【感想】『さいはての終末ガールズパッカー』~とある星のスタンド・バイ・ミー~

人間と自動人形の旅を描いた『さいはての終末ガールズパッカー』。日頃お世話になっている書店でふと目にした瞬間、「これ百合じゃないか」という衝動に駆られ購入することに。今回は『さいはての終末ガールズパッカー』についていろいろ語っていこうかなと思います。【目次】1.基本情報2.感想3.表紙について4.『さいはての終末ガールズパッカー』の舞台について考える5.作中登場した地名について6.最後に 基本情報まだまだ未熟な人形技師のレミが自動人形のリーナを直すために楽園を目指す物語です。SF好きの方や百合好きの方に刺さりそうな一作に仕上がっています。2.感想最後の最後にドデカい百合が待っていた。ありかなしかで言ったらあり。人間と自動人形の愛を丁寧に表現しているのに加え、考察する要素をいくつも用意していて掘り下げ甲斐があるのがありだと感じた理由ですね。一緒に歩いてくれる自動人形のためにまだ見ぬ楽園へ行くとか愛としか言いようがない。 好きだからこそぶつかり合い、寄り添い合っていくんだなとレミとリーナを見て感じた。一番印象に残ったのはレミがリーナを輪ゴムみたいな味だと言ったシーン。 なんで印象に残ったかというと、最後の方にリーナにキスするシーンが登場したからですね。キスはレモンの味だみたいな言葉を目にする機会があり、レミはリーナの唇から一体どんな味を感じていたのか気になって仕方がない。だけど、リーナとのキスの味については詮索しないでおこうかなと。 それを詮索するのは野暮と言ったところだ。(中の人は知っているかもしれ…

続きを読む

【感想】『サクラの降る町』~花びらの色と濃淡~

Twitterで偶然目にした『サクラの降る町』。フライ先生がイラスト担当ということもあり、購入することに。 『サクラの降る町』の感想や魅力、考察する際のポイントについて話します。作品を手に取るもしくは考察するきっかけになれば幸いです。 目次基本情報サクラの降る町とはサクラの降る町の感想サクラの降る町に登場するアマザクラ『サクラの降る町』を考察する際のポイントサクラの降る町についてのまとめ基本情報 タイトル:サクラの降る町作者:小川晴央イラスト:フライ出版社:KAエスマ文庫発売日:5月22日ISBN:978-4-910052-08-3公式サイト:http://www.kyotoanimation.co.jp/books/sakuranofurumachi/ サクラの降る町とは『サクラの降る町』は第十回京都アニメーション大賞小説部門KAエスマ文庫特別賞受賞作『サクラの降る街』を加筆・修正した小説。 アマザクラと呼ばれる不思議な現象が起きている九重町が舞台。 主人公のツバサが謎の少女ルカとともにアマザクラの謎を探るのが主なストーリーです。 ツバサと幼馴染のヒヨリの微妙な距離感、ルカの目的そしてアマザクラの真実が物語に深みを与えています。 サクラの降る町の感想まずは表紙をチェックしていきましょう。 落ち着いた感じで個人的にはありだと思う。キャラクターと文字のバランスも丁度良い具合に。帯も興味をそそられるものになっていたのが印象的。 ヒヨリの太ももが眩しい…ツバサとヒヨリの何とも言え…

続きを読む

『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』に登場した8つのパワーワードについての掘り下げ

大人気百合漫画の一つ『やがて君になる』のスピンオフでもある『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』。本編同様に奥深い話が1冊の中に凝縮されていた。 読んでいく内にいくつかのパワーワードが出てきたので、今回は『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』に登場するパワーワードについて話していこうかなと。目次『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』の内容『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』における8つのパワーワード2-1. (1)感情の回転率2-2. (2)人間関係というもののは、おかしな刺激だらけだ2-3. (3)知識が増えるのは喜びよ2-4. (4)どれだけ広く透明な海も、一滴垂らすだけですべてがその色に染まる2-5. (5)完全たり得る好意2-6. (6)感情は科学と常識を時々超えるのかもしれない2-7. (7)心臓にヒビが入るような、強い痛み2-8. (8)貪欲さと恋を切り離すことはとても難しいまとめ『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』の内容やがて君になる 佐伯沙弥香について(3) (電撃文庫) 『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』は沙弥香の大学生活2年目を描いています。内容をザックリまとめると ・陽との出会い・沙弥香と陽が恋人にまるまでの過程・高校卒業後の侑・燈子とのやり取り 沙弥香と陽のやり取りを軸に物語が進行します。『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』における8つのパワーワード『やがて君になる 佐伯沙弥香について (3)』は内容…

続きを読む