【感想】『私の百合はお仕事です!』7巻~『わたゆり』という名のコスモを感じた~

物語の面白さ・動画・実際のイベントとあらゆる面で活躍を見せる『私の百合はお仕事です!』こと『わたゆり』。登場するキャラクター達が見せるいくつもの顔・心理描写そして予想外のサプライズが読者の心を鷲掴みに。今回は『わたゆり』7巻を読んで自分が感じたことなどを語っていこうかなと思います。 後、PVについても触れていきます。【目次】1.基本情報2.『私の百合はお仕事です!』7巻の内容3.『私の百合はお仕事です!』7巻の感想4.『私の百合はお仕事です!』7巻の描き下ろし5.『私の百合はお仕事です!』のPVについて6.電子書籍でも読めるのか7.最後に 1.基本情報『わたゆり』7巻のISBNなどは以下の通りです。タイトル『私の百合はお仕事です!』7巻作者未幡(@n28miman)出版社一迅社掲載誌コミック百合姫発売日2020年9月18日ISBN-104758021619ISBN-13978-4758021616 2.『私の百合はお仕事です!』7巻の内容『わたゆり』7巻に収録されている内容は以下の通り。32話~36話36.1話・36.2話あとがき登場人物紹介リーベ女学園のオペレーションマニュアル(防犯カメラ)パッと見た感じ、盛りだくさんの内容になっているのが分かるかなと。陽芽のリーベ女学園を辞める宣言という衝撃的な幕開けからスタートし、陽芽が美月の告白に対する返事を行う話まで楽しめます。 それだけじゃなく、本編を肉付けする話や陽芽達、主要キャラの紹介やリーベ女学園の細かな設定が知れたりと痒い所に手が届く仕…

続きを読む

【感想】『私の百合はお仕事です!』37話~本当の自分~

ソトヅラ・コンカフェ・百合といくつもの要素を一つの作品に落とし込んだ『私の百合はお仕事です!』こと『わたゆり』。『ありおと』などいくつものガルコメを生み出したみかみてれん先生曰く「百合姫界のチェンソーマン」とのこと。 その言葉を聞いて、「ほんまか?工藤」と感じた方もいたかもしれない。今回はコミック百合姫2020年11月号に掲載されていた『わたゆり』37話の感想を語っていこうかなと。【目次】1.基本情報2.『私の百合はお仕事です!』37話の内容3.『私の百合はお仕事です!』37話の感想4.『私の百合はお仕事です!』37話のポイント5.最後に 1.基本情報タイトル『私の百合はお仕事です!』37話作者未幡(@n28miman)出版社一迅社掲載誌コミック百合姫2020年11月号発売日2020年9月18日ISBN4910137391109 2.『私の百合はお仕事です!』37話の内容『わたゆり』37話はリーベ女学園で行われた美月と果乃子の誕生日会についてのお話。前回、陽芽が美月を振った話の続きですね。3.『私の百合はお仕事です!』37話の感想ハァーーー重い…重過ぎるよ…!!正味、ここまで強力な話ぶつけてくるとは思わなんだ。 1ページから飛ばしてくるんですけど!?美月の涙が読み手の心をガッチリ掴んでくるところからスタートし、扉絵に描かれた陽芽と美月の2ショでノックアウト…扉絵の破壊力がハンパない! こんなの、やられるしかないやつじゃん!? 果たして、やられなかった人はいたのだろうか…陽芽が美月を振った後に誕…

続きを読む

『わたゆり』を『ラプンツェル』に変換していく~妄想科学日記~

未幡先生が生み出した『私の百合はお仕事です!』こと通称『わたゆり』。陽芽をはじめ、多くの人間のソトヅラと本音を掘り下げた作品になります。リーベ女学園というコンカフェを中心にハラハラドキドキの展開が読者のハートを鷲掴み。以前、自分は『わたゆり』の陽芽・美月・果乃子の三角関係を日食・月食で例えた経験があります。 ある日、『わたゆり』のことを考えていると、ふとある衝動に駆られました。それは『わたゆり』を『ラプンツェル』でしっかり例えられるんじゃないかということ。今回は『わたゆり』を『ラプンツェル』にしっかり変換していこうと思います。【目次】1.なぜ『ラプンツェル』なのか2.『ラプンツェル』に置き換えると3.葉子という名のスパイス4.舞と陽芽とのコンタクト5.最後になぜ『ラプンツェル』なのか『わたゆり』を『ラプンツェル』に例えようと思った理由は作中に『ラプンツェル』が登場したから。主人公の1人である美月が小学校の頃に読んでいた愛読書ですね。 陽芽と美月は『ラプンツェル』のストーリーを基にお姫様ごっこで遊んでいた過去があります。2.『ラプンツェル』に置き換えると『わたゆり』を『ラプンツェル』の登場人物に変換するとこんな感じに。陽芽:王子美月:ラプンツェル葉子:魔女果乃子:選ばれなかったラプンツェル純加:ラプンツェルの両親あるいは並行世界の王子寧々:並行世界のラプンツェル舞:ラプンツェルの両親陽芽が王子、美月がラプンツェルというのは分かるという方も多いと思います。 問題は残りの面々。純加の回想で登場した葉…

続きを読む