1話、1話の重みについて考える

――その1話はどのくらい重いのか?始めましての方もそうでない方もこんにちは、アンタレスと申します。普段はいろいろな百合漫画やラノベ、アニメなどを嗜んでおります。2021年早々、いろいろな波乱の展開が起きたり、その前もいろいろな出来事がありました。 いろいろな出来事を通し、ふと思うことが。その1話はどのくらい重いのか。いろいろな漫画を読んでいて、1話の重みを感じることが。 1話の結果次第で運命が大きく変わることも。今回は1話、1話の重みについて話をしていこうかなと思います。【目次】1話の重み雑誌を購入する理由雑誌の購読者を減らさないためには最後に 1話の重み突然ですが、皆さんは1話の重みについて考えたことがあるでしょうか?1冊の漫画雑誌には、いくつもの漫画が掲載されています。 お目当ての漫画の数は人それぞれ。 中には、1作品のために買っている方も。漫画雑誌によって値段が異なりますが、1作品のために800円支払っている、900円支払っているというのを考えたら、想像以上にその1話に重みがあるなと感じます。 もちろん、値段だけで語れるものではありません。(○○の創刊号はこんなに高いとか言い出すとキリがないですし 思い入れがある、ずっとその先生を追っていたなど、それぞれ思うところがあると思います。実際、特定の作品が発行部数を左右した話を聞いた覚えも。その1話で読者を繋ぎ止められるかどうかが左右されます。また、1話、1話で多くの読者を増やしつつ、売れないと打ち切りという結末も。漫画は1話、1話が全力勝負。 …

続きを読む

作品選択について思うこと

ある日、Twitterを眺めていると興味深いツイートが流れてきた。それは漫画アプリのUIに関するもの。メッセージの中に読む漫画を選択したくないといった感じの言葉が含まれていた。SNSではさまざまな意見が流れて来て、そこには有名な漫画家さんの声も。最初、選択したくないという言葉に懐疑的だったけど、何日か経って考えると「待てよ」という気持ちが強くなっていた。今回は作品選択についていろいろ考えていこうと思う。 【目次】そもそも選択とは何か選択することの難しさ莫大な量の選択肢が存在する長期に渡って楽しめるかどうか作品の選択の仕方を確立できていない作品の選択の仕方について考える自分の趣向を分析するTwitterを利用する漫画を取り扱ったサイト・ブログをチェックするコンペをチェックする書店のPOPをチェックする時には選択しないことも大事最後に そもそも選択とは何か選択という言葉をググってみると、「複数のものから目的に合ったものやより良いものを選ぶ」といった意味が出てくる。 要は自分の目的に合ったものを見つけるために選択を行うといったところかなと。 選択することの難しさ選択すると言っても思っている以上に難しかったりする。 その理由は以下の通り。莫大な量の選択肢が存在する長期に渡って楽しめるかどうか作品の選択の仕方を確立できていない 莫大な量の選択肢が存在する皆さんは毎月どの位のコミックスが発売されているかご存知でしょうか?また、どの位の漫画雑誌が出ているか、漫画アプリの種類はどの位あるかご存知でしょ…

続きを読む