【感想・考察】『ささやくように恋を唄う』23話~ひまりなりの文化祭~

「一目惚れ」をテーマにクオリティの高い百合とストーリーを展開していく『ささこい』こと『ささやくように恋を唄う』。日に日にその勢いを増していき、いくつもの爪痕を残しています。 今回は『ささこい』23話の感想と話のポイントをいくつか紹介します。【目次】基本情報『ささやくように恋を唄う』23話の内容『ささやくように恋を唄う』23話の感想『ささやくように恋を唄う』23話の強み最後に 基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』23話サブタイトル応援と、戸惑いと、決心。作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)掲載誌コミック百合姫2021年6月号出版社一迅社発売日2021年4月16日ISBN4910137390614特設サイトhttps://sasakoi-1jinsha.com/digest/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/5758配信【ブックウォーカー】etc 『ささやくように恋を唄う』23話の内容『ささこい』23話では、ひまりがSSGRILSと志帆・百々花・始のバンドであるローレライの応援を決意する様子が描かれていました。依からSSGRILSとローレライが勝負することを知ったひまり。 ひまりは依と亜季が志帆と衝突するのに悩まされることに…悩み抜いた結果、ひまりは依達が仲良くなってもらうために動き出すことを決意!『ささやくように恋を唄う』23話の感想やっぱ、ひまりと依だなー!前回は前回で見どころがいくつもあったけど、ひまりがいなかったですからね… ひまりと依…

続きを読む

【感想・考察】『ささやくように恋を唄う』22話~亜季と志帆のやり取りについて掘り下げる~

いくつもの一目惚れを見事に体現した『ささこい』こと『ささやくように恋を唄う』。 発行部数25万部突破やコラボカフェ開催など、その勢いは留まることを知らない。今回は『ささこい』22話の感想に加え、ポイントになる部分について語っていきます。 作品に興味を持ったり、話をおさらいするきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『ささやくように恋を唄う』22話の内容『ささやくように恋を唄う』22話の感想『ささやくように恋を唄う』22話の強み最後に 基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』22話サブタイトル思い出と、真実と、信頼。作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)掲載誌コミック百合姫2021年5月号出版社一迅社発売日2021年3月18日ISBN4910137390515特設サイトhttps://sasakoi-1jinsha.com/digest/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/5758配信【ブックウォーカー】etc 『ささやくように恋を唄う』22話の内容『ささこい』22話はオーディションの合格発表に加え、亜季が志帆に正面から向き合う決意をし、志帆の口から本音を聞き出す様子が描かれていました。 依の言葉が亜季を動かし、香織と真理が亜季の背中を押す。真実と志帆の本音を知るため、SSGIRLSは文化祭当日という新たなステージに立つ!『ささやくように恋を唄う』22話の感想志帆と対話する時の亜季がカッコ良過ぎてヤバかったな…依・香織・真理のフォローもあるけど、正…

続きを読む

【感想・考察】『ささやくように恋を唄う』21話~揺らぐ亜季・志帆の真意~

たった2つの一目惚れから全てが始まった『ささこい』こと『ささやくように恋を唄う』。今回は『ささこい』21話の感想と強みとなる部分について話します。【目次】基本情報『ささやくように恋を唄う』21話の内容『ささやくように恋を唄う』21話の感想『ささやくように恋を唄う』21話の強み最後に 基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』21話サブタイトル動揺と、後悔と、これから。作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)掲載誌コミック百合姫2021年4月号出版社一迅社発売日2021年2月18日ISBN4910137390416特設サイトhttps://sasakoi-1jinsha.com/digest/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/5758配信【ブックウォーカー】etc 『ささやくように恋を唄う』21話の内容依が好きなことを知っていると志帆に言われた亜季。亜季は志帆の問いかけに戸惑いを隠せずにいた…志帆もまた、亜季にこだわり続けるのであった。亜季と志帆に一体どのような結末が待っているのか。『ささやくように恋を唄う』21話の感想志帆の攻めがとにかくヤバい。今回は亜季の葛藤と志帆の真意を掘り下げた面白い回だと思う。志帆の存在が物語をより面白くしていた。 3巻でひまりと依、おめでとうと思ったら志帆がまたややこしくするところが…志帆の言葉に苦悩する亜季が印象的。 そばにいるために普通でいようとするものの、逆に普通でいられなくなるんだろうなと。 かつて志帆を失ったのを…

続きを読む