【感想】『アンサング・シンデレラ』10話~目の前の患者のために~

薬剤師、葵みどりが活躍するドラマ『アンサング・シンデレラ』。今回は『アンサング・シンデレラ』10話の感想を紹介します。【目次】1.『アンサング・シンデレラ』10話の内容2.章吾の苦悩3.目の前の患者4.受け継がれる意志5.最後に 1.『アンサング・シンデレラ』10話の内容『アンサング・シンデレラ』10話は重複がんで入院することになった章吾の話。みどりは章吾のために七尾が告げた治験薬の承認を得る3つの関門を達成するために奔走します。2.章吾の苦悩重複がんに苦しむ章吾はみどりから治験薬の話を聞き、これを拒否。がんを発症し、治験薬で改善しなかった母親を見ていたのが大きな理由ですね。 治験薬に対する不安とかは想像以上に大きいのかなと感じた。 この辺は簡単には語れる部分じゃないから突っ込んだことは言えない。治験薬の承認を得るために多くの人間が動いたりするシーンを見ると本当大変なんだなと。 担当医や本人はもちろん、多くの医療従事者とかが関わっていたし。どの病気においても治療方針の決定はかなり重いものだというのを実感します。療養中でも目の前の患者のために動くところは章吾らしいなと。3.目の前の患者みどりは章吾の治療についていっぱいいっぱいになっていたのも印象的。心筋梗塞で入院したはじめのことを十分考えられていなかったし…みどりのため、章吾のため、くるみ達がみどりや章吾をサポートしていた。 1人の患者のために多くのスタッフが連携しているんだなと。 章吾に限らず、他の患者に関しても言えることです。くるみがみどりを…

続きを読む

【感想】『アンサング・シンデレラ』9話~患者を尊重すること~

薬剤師、葵みどりが目の前の患者に全力で向き合う様子を描いたドラマ、『アンサング・シンデレラ』。今回は『アンサング・シンデレラ』9話の感想を紹介します。【目次】1.『アンサング・シンデレラ』9話の内容2.余命3ヶ月の宣告3.薬との戦い4.最後に 1.『アンサング・シンデレラ』9話の内容『アンサング・シンデレラ』9話は章吾に重複がんが発覚した話と薬を大量に飲んでしまう陽菜の話から構成されていました。章吾は複がんに悩まされながらも現場に立ち、みどり達をサポートします。陽菜が予想外の行動により、みどりに危機が…2.余命3ヶ月の宣告8話で血を吐いて倒れた章吾は医師の診断により、重複がんが発覚。余命3ヶ月と診断されながらも現場に立ち続ける姿を見て、薬剤師という仕事にやりがいを感じているんだなと。 みどりも章吾に強い影響を受けている感じがする。 どんな状況に立たされても患者としっかり向き合うところとか。患者への向き合い方は違うとはいえ、大きな根元みたいなものは似ているのかもしれない。 みどりの患者に対する姿勢はくるみに受け継がれると。 作中、くるみがみどりに似てきたことを触れていましたね。今回も章吾がみどりに救いの手を差し伸べていたのが印象的。 いつもというか、ここぞという時は本当に頼りになる。 代わりが利くみたいなやり取りがあったけど、章吾は代えが利かない存在な気がする。多くの患者を救ったこと・自分を見失っていた綾を救ったきっかけになったこと・みどりに薬剤師として活躍できるまでに指導したことと挙げ出した…

続きを読む

【感想】『アンサング・シンデレラ』8話~患者とその家族の未来~

目の前の患者のために全力を尽くす薬剤師達の活躍を描いたドラマ『アンサング・シンデレラ』。今回は『アンサング・シンデレラ』8話の感想を紹介します。【目次】1.『アンサング・シンデレラ』8話の内容2.荒神の選択3.子供の未来4.最後に 1.『アンサング・シンデレラ』8話の内容『アンサング・シンデレラ』8話は荒神の奥さんである泰子とアレルギー性鼻炎で悩む航平という男性の話。「在宅医療」「終末期医療」「患者の未来」「最期まで看る」といった部分にフォーカスを当てた回になっていました。みどりと綾は在宅医療に特化した笹の葉薬局に研修へ行くことになります。 みどりと綾が出会ったのは末期がん患者の泰子と普段からみどり達、薬剤部を支える荒神の姿が。一方、くるみは航平とその息子の将太について悩むことに。2.荒神の選択荒神が泰子のために一体どのような選択をすれば良いか悩んでいたのが印象的。いつもは持ち前の明るさとかで薬剤部を支えていた荒神の悩む姿は見ていて痛々しい。 もちろん、泰子の痛みに苦しむ姿も何とも言えない感じになった。自分が荒神だったらと言えば良いのか、目の前の家族が苦しんでいて何かを選択するというのは本当に難しい。荒神が取った選択も苦渋の選択だったのかなと思う。 泰子が楽しみにしていた手品を見せたい・泰子を苦しませたくないといろいろな想いが頭の中で巡っていたのかもしれない。作中流れていた「てんとう虫のサンバ」が胸に沁みる…患者本人のニーズや悩みに寄り添う大変さ・難しさといったものを垣間見た回だった。最期ま…

続きを読む