【感想】『ガンバレッド×シスターズ』12話~それが私の名だ~

見た目は可愛い・中身は獰猛―サンデーGX2020年11月号に掲載されていた『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想と魅力について紹介します。【目次】1.基本情報2.『ガンバレッド×シスターズ』12話の内容3.『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想4.『ガンバレッド×シスターズ』12話の核5.最後に 1.基本情報タイトル『ガンバレッド×シスターズ』12話作者ミトガワワタル(@mitogawawataru)掲載誌サンデーGX2020年11月号出版社小学館発売日2020年10月17日ISBN4910041251100 2.『ガンバレッド×シスターズ』12話の内容『ガンバレッド×シスターズ』12話はドロシーに銃を向けられて途方に暮れるシャノンの前にキキ・リルンという謎の少女が現れる話です。シャノンを心配したマリアは自分の信じる道を突き進む。 キキはシャノンに一体何をもたらすのだろうか…3.『ガンバレッド×シスターズ』12話の感想『ガンバレッド×シスターズ』12話を一言で表すならこれ。シャノンに天使が舞い降りた!某何とか工房がアニメを制作した漫画とかを思い浮かべた人手を挙げましょう。キキ可愛いいよ、キキ…いろいろな作品を紐解くと赤ずきん的なキャラクターでお口があれがそれなタイプをよく目にする。 見た感じ、『ヴァンパイアセイヴァー』のバレッタとかその辺りが頭に。Sakoスペシャルならぬ、キキスペシャル決めるのかと一瞬頭によぎった。「いい匂い~♡」と言って出会ったばかりのシャノンに迫るとか本当にヤバい。2…

続きを読む

【感想】『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)~何とも言えないマッドティーパーティー~

イカれたシスター達の挽歌を描いた『ガンバレッド×シスターズ』。いろいろな意味でアツい描写がいくつも登場しており、毎回楽しんでいる自分がここにいます。今回は『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の感想や話の核になる部分について語っていこうかなと。【目次】1.基本情報2.『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の内容3.『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の感想4.『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の核5.電子書籍でも読めるのか6.最後に 基本情報タイトル『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)作者ミトガワワタル(@mitogawawataru)出版社小学館掲載誌サンデーGX2020年10月号発売日2020年9月18日ISBN4910041251001 2.『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の内容『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)はマリアとシャノンのティーパーティー。シャノンのドロシーガチ恋具合とドロシーのいろいろな意味でドス黒い感情をとくと堪能できる回に仕上がっています。3.『ガンバレッド×シスターズ』11話(後半)の感想さてと、心の声を吐き出すとしますか。『ガンバレッド×シスターズ』、ホントにヤバいやつ多いな!?ヤバいはヤバいでもベクトルの違うヤバさが… だけど、そんなキャラクター達を嫌いにはなれない。 見れば見る程、愛嬌が感じてくるわけですよ。ドロシーのドス黒さ・シャノンのガチ恋具合・マリアの押しの弱さという3本の矢が面白さを支えていたのかなと。 この辺…

続きを読む

【感想】『ガンバレッド×シスターズ』11話~対照的なバディ登場~

これが教育的指導というやつか―ワイルドだけど妹想いな心優しいシスターと乳母の敵を討つためにどこまでも冷酷になるシスターの活躍を描いた『ガンバレッド×シスターズ』。今回は『ガンバレッド×シスターズ』11話の感想と話のポイントを紹介していこうかなと。【目次】1.基本情報2.『ガンバレッド×シスターズ』11話の内容3.『ガンバレッド×シスターズ』11話の感想4.『ガンバレッド×シスターズ』11話の核5.電子書籍でも読めるのか6.最後に基本情報2.『ガンバレッド×シスターズ』11話の内容今回の『ガンバレッド×シスターズ』は新たなレッドシスター、ヘレンとミランダが登場する話です。クロエによるマリアの治療・クロエの役目についても掘り下げられていました。3.『ガンバレッド×シスターズ』11話の感想さぁ、感想をぶちまけまていきますか。ミトガワ先生、何やってんですか!?ページをめくったらインパクト抜群なやつ出てきたんですけど!! あまりに濃すぎて一瞬目が点になった…でもこれは仕方ないことなんだなと思うことに(ありがとうございます…ありがとうございます…掴みは本当に強い。 ドロシー、流石だなとしか。 常人には想像つかないものを考えるとか、そこにシビれる、憧れるって感じ。今回は閑話休題的な面が強めだけど、しっかり掘り下げ甲斐のある要素を残してくれるところは単純に嬉しい。新キャラのヘレンとミランダは宝塚とかにいそう。 ヘレンは『バンドリ』でいうところの薫先輩みたいなタイプだなと思ったり。 天然っぽいところはシャノンと通ず…

続きを読む