【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』23話に描かれた凪紗達のお熱い文化祭について

一生の内に3回しか味わえない思い出を―

『アネモネは熱を帯びる』23話の感想・考察を紹介します。


基本情報

DSC_0528.JPG

まんがタイムきららフォワード 2022年 11 月号 [雑誌]

タイトル『アネモネは熱を帯びる』23話
サブタイトル文化祭②
作者桜木蓮(@sakuragi_ren)
掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年11月号
出版社芳文社
発売日2022年9月24日
ISBN4910082711120
サイズB5

『アネモネは熱を帯びる』23話の内容

『アネモネは熱を帯びる』23話は文化祭当日の凪紗達の様子が描かれていました。

一生残る思い出をたくさん作る凪紗と茉白。
対する愛明は凛理の優しい一言に恋の炎を再燃させる。

『アネモネは熱を帯びる』23話の感想

前半に凪紗と茉白の百合を魅せた後、後半は愛明と凛理の百合で畳み掛けていたな。
2つの濃厚な百合を一度に楽しめて個人的に良かった。

茉白の不意打ちに思わずドキッとしたけど、凛理の優しい気遣いも中々ズルいなと。
愛明が感情を爆発させることで魅力をさらに増していた気がする。

個人的に印象に残った部分についてもう少し触れていくので、気になる方はチェックしてください。

凪紗と茉白の文化祭デート

凪紗と茉白が文化祭を思い切り満喫する姿が尊い…

スマホで2ショット写真を撮ろうとしたら、茉白が凪紗のほっぺにキスするシーンにノックアウト。
茉白の予想外の不意打ちに凪紗も困惑していましたね。
凪紗、絶対削除しないだろうな…絶対できん。

写真部で撮った写真を嬉しそうに見ていた茉白が印象に残る。

形に残る思い出って良いなとしみじみ感じる。
ひとつひとつの出来事を振り返ることができるし。
写メよりチェキやポラロイド写真の方が好きな方も多そう。
写メでもチェキプリンターを使えば、形に残せるけど。
写真部で撮った凪紗と茉白の2ショットも良い…

ほっぺにキスって9話以来か。

DSC_3432.JPG

凛理の気遣いに熱を帯びる愛明

DSC_0009.JPG

21話でも触れられていた愛明と凛理の恋心。
人によっては凪紗と茉白より愛明と凛理の方が印象に残ったという方も多いのかな?

愛明の凛理に対する恋心や果たして生徒会長の仕事を全うできるのかという凛理の繊細な一面を上手く描いていたんじゃないかなと。
愛明の表情や一言一言から好きという気持ちが溢れていた。

髪を下ろしていた姿はもちろん、凛理に可愛いと言われた時の愛明がマジで可愛すぎる…

ラストに描かれていた愛明はどこか力強く見えたな。
後半、愛明が持って行ったと思う。

凛理が愛明に可愛いと言うタイミングも絶妙だったのもポイント高い。
諦めかけた時に可愛いって声を掛けるとか…
愛明がチョロくなっても無理はない気がする。

メイドコスの凪紗と茉白が光る扉絵

『アネモネは熱を帯びる』23話で描かれていた凪紗と茉白のメイドコス、可愛かったな。

メイド服と銃の相性が良いよね!って言いたい。
扉絵に描かれている茉白の攻めた感じの表情が印象的。

凪紗の横顔も美しい…

最後に

『アネモネは熱を帯びる』23話は凪紗と茉白の百合だけでなく、愛明と凛理の百合も楽しめる回。
茉白や凛理の不意打ちや大好きな人の予想外の行動に困惑する凪紗と愛明が印象的です。
愛明、凛理と一緒になれるのかなと思ったり。

文化祭の売上1位を目指す生徒を見ていると、『恋する小惑星』の萌が頭に浮かぶな…

この記事へのコメント