【感想・考察】『メールブルーの旅人』7話~人の気持ち・AIの気持ち~

まんがタイムきららキャラット2022年9月号に掲載されていた『メールブルーの旅人』7話の感想を紹介します。


『メールブルーの旅人』7話の内容

DSC_0278.JPG

『メールブルーの旅人』7話は、ハカセとクマノミが管理AI「ワケベラ」に出会う話。
アクセス権のないクマノミはワケとベラの削除対象に。
外の世界では人が滅んでいることとハカセの手伝いをしたいというクマノミの気持ちを知ったワケとベラは、クマノミに仮アクセス権を与えます。

削除されるかもしれないという危機を乗り越え、ハカセとクマノミは情報の海を旅します。

『メールブルーの旅人』7話の感想

個性溢れる新キャラに思わず、「おぉ!」となった。
ワケとベラを初めて見た時、「何だこの2人は??一体何するんだ???」と感じ、早く7話を読みたいという気持ちが高まった自分がここにいる。
話を読み進めていく中で「ピンチに陥ったクマノミ、一体どうなるのよ!?」と言いたくなりましたね。

心や気持ちといったものを掘り下げていたのが印象的だった。
ワケとベラの気持ちはもちろん、ハカセとクマノミの気持ちに触れられていたのもポイントだったと思う。
キャプテンの意思やワケとベラに託した義務について触れられていたのも見どころになってくるのかなと。

特にクマノミのハカセの手伝いがしたいという純粋な気持ちが…
大好きな人のために役立ちたい・できる限りのことをしたいという真っ直ぐな想いが尊い。

ワケとベラもクマノミの想いに心を打たれていたのも印象的だ。
クマノミだけでなく、ワケとベラもキャプテンに任された仕事を全うしたい・役立ちたいという気持ちが強かったのでしょう。
キャプテンのことが大好きなんだろうなと思った。

だからこそ、管理者区域を離れられないわけで…
仕事だけじゃないんだろうなと。
各AIにも居心地の良い場所・居場所があるんだろうなと解釈している。
クマノミの場合、ハカセの隣といった具合に。

後、今までは特徴的な世界をいくつも登場させていたのに対し、情報の海には分からないことがまだまだたくさんあることをワケとベラ・管理者区域で表現していたのではないかなと感じた。
『メールブルーの旅人』を読むたび、「今回は一体どんな情報世界に行くのかな?」という考えが先行していた自分がここに。
だけど、今回は情報世界ではなく、情報の海での出会いが描くことで新鮮な気持ちにさせてくれる。

その他にも、ワケとベラがクマノミの削除が最後の仕事になると言ったシーンは個人的に重いなと感じている。
大好きな人・心から役に立ちたい人がもういないかもしれないという衝撃はワケとベラにとって大きかったのでしょう。
自らの役目を果たそうとした時、戸惑いが隠せていなかった。
クマノミを削除したら、自らの役割を終え、存在意義が無くなるかもしれないと感じていたのかなと。

それほどまでにキャプテンの存在は大きかったというのが分かる。

1人1人の心や気持ち、役割、作品の世界観の広さなどを丁寧に描いた回だったと思う。

ちなみに、ハカセがクマノミが気に入っているゲームのセーブデータについてあれこれ言っていたシーンは個人的にツボ。
選択肢の多いゲームってどうしてもセーブ数が多くなるよね。

『メールブルーの旅人』7話の解説

『メールブルーの旅人』7話で登場したキャラクターや場所、描写などについて触れていきます。

管理AI「ワケベラ」

管理AI「ワケベラ」は情報の海を綺麗するために作られたAI。
♂モデルのワケと♀モデルのベラの2人からなり、情報の海に異変はないか監視しています。

役割として、以下のものが挙げられます。

  • AIのアクセス権を確認
  • アクセス権のないAIやバグを削除
  • 情報の海の状態をチェック
  • 仮アクセス権の発行

ワケがバグを削除し、ベラが情報の海の状態をチェックするといった具合にそれぞれ役割を持っているのが特徴的。
逃げる者に対しては、檻を出現させて捕らえるなど、戦闘もお手の物です。
全てはキャプテンから頼まれた仕事を果たすために。

旅人を見送り、見守るのも役目なのかなと。

名前の元ネタは、ホンソメワケベラと呼ばれる魚。
クリーナーフィッシュと呼ばれ、他の魚についた食べかすや寄生虫を食べる習性を持ちます。
そういった部分が情報の海に存在するバグを削除する設定に反映されているのかなと。
ワケとベラのネクタイがホンソメワケベラの黒帯の体色を感じさせます。

管理者区域

管理者区域は、ワケとベラの仕事場です。
ワケとベラは管理者区域でバグを探しています。
広大な情報の海からクマノミを見つけられたのを踏まえると、検索能力はかなりのもの。

ワケとベラの大好きな場所でもあります。

ハカセの気持ち・クマノミの気持ち

ハカセはワケとベラを見て、自分がキャプテンだったら、もっと自由になって欲しいと吐露していたのが印象的。

それに対し、クマノミはハカセを肯定しつつもワケとベラがそれを望むかどうかは分からないと返していました。
間近で見たからこそ、ワケとベラの気持ちを察したのでしょう。

クマノミもまた、ワケやベラと同じ気持ちを持っていたから。

最後に

『メールブルーの旅人』7話では、情報の海を管理する存在について描かれていました。

仮アクセス権を手にしたクマノミは一体どんな情報世界に向かうのか気になるところ。
それにしても、クマノミ。
ゲームにハマり過ぎじゃない?と言いたい。

この記事へのコメント