【感想】『うちの師匠はしっぽがない』(アニメ版)3話の振り返り

ラストのまめだが文狐師匠に人間をますます化かしたくなったと言うシーンがマジで尊かったなぁ…文狐師匠のニヤリとした顔も良い。 術じゃなくて寄席で化かしたいと感じたのが分かったからだろう。帰り道に最初は嫌がっていたお新香をまめだが食べたいというシーンは噺家として一皮むけた感じがして、自分は好きだったりする。 M・A・Oさんの優しい声も相まって、より魅力的なシーンに仕上がっていたと思う。そんなまめだを見ていた文狐師匠の顔が良い顔していたんですよ。 ラストのやり取りに寄席で人を化かすのは面白いという想いやまめだと文狐師匠の魅力的な百合がギュッと詰まっていたんじゃないかなと。観客席では見えない風景もしっかり描いていて、上方落語に興味を持つきっかけになる回に仕上がっていた。 それにしても、アイキャッチのお松と小糸の2ショ…百合だ… それも尊い…

続きを読む

【感想】『うちの師匠はしっぽがない』(アニメ版)2話の振り返り

まめだが「崇徳院」でまめだと文狐師匠の関係みたいだと感じ、弟子入りするために奔走するところが良かったな…正しく愛!!!大事な扇子を届けるために奔走したまめだが文狐師匠の胸に飛び込むシーンはインパクト抜群!文狐師匠に対する愛と文狐師匠の下で落語を学びたいという純粋でひたむきな気持ちを上手く表現した回だったと思う。 まめだの表情豊かなところはホント好き。

続きを読む

【感想・考察】『うちの師匠はしっぽがない』9巻に描かれていた師弟のロックな生き方にやられた

『うちの師匠はしっぽがない』9巻の感想と考察を紹介しようと思います。目次 基本情報『うちの師匠はしっぽがない』9巻の内容『うちの師匠はしっぽがない』9巻の感想表紙に描かれている睡蓮の花最後に 基本情報▼うちの師匠はしっぽがない(9) (アフタヌーンKC)タイトル『うちの師匠はしっぽがない』9巻作者TNSK(@tnsk)アニメ公式アカウント@shippona_anime掲載誌good!アフタヌーン出版社講談社収録話数39~42話発売日2022年10月6日ISBN-104065295092ISBN-13978-4065295090サイズB6(13x1.3x18.3cm)公式サイトhttps://afternoon.kodansha.co.jp/c/uchinoshisho/アニメ公式サイトhttps://shippona-anime.com/配信【ブックウォーカー】etc 『うちの師匠はしっぽがない』9巻の内容『しっぽな』9巻は新人演芸大会決勝戦の決着に加え、三ん生と一二三の師弟の絆、まめだの中座昇進に関する話が収録されています。 まめだと三ん生の対決の最中、波乱の展開が次々と巻き起こることに。そして、新人演芸大会決勝戦を終え、大阪に戻ったまめだと文狐師匠に怪しい影が忍び寄る…『うちの師匠はしっぽがない』9巻の感想『しっぽな』9巻を一言で表すなら、ロック。ロックという言葉がふさわしいと思う。裏表紙にロックを感じさせるまめだと文狐師匠が描かれているけど、まめだ達の生き方がロックでカッコいい!ホント、…

続きを読む