【感想】『うちの師匠はしっぽがない』(アニメ版)1話の振り返り

DSC_0630.JPG

まず、何と言っても、まめだ達の動く姿が見れたのに感動した。

「次にくるマンガ大賞2020」の時でもショートアニメが作られていたけど、それでもこうしてTVアニメで活躍するまめだ達を見られるなんてエモいな。
『しっぽな』はアニメ化する前から動画や天満天神繁盛亭とのコラボとまめだ達が動く姿や寄席に触れるきっかけを作っていたなと思う。
「次にくるマンガ大賞2020」にノミネートした時に作られた動画が『しっぽな』に火を付けた部分が大きいような気がする。

文狐師匠の寄席を披露するシーンが気合がかっていたのが良かったのはもちろん、大阪の街を駆け回るまめだが只々可愛い…
そして、まめだに時代の変化について語る文狐師匠の表情が美しいのも印象的。
寂しげな感じを醸し出しているのも○。

OPとEDも悪くないなと。
個人的には、幻想的というか化かす感じがするOPの方が好き。
温かみを感じるEDも良いけど。

予告では、まめだ(M・A・Oさん)が文狐師匠が披露した「遊山船」について解説していたけど、すごく分かりやすかったのも印象に残る。
上方落語について詳しくない方の中には、どんな噺だったのか分かりやすいと感じた方もいたと思う。

良い出だしを切っていたと思うので、2話以降も素敵な話になったらなと願うばかりだ。

この記事へのコメント