【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』21話に描かれていた愛明の恋心を掘り下げる

愛明の恋心を中心に『アネモネは熱を帯びる』21話の内容を掘り下げていきます。

作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。


基本情報

DSC_0258.JPG

タイトル『アネモネは熱を帯びる』21話
サブタイトル知る
作者桜木蓮(@sakuragi_ren)
掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年9月号
出版社芳文社
発売日2022年7月23日
ISBN4910082710925
サイズB5

『アネモネは熱を帯びる』21話の内容

『アネモネは熱を帯びる』21話は愛明が凛理のリボンを手に入れるために奮闘する様子に加え、恋心について描かれていました。

凛理が水希のことを好きという事実を知った愛明はショックを隠すことができず…

『アネモネは熱を帯びる』21話の感想

とりあえず…

愛明ィィィーーーーーーーーー!!!!!

いや、もう愛明の名前を叫びたくなる。
あぁ尊いな…可愛いなと思わせてからのどんでん返しという名のハンマーでドンッと殴打された気分だ。
ラストのオチに思わず「嘘ぉ…」と言いたくなってしまう。
凛理が水希のこと好きなの分かっていたけどさぁ…

てか、愛明は凛理が水希のこと好きという事実を知らなかったの???

普段から近くで接していたのに。

愛明の恋心を掘り下げつつ、愛明・凛理・水希・朱里という複雑な四角関係が展開されているというのが分かる回だった。
海水浴の時に身を引いたと思っていたんだけど、まだ諦めていなかったんか…

ラストの愛明が切な過ぎて、胸が少し締め付けられたな。

自分だけかもしれないけど。

ずっと会いに行っていたのも、リボンが欲しいと思ったのも、他の1年生に嫉妬したのも、全ては凛理が好きだったから。
自分の本当の想いに気付かず、動き続けていた愛明が辛過ぎる。
一生の願いを凛理のリボンを手に入れるというのに使って大後悔していた愛明が印象的だ。

愛明は周りの状況を察するのが上手く、周囲に合わせて行動するのは得意だけど、自分の想いに気付くのが苦手という短所が存在していた。
周りを見ることはできるけど、自分を客観的に見れていないという方もいなくはないような。
愛明の言動を見ていたら、愛明は凛理のことが好きだと感じるでしょう。

愛明の恋心にいち早く気付いたのは茉白。

21話での茉白のリアクションも印象的でしたね。
今後、凪紗と茉白がどのように愛明をフォローしていくのかも見どころになっていくのだと思う。
少なくとも、このままじゃいけないのは確かだ。

また、愛明は周りの状況を察し、一線を踏み込まないという一面を持ち合わせている。
人間、深く詮索されたくないことが1つや2つある。
そういった部分を踏まええると、一線を踏み込まないというのは大事なことだ。
だけど、場合によっては、好きな人との距離が縮まらないなどの問題が起きることも。

長所と短所は表裏一体だなと感じる回でもあった。
愛明が凛理のことをもっと深く知ろうとしていたら、凛理が水希のことを好きという事実にもっと早く辿り着いていたのかもしれない。

凪紗と同様に恋愛については分からない部分がたくさんあるといったところでしょう。

もっと言えば、凛理に嫌われるのが怖かったから深く詮索できなかったわけで。

リボンをもらう前に告白したとして、凛理がOKを出すかどうかも怪しいところ。
凛理は水希のことが好きだったのだから…

愛明が早い段階で凛理の恋心を知った場合、一体どんな行動を取っていたのかも気になるところだ。
凛理を見るたび、辛さを感じていたのかな…?

凛理はあげる方ではなく、欲しい方だと言っていたのは水希のリボンが欲しかったから。
水希に恋心を明かしたのは、愛明の影響が大きかったのではないかと解釈している。
何度断られても、最終的に凛理のリボンを手に入れた愛明。

そんな愛明を見た凛理は、ひょっとしたら自分も好きな人と一緒になれるかもと感じたのかもしれない。

最も、水希は凛理の告白に動揺を隠せないといった感じでしたが。
朱里という好きな人がいるのを踏まえると、戸惑うのも当然だ。
真剣な表情で好きだと言われても、顔を縦に振ることはできない。
真剣だからこそ、水希はどうしようと悩んでしまう。

一方向だけの愛それも真剣で重い愛が相手を苦しめるというやつですか…

最後に

『アネモネは熱を帯びる』21話はサブタイトルの通り、「知る」をテーマにした回。
作中では、さまざまな「知る」について描かれていました。

ザックリ挙げると、以下のものが浮かびます。

  • 愛明が凛理に対する恋心に気付く
  • 凛理は水希のことが好きという事実を愛明が知る
  • 茉白が愛明の好きな人が凛理と知る
  • 凛理が愛明の決して諦めない一面を知る

愛明と凛理のやり取りを中心に描きつつ、愛明が本当の気持ちに気付く瞬間が印象的です。

複雑で一方通行な一面を持ち合わせた四角関係が一体どのような方向に向かうのか気になるところ。
凪紗と茉白がどう関わっていくかも見逃せない。

やっぱり、愛明と凛理がお似合いなんですよ。

この記事へのコメント