【感想】『セメルパルス』11話~刃を重ねて~

2つの世界の戦いを描いた『セメルパルス』。回を重ねるごとに戦いが激化していくところが印象的です。今回は『セメルパルス』11話の感想とポイントとなる部分について語っていきます。【目次】基本情報『セメルパルス』11話の感想『セメルパルス』11話の核最後に 基本情報タイトル『セメルパルス』11話作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫2021年3月号出版社一迅社発売日2021年1月18日ISBN4910137390317配信【ブックウォーカー】etc『セメルパルス』11話は命乃と様子が人型を倒す様子が描かれていました。戦いの中でミュールの力に目覚めつつある命乃。 果たして、命乃の運命はいかに。そして、行方不明の綾花はどうなってしまったのか…『セメルパルス』11話の感想前回同様、面白かったですね。人型の死闘は見応え十分!まさにギリギリの攻防・決死の戦いといった感じがした。 人型と戦う命乃・様子・悧七が本当にカッコイイ。 3人の連携はかなり気合入っていたと思う。素直に「おぉ!」ってなった。命乃と様子が刃を重ねるところとか悧七の渾身の蹴りと見どころ満載。戦いの後に描かれていた命乃と様子の百合もヤバい… 2人だけの世界に浸っていましたね。最初から最後まで見どころ満載で攻めた回だった。『セメルパルス』11話の核『セメルパルス』11話の見どころやポイントはどこか気になっている方も多いのではないでしょうか?『セメルパルス』11話の核として、以下のものが挙げられます。命乃・様子・悧七の連携行方不明の綾花…

続きを読む

【感想】『セメルパルス』2巻~戦イヲ重ネ傷ツク乙女ハ強ク麗シイ~

戦いを重ねる度に傷つく少女達の活躍を描いた『セメルパルス』。2巻が発売されたということで購入することに。今回は『セメルパルス』2巻の感想とセールスポイントについて話していこうと思います。【目次】1.基本情報2.『セメルパルス』2巻の感想3.『セメルパルス』2巻のセールスポイント4.『セメルパルス』2巻の特典5.最後に 1.基本情報タイトル『セメルパルス』2巻作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社発売日2020年12月18日ISBN-104758021945ISBN-13978-4758021944『セメルパルス』2巻に収録されている内容は以下の通り。5~9話キャラクター&壊獣解説おまけイラスト様子の過去~人型壊獣の襲来まで描かれています。1話、1話が濃く、おまけもいろいろ付いてくるといった感じですね。2.『セメルパルス』2巻の感想『セメルパルス』2巻の表紙・帯・内容についていろいろ語っていこうかなと思う。手に取ってみるかどうかの参考になれば幸いですね。2-1.表紙まずは表紙を改めてチェックしてみましょう。カッコよさとセクシーさを兼ね備えた命乃と様子が描かれているのが目を引く。 髪の毛がなびく感じがカッコよさとセクシーさを数段アップしている。命乃の腹筋を見ると、無駄がないといった感じを受けますね。様子の命乃を守るといった意志を感じなくもない。 命乃も様子にだったら、自分の背中を預けられるのかなと。何度も言うけど、カッコいい表紙だなと思う。2-2.帯本を彩る上で欠かせない…

続きを読む

【感想】『セメルパルス』10話~sneak attack~

カッコよさ・セクシーさ・残酷さの三拍子を揃えた『セメルパルス』。コミック百合姫を購読する理由の一つになっている作品です。今回は『セメルパルス』10話の感想と話の核になる部分について語っていこうかなと。【目次】1.基本情報2.『セメルパルス』10話の感想3.『セメルパルス』10話の核4.最後に 1.基本情報 タイトル『セメルパルス』10話作者荻野純(@ogino_jun)掲載誌コミック百合姫2021年2月号出版社一迅社発売日2020年12月18日ISBN4910137390218配信【ブックウォーカー】etc今回の『セメルパルス』は命乃達が人型の壊獣との初対決が描かれていました。スパイとして潜入していた帷が命乃達に牙を剥く!果たして、命乃達は人型との戦いを生き残ることができるのか…2.『セメルパルス』10話の感想戦闘シーンの描き込み具合は目を見張るものがありますね。命乃達のアクションはもちろん、背景の描き込み具合が本当にヤバい。これ1人でやってるというのが本当に凄い…職人技だとしみじみ思う。張り詰めた中にも百合要素をしっかり落とし込んでくるところも〇帷のマッドネスな感じが印象に残る。 今まで人懐っこく接していたせいか、余計ゾッとさせる。 キャラクターの見せ方が本当に凄いなと。こうしてじっくり読んでみると、『セメルパルス』の存在感は本当に強い。人型が様子の刀を歯で受け止めるシーンは特に印象に残った。 ギリギリの攻防といった感じで気を抜くと負けるというのは壊獣側も同じだと感じさせてくれる。圧倒的な攻…

続きを読む