【感想】『人妻とJK』2巻に描かれていた深月・陽向・葉月の三角関係と早苗の一言がヤバすぎた…

『人妻とJK』2巻を買ったので、その感想を紹介します。

気になる方は是非、チェックしてください!


基本情報

DSC_0019.JPG

タイトル『人妻とJK』2巻
作者焼肉定食(@niku_teisyoku)
掲載誌コミックヴァルキリー
出版社キルタイムコミュニケーション
収録話数9~16話・描き下ろし
発売日2022年6月8日
ISBN-104799216503
ISBN-13978-4799216507
サイズB6(12.8x1.6x18.2cm)
配信【ブックウォーカー】etc

『人妻とJK』2巻の内容

『人妻とJK』2巻では、深月・陽向・葉月の複雑な三角関係について掘り下げられていました。

花火大会にケーキ作りとイベント盛りだくさん。
巻き起こる予想外のハプニングの数々。
そして、陽向の攻めもさらにパワーアップ!

『人妻とJK』2巻の感想

焼肉定食先生、攻め過ぎだと思います!と叫びたい。

どこを切っても濃い描写が飛び込んでくる。
陽向の攻めの威力が回を重ねるごとにパワーアップしているなとしみじみ感じるばかり。
『アンドロイドは経験人数に入りますか??』も思わずドキドキしてしまう描写が多かったなと頭によぎった。

濃厚なやり取りや複雑になった人間関係を描きつつ、深月達の繊細な心理描写を上手い具合に盛り込んでいて読み応えのある1冊になっていたんじゃないかなと。

どういった形になると、深月達は幸せになれるのだろうかとか読んでて疑問に感じたところ。
焼肉定食先生がどんなエンディングを描くのか期待が膨らむ。

表情の見せ方が上手く、キャラクターをより魅力的なものにしていたのも読んでいて印象に残った部分だ。
悩む場面では、思い切り悩んだ表情に。
翻弄される場面では、より困惑した表情に。

こういった部分も話に厚みを与えているのではないかと解釈している。

陽向、そこまでやるか!と思わず声が出てしまいますね…
深月がまるで陽向によって作り変えられているような気がしないでも。
少なくとも、家族には見せたことはないであろう姿を陽向に見せているのは確かだと思いますが。

3巻以降は深月の過去にもフォーカスが当てられるのを考えたら、早く続きが読みたくなる。

ちなみに、2巻で特に印象に残ったキャラクターは早苗。
16話の時に頭に思い浮かべた一番大切な人を一生大事にできますか?と深月に問いかけていたシーンが印象に残る。
葉月のことも陽向のことも大切だからこそ、この言葉が出るんだろうなと。
陽向が密かに会っていた相手が深月なら尚更だ。

もう一度、問いかけられた時に深月が正面から大事にできると返せるかどうかにも期待したい。

最後に

『人妻とJK』2巻では、深月・陽向・葉月の三角関係がより複雑に。
パワーアップした陽向や葉月の恋心、翻弄される深月と見どころ満載なので、気になる方はチェックしてください!

読み応え十分な百合漫画が読みたいといった方には、うってつけの一作だと思います。

この記事へのコメント