【感想】『ささやくように恋を唄う』18話~チョコレートのように繊細な恋心~

その恋は一体何味?2つの一目惚れから物語が始まった『ささやくように恋を唄う』こと『ささこい』。今回は『ささこい』18話の感想とポイントになる部分について話します。【目次】1.基本情報2.『ささやくように恋を唄う』18話の内容3.『ささやくように恋を唄う』18話の感想4.『ささやくように恋を唄う』18話の核5.最後に 1.基本情報 タイトル『ささやくように恋を唄う』18話作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)掲載誌コミック百合姫2020年12月号出版社一迅社発売日2020年10月17日ISBN4910137391208 2.『ささやくように恋を唄う』18話の内容『ささこい』18話はひまりと志帆の出会い・ひまりと依のデートについて取り上げられていました。 文化祭が近づいているということで料理研究部も何かしようとひまりと百々花が張り切ります。 そこに志帆の姿が… ひまりは百々花が志帆とバンドを組んでいることを知ることに。3.『ささやくように恋を唄う』18話の感想『ささこい』18話を見て思ったことはひまり・百々花・志帆の活躍が多めだったなと。 依の活躍が少なめな回はどこか新鮮に映る。最も、依がおいしいところを持って行った感じがしましたが…基本的には、ひまりか百々花のターン!という感覚が強い。百々花のいろいろな表情を思い切り堪能できたのは良かった。 百々花と始のやり取りが尊いと感じた自分がここにいる。 始のカッコよさが十二分に引き出されていた。後はひまりが志帆にシュンとするところとか。 もちろん、…

続きを読む

【感想】『ささやくように恋を唄う』17話~Road to 文化祭~

次にくるマンガ大賞、第4回百合漫画総選挙でその名を目にする『ささやくように恋を唄う』こと通称『ささこい』。2020年の夏を破竹の勢いで突き進んだ『ささこい』17話がコミック百合姫2020年11月号に掲載されました。今回は『ささこい』17話の内容を軽くおさらいしつつ、感想と話の魅力について紹介します。 作品を触れるかどうかの参考にしてください!【目次】1.基本情報2.『ささやくように恋を唄う』17話の内容3.『ささやくように恋を唄う』17話の感想4.『ささやくように恋を唄う』17話の魅力5.電子書籍でも読めるのか6.最後に1.基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』17話作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)出版社一迅社掲載誌コミック百合姫2020年11月号発売日2020年9月18日ISBN4910137391109 2.『ささやくように恋を唄う』17話の内容『ささこい』17話は依達、SSGIRLSが文化祭でライブを決意する話。依達の前にSSGIRLSでかつてボーカルを務めた泉志帆の姿が…恋に友情、文化祭ライブと物語に新たな嵐が吹き荒れる!!3.『ささやくように恋を唄う』17話の感想『ささこい』17話を読んでまず感じたことは―えく先生はとんでもないものをかっさらっていった…多分、皆は「いいや、何もかっさらってないし…」と思っているに違いない。そう言われたとしても、自分は「いやいや、とんでもないものをかっさらっていったし。」と答える。読者の心ですはい、カリなんとか言わない。 依達にとんでもない…

続きを読む

【感想】『ささやくように恋を唄う』16話~ひとめぼれのような甘さと優しさ~

3巻が発売前に重版が決定したりとウェーブに乗ってる『ささやくように恋を唄う』。『ささこい』の怒涛の勢いに多くの百合好きのライフはもう限りなく0になってるんじゃないかと思ったりもした。 だけど、間髪入れずに16話が投下され、きあいのハチマキかきあいのタスキが必要な状況に。(そんなことはないと思う多分今回は『ささこい』16話の内容を軽くおさらいしつつ、全体を通しての感想や見どころと感じた部分について語っていこうと思う。話をおさらいする上で参考になれば幸いです。【目次】1.基本情報2.内容3.感想4.魅力5.『ささこい』の勢いがヤバい6.電子書籍でも読めるのか7.最後に基本情報タイトル『ささやくように恋を唄う』16話作者竹嶋えく(@takeshimaxfj)出版社一迅社掲載誌コミック百合姫2020年9月号発売日2020年7月18日ISBN49101373909042.内容『ささこい』16話は晴れてひまりと恋人同士になった依が恋人らしい振る舞いに挑戦する話。3.感想とりあえず、一言。ひまりと依のやり取りが尊すぎて骨の髄まで燃やし尽くされた気分…トンネル抜けたら思わずドキッとさせるやり取りとお可愛いことと思わせるシーンをぶつけてくるとか何よ!恋人になってからのひまりは小悪魔的な可愛さを倍増させて依と読者をノックアウトしにかかってる。 ひまりの可愛さにやられた人、怒らないから挙手しよ。依のウブなところもヤバいんだわ、これが。 ひまりのために頑張るそんな依が可愛くてたまらない。読み終えた後の興奮が止まらんかった…

続きを読む