【感想】『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話のゆる感想

DSC_5541 (1).JPG

https://amzn.to/4bbZuaf


『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の内容

サブタイトル:告白と、戸惑いと。


ひまりが自分の抱いている「好き」と依の抱いている「好き」の違いに悩む様子を描いた話。


『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の魅力
  • 依と付き合う自分の姿を頭に浮かべた時のひまりのイマジネーション
  • 屋上でひまりのメッセージを受け取った時の依の可愛さ

『ささやくように恋を唄う』(アニメ版)3話の感想

屋上でひまりからメッセージを受け取り、嬉しそうな表情を浮かべる依が可愛い…


いろいろな意味で戸惑いを感じる回だった。正直。


個人的に作画は満足していない。


人によっては、「これで良いんだ!」「全然素晴らしいじゃないか!何に不満があるんだ!!」と言いたくなる方が多いと思う。別にそれを否定するつもりもない。人によって価値観が違うし。


2話のラストとか気合がかってるなぁとか感じたから尚更、作画が自分好みではないのが気になってしまう。わがままで申し訳ないと言いたくなる。


犬耳生やしたひまりがミキに依とのデートについて嬉しそうに話すシーンとか可愛くて良いなと思った部分もある。ひまりに好きと言われたミキも可愛いし。ここは推し補正が入っているかもしれんが。


評価に迷う回だった。

この記事へのコメント