【感想・考察】『君と綴るうたかた』22話で触れられていた「繋がり」について掘り下げる

離れていても―

ひと夏の恋を描いた『きみつづ』こと『君と綴るうたかた』。
次にくるマンガ大賞2022にノミネートするなど、勢いを感じさせる百合漫画のひとつ。

今回は『きみつづ』22話の感想・考察を紹介します。


基本情報

DSC_0582.JPG

コミック百合姫2022年11月号

タイトル『君と綴るうたかた』22話
サブタイトル「恋」
作者ゆあま(@maymaymay7523)
掲載誌コミック百合姫2022年11月号
出版社一迅社
編集部のTwitterアカウント@yh_magazine
発売日2022年9月16日
ISBN4910137391123
サイズB5
ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077
コミックDAYShttps://comic-days.com/episode/3269754496636469072
ニコニコ百合姫https://seiga.nicovideo.jp/comic/56191?track=official_list_s1
一迅プラスhttps://ichijin-plus.com/comics/2416566452280
配信【ブックウォーカー】etc

『君と綴るうたかた』22話の内容

『きみつづ』22話は台風で病院に行けない雫が夏織と電話で話する様子を描いた回。

夏織との会話に胸を躍らせつつも、もっと頼って欲しいと感じる雫だった。
一方、夏織も病院のベッドの上で自分の日記に目を通していた。

『君と綴るうたかた』22話の感想

「繋がり」を感じさせる回だったと思う。

本編はもちろん、扉絵に描かれた糸電話を持つ雫を見ていると「繋がり」という言葉が頭に浮かぶ。

夏織と電話している時の雫が可愛すぎるし、見ていて楽しくなる。
リアクションひとつひとつが可愛い。

予想外の言葉に戸惑うところとか…

『きみつづ』22話で印象に残るものは何かと聞かれたら、この辺りを取り上げるかな。

  • 電話
  • ペアリング
  • 日記

人によっては、もっと違う物が出てくるかもしれないですが…
『きみつづ』22話についてもう少し深掘りしていこうかなと思う。

雫と夏織を繋ぐ電話

電話が強調されていたなぁと感じさせる。
雫と夏織が電話を楽しんでいる様子はもちろん、扉絵で雫が糸電話を持っていたのを見ると。
雫と夏織にとって、心のホットラインと言ったところだろうか。

糸電話を見ていると、赤い糸・魂の繋がり・命綱といった単語が出てくる。
「そう思うのは自分だけだろ!」と言いたくなる方も多いと思う。
電話というツールは誰かと誰かを結ぶ側面を持ち合わせている。
だからこそ、『きみつづ』22話は「繋がり」を感じさせたのかもしれない。

離れていても、雫と夏織が深く繋がっているのを表現していた点が良かったな。

作中に描かれていた台風は嵐の前触れにならないことを祈るばかり…

現代社会において、携帯は命綱と呼ばれたりする。
何かあった時に助けを求めることができるのを考えたら、命綱という表現はしっくりくる。

糸電話に使われている糸も夏織を繋ぎ止める命綱と感じた自分がここに。

細い糸はちょっとした拍子でちぎれてしまいそうな…
雫が辛うじて限界に近付いている夏織を現世に繋ぎ止めている。そんな印象を受けた。

『きみつづ』22話の扉絵を見ていると、夏織が糸電話を持っている姿も見たくなる。
12話と13話の扉絵に近い気が。

DSC_4194.JPG

『きみつづ』は2つで1つという表現が秀逸だなとしみじみ感じている。
12話と13話の扉絵はもちろん、単行本の特典とかも。

DSC_0439.JPG

2つ揃うことで1つの構図になるといった感覚を覚える。

雫が夏織に電話する前、そわそわしていたけど、夏織もそわそわしていたのかな?
そういった想像を膨らませることができるのも『きみつづ』22話の強みだと思う。

夏織の愛読書である「蜃気楼」が良いアクセントになっていたのも○。

雫の目の前に夏織がいるんじゃないかという衝動に駆られた。
夏織も目の前に雫がいると感じたのかな?と思ったり。

電話を用いた表現が秀逸な回に仕上がっている。

夏織の欲しいもの

夏織が雫とのペアリングが欲しいと電話越しで言ったのも印象に残る。

雫と夏織がペアリングを指にする…うん。尊いな…

むしろ見たい。見せてください!という気持ちでいっぱいだ。

雫と夏織がペアリングを指にする姿を見たいという方がどのくらいいるのだろうか。

夏織、冗談とか言っていたけど、本気だったぞ…
この辺りも「繋がり」を感じさせる表現だな。
「繋がり」を感じさせるものは数多く存在すると思うけど、ペアリングはその中のひとつだ。

ペアリングを見る度、愛する人の顔を思い出す…ありだと思う。

一体、どの指にするのかな???
左手の薬指かな。

右手にするとしても薬指にするんじゃないかと感じている。

購入するとしても、一体どんなシチュエーションで渡すのかなと。
デザインはもちろん大切だけど、シチュエーションも大切だと思う。

雫はペアリングを渡すのかどうかにも期待したい。

夏織の日記

夏織の日記に意味深なことが書かれていたのも印象に残る。
個人的には、雫の小説を完成させるのに欠かせないものだと感じている。
雫がいろいろ感じていた一方、夏織はどんな想いを抱いて生きていたかを小説に反映させるためにも。

自分のことよりも雫と栞のことを考えているような。
もし、夏織が死んだら、雫と栞が1人ぼっちになってしまうんじゃないかと病院のベッドの上でずっと悩み続けたのだろう。

雫に本を取りに行かせたのは本を読むためというよりも雫と栞を繋げるためだったんだなと。

ひょっとしたら、雫と栞が一度衝突するのも想像していた気がする。

どのタイミングで雫が夏織の日記を目にするのか。
その辺りにも注目したいところ。

最後に

『きみつづ』22話は台風の日に雫と夏織が電話する様子を描いた回。
甘さを感じさせつつもどこか儚くビターな印象を受けました。

今後どのような展開が待っているのか気になるところ。

この記事へのコメント