【感想・考察】『君と綴るうたかた』14話~限界~

『君と綴るうたかた』14話の感想と話のポイントを紹介します。話をおさらい・作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』14話の内容『君と綴るうたかた』14話の感想芹の激怒ズルいの意味雫とるりの距離雫の変化雫の感謝崩れる夏織最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』14話サブタイトル「謝罪」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年11月号出版社一迅社発売日2021年9月18日ISBN4910137391116ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』14話の内容『きみつづ』14話は、雫がるりに直接謝罪する様子が描かれていました。会話の中で雫の変化を感じたるり。長年にわたる後悔に一区切りをつけた後、予想外の事態が。『君と綴るうたかた』14話の感想読んでいる自分も緊張していましたね。雫達はもっと緊張していたと思うけど、その緊張が読んでいる側にも伝わってくるというか。雫の謝罪が終わった後、緊張の糸が切れたような。 で、緊張の糸が切れた後にドデカいサプライズですよ。息をつく暇を与えない、ゆあま先生。本当にズルいですね。最初から最後まで見どころだったの一言に尽きる。雫とるりの距離・雫の手紙・芹の我慢と怒り・夏織の状態といくつもの限界を落とし込み、見応え十分な回に仕上がっていたと思う。芹の激怒雫と夏織の前には、るりだけでなく、芹の姿が。雫のことを快く思…

続きを読む

【感想・考察】『君と綴るうたかた』13話~再会~

『君と綴るうたかた』13話の感想と話のポイントを紹介します。話をおさらい・作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』13話の内容『君と綴るうたかた』13話の感想約束の日雫のエゴ勝負服目的地に近づくたびに運命の再会最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』13話サブタイトル「往路」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年10月号出版社一迅社発売日2021年8月18日ISBN4910137391017ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』13話の内容『きみつづ』13話は、雫と夏織がるりの待つ横浜へ向かう話。夏織と一緒に歩くため、雫は前を向きます。ちなみに、雫と夏織の足跡はおそらく、JR茅ヶ崎駅 ↓ JR横浜駅 ↓ 横浜高速鉄道みなとみらい線横浜駅 ↓ 横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅 ↓ 臨港パークといったところでしょう。 雫達の住んでいる所が湘南の方だと考えると、JR茅ヶ崎駅からスタートして、みなとみらいの方に向かったのかなと考えられました。 サザンビーチが描かれていましたし。 臨港パークと考えたのは、海とレインボーブリッジが見えるのと、灯の形状から。『君と綴るうたかた』13話の感想ついにこの時が来たかという感じの回でしたね。よく雫と夏織の申し出に応じたなと…おそらく、るりも雫に言いたいことがある・謝りたいことがあると感じ、雫…

続きを読む

【感想・考察】『君と綴るうたかた』12話~2人なら「ごめんなさい」と書いた手紙を素直に渡せる気がする~

『君と綴るうたかた』12話の感想と話のポイントを紹介します。話をおさらい・作品に触れるきっかけになれば幸いです。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』12話の内容『君と綴るうたかた』12話の感想添削夏織の提案雫の気持ちメロンブックスのフェアで配布された複製サイン入り色紙風ボード最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』12話サブタイトル「変換」作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年9月号出版社一迅社発売日2021年7月16日ISBN4910137390911ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』12話の内容『きみつづ』12話は、雫の手紙を夏織が添削する様子が収録されていました。夏織から手紙をるりに直接渡さないかと提案され、雫はそれに応えます。雫は、夏織に何とも言えない気持ちを抱く…『君と綴るうたかた』12話の感想雫の「伝える言葉を考えるのってこんなに体力を使うんだ……」って言葉は分からんでもないって感じた。体力というか精神というか。 上手く伝えようとすればする程、エネルギーを使うんですよね。雫が手紙の下書きを完成させた後に尊いの連続が待っていたのが印象的。夏織が雫を頭をポンと触れるシーンは破壊力抜群だった。 12話の中で1番好きなシーン。 雫の嬉しそうな表情も印象的だったと思う。手紙や気持ちを伝えることの難しさを実感する話だったんじゃないかなと。 雫が悩むのも分か…

続きを読む