話で描かれていた香沙音とめぐるのやり取りについて

『ケイヤクシマイ』2話で描かれていた香沙音とめぐるのやり取りを掘り下げます。

作品をおさらいしたり、触れるきっかけになれば幸いです。


『ケイヤクシマイ』2話の内容

DSC_4534.JPG

『ケイヤクシマイ』2話は、香沙音がめぐると一緒にご飯を食べる様子に加え、香沙音の住んでいる家が改装工事になったことを知っためぐるが香沙音に同居しないかと提案する様子が描かれていました。

『ケイヤクシマイ』2話の感想

めぐるのアクション・提案に驚かされる回だった。

めぐるが香沙音にブロッコリーをフォークであーんした後、そのフォークを口づけするとか…

香沙音が見ていない隙にやるのがヤバい。

香沙音の家が改装工事していると知った際、香沙音に同居しないかと提案するところがまた。

姉妹として距離を確実に縮めていっていると思う。
改装工事が終わった後も香沙音とめぐるが同居し続けないかなという期待もですね。
改装工事が行われている間、香沙音とめぐるにどんな変化が見られるかが気になるところ。

香沙音、めぐるから受け取ったお金をちゃんと返せるのかなぁ。
契約姉妹から本当の姉妹になるなら、お金のやり取りが発生しないような。
お金なんか渡さなくても、香沙音はめぐるに寄り添うだろうし。

めぐるのアクションが印象に残る、そんな回だったと思う。
それにしても、オフィスで働いている時の香沙音はカッコいいな…

最後に

『ケイヤクシマイ』2話は、めぐるが家が改装工事をすることになって途方に暮れる香沙音に同居しないかと提案する様子を描いた回。

香沙音とめぐるの同居生活で一体どんなサプライズが待っているのか気になるところです。

この記事へのコメント