『私の百合はお仕事です!』の葉子について思うこと

『わたゆり』には、魅力的なキャラクターが数多く登場している。 時には、大きな波乱を起こすことも。 物語に大きな波乱を巻き起こす1人として、葉子が挙げられる。巷では、葉子の言動についていろいろ考えている方を何人か目にする。自分も葉子について考えてみることに。葉子は良い人か悪い人かで言ったら、悪い人と答える。理由は、許されない行動をいくつも行ってきたからだ。葉子がこれまで行ってきた行動は、以下の通り。純加を嫉妬させるために寧々と本気で付き合ったリーベ女学園を崩壊寸前まで追い込んだ果乃子に連絡先を渡したこと別れ際に楽しかったわよねと寧々に言っていたけど、それは純加が嫉妬でおかしくなっていたことが楽しかったと言いたかったのかなと。 結果、寧々はサロンに立つことができず、リーベ女学園は崩壊寸前に追い込まれたわけで… これだけのことをして、良い人とは感じることはできない。果乃子に連絡先を渡すのはルール違反だし。 声優やアイドルにこれ自分の連絡先と言って、アドレスとか書いた紙を渡すようなもの。 果乃子に寄り添って優しいと感じる方もいたのかもしれないですが、客がキャストと繋がろうとすること自体がいけないことだ。葉子は、陽芽に近いタイプだと思う。 ソトヅラを使い、誰かの欲しいものを与える。 誰かに寄り添うのも上手い。 ただし、結果的に誰かを傷つけるソトヅラと優しさ。誰かを愛することができないというよりは、誰も愛していないと言った方がしっくりくる。49話で寧々が葉子は自分の欲しいものはくれるけど、それ以外が何もないと…

続きを読む

【感想・考察】『私の百合はお仕事です!』47話~寧々について掘り下げた回~

『私の百合はお仕事です!』47話の感想を紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『私の百合はお仕事です!』47話の内容『私の百合はお仕事です!』47話の感想最後に 基本情報タイトル『私の百合はお仕事です!』47話サブタイトル西園寺寧々作者未幡(@n28miman)掲載誌コミック百合姫2022年1月号出版社一迅社発売日2021年11月18日ISBN4910137390126公式サイトhttps://watayuri-1jinsha.com/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/4015PVhttps://www.youtube.com/watch?v=XXaiSztdBqU配信【ブックウォーカー】etc 『私の百合はお仕事です!』47話の内容『わたゆり』47話は、寧々の過去について描かれていました。 寧々の視点で話が進行します。また、リーベ女学園ができる前、寧々が一体どんな生活を送っていたかに加え、リーベ女学園のオープンやリーベ女学園がオープンしてから1年後の様子についても触れられています。寧々の繊細な心理描写や変化に注目です。『私の百合はお仕事です!』47話の感想寧々の視点で話が進行するのは、どこか新鮮だなと感じた。 1話を使って、西寺寧々という人間について掘り下げていたと思う。後、寧々の変化を丁寧に描いていたのが良かったですね。 純加と出会ったばかりの頃・リーベ女学園がオープンした頃・リーベ女学園がオープンして…

続きを読む

【感想・考察】『私の百合はお仕事です!』46話~葉子はまだまだこんなもので終わらないと期待したい~

『私の百合はお仕事です!』46話の感想とポイントについて紹介します。話をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『私の百合はお仕事です!』46話の内容『私の百合はお仕事です!』46話の感想心の中では笑っていない舞葉子がリーベ女学園を訪れた理由終わっていない関係果乃子から見た葉子葉子からのプレゼント純加の激怒葉子がリーベ女学園を訪れたなら…最後に 基本情報タイトル『私の百合はお仕事です!』46話サブタイトル卒業生のご来校作者未幡(@n28miman)掲載誌コミック百合姫2021年11月号出版社一迅社発売日2021年9月18日ISBN4910137391116公式サイトhttps://watayuri-1jinsha.com/ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/4015PVhttps://www.youtube.com/watch?v=XXaiSztdBqU配信【ブックウォーカー】etc 『私の百合はお仕事です!』46話の内容『わたゆり』46話は、かつてリーベ女学園を崩壊の危機に陥れた葉子がリーベ女学園を訪れ、純加にコンタクトを取ろうとした様子が描かれていました。葉子に連絡先を渡された果乃子、葉子に対する恋心が動き出した寧々、葉子に対する怒りの炎が燃え上がる純加。葉子の連絡先は、果乃子にとって蜘蛛の糸になるのか? それとも、さらなる波乱の入り口なのか。リーベ女学園に穏やかな日々が訪れるのは、まだまだ先。『私の百合はお仕事です!』…

続きを読む