【感想・考察】『君と綴るうたかた』8話~過ぎ去った貴方と現在の貴方に向けて~

2021年1月に1巻が発売され、2月に重版が決定した『きみつづ』こと『君と綴るうたかた』。今回は『きみつづ』8話を読んだので、感想と強みとなる部分について解説します。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』8話の内容『君と綴るうたかた』8話の感想『君と綴るうたかた』8話の強み最後に 1.基本情報タイトル『君と綴るうたかた』8話サブタイトル封を切る作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年4月号出版社一迅社発売日2021年2月18日ISBN4910137390416ゆりひめピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077配信【ブックウォーカー】etc 『君と綴るうたかた』8話の内容香織の手紙を読む決意をした雫。手紙には、香織が小学校の頃にどんな想いを抱いていたか、そして現在の気持ちが綴られていた。香織の気持ちを知った雫は香織と話し合うことを決意します。雫からのメッセージを受け取った香織は雫の下へ。『君と綴るうたかた』8話の感想手紙の封を開けると、驚きの真実が飛び出してきましたね。そうくるかといった感じが。いい意味で裏切ってきたのは確か。香織がどうして雫に近づいたのかとか今までいろいろ考えてきたことを思い出す。雫が手紙の封を開けるのを恐れていたけど、自分もページをめくる度にドキドキしていた。手紙ではいじめの件を触れられたくない件だったのかなと香織は書いていたけど、それはそうといった感じですね。 本人はいじめのつもりではなかった&騒動があった後の…

続きを読む

【感想】『君と綴るうたかた』1巻~線香花火のような儚さを感じる百合~

小説を書き綴る少女とクラスの人気者の少女が織りなす一夏の思い出を描いた『君と綴るうたかた』。作者は『イケメンすぎです紫葵先パイ!』のゆあま先生で単行本の発売を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?今回は『きみつづ』こと『君と綴るうたかた』1巻の感想と魅力について紹介します。【目次】基本情報『君と綴るうたかた』1巻の感想『君と綴るうたかた』1巻の魅力『君と綴るうたかた』1巻の特典『君と綴るうたかた』5話で登場した水族館最後に 基本情報タイトル『君と綴るうたかた』1巻作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫出版社一迅社発売日2021年1月18日ゆりひめ@ピクシブhttps://comic.pixiv.net/works/7077発売日2021年1月18日ISBN-104758022011ISBN-13978-4758022019『きみつづ』1巻に収録されている内容は以下の通り。1~5話3.5話あとがきストーリーをザックリ説明するとこんな感じになります。物語の始まりは主人公の星川雫が書いた一つの小説。 同級生の朝香香織が雫の小説を大絶賛!新たに小説を書かないのかという香織の問いに雫は書かないと答える。それを聞いた香織は小説を書いてもらうため、ひと夏限定で付き合わないかと提案。雫と香織の物語が今、幕を開ける!前作の『イケメンすぎです紫葵先パイ!』とは雰囲気がガラッと変わっており、驚いた方も多いと思います。 自分もその中の1人です。『君と綴るうたかた』1巻の感想1話から百合姫…

続きを読む

【感想】『君と綴るうたかた』7話~長所と短所という名の表裏一体~

物語が進むにつれ、深淵にハマっていくような感覚を覚える『君と綴るうたかた』。その深みがたまらんわけで…今回は『君と綴るうたかた』7話の感想と話のポイントについて語っていこうかなと思います。【目次】1.基本情報2.『君と綴るうたかた』7話の感想3.『君と綴るうたかた』7話の核4.最後に 1.基本情報タイトル『君と綴るうたかた』7話作者ゆあま(@maymaymay7523)掲載誌コミック百合姫2021年2月号出版社一迅社発売日2020年12月18日ISBN4910137390218配信【ブックウォーカー】etc今回の『君と綴るうたかた』は雫が小学校時代の辛い過去について描かれていました。雫は過去に何をしたか、香織が送った1通の手紙。 物語はさらなる深淵に突入する…2.『君と綴るうたかた』7話の感想見ていて、「うわぁ…」となることが何度もあった。雫、それはあかんがな…ってなることがですね…雫の思う「いいこと」は傷つけることが多過ぎた。 「思っていることをはっきり言う」というのは時に良い方向に働くかもしれないけど、悪い方向に働くこともある。長所と短所は表裏一体という感じが。そういえば、『地獄少女』で一般論で相手を助けたつもりになっているキャラクターがいたのを思い出した。 境遇とかは違うけど、良いことをしたつもりになる人って多いなと思う時があるのは確か。自分が「いいこと」と思っていても、相手にとっては「悪いこと」だったりするし。 後、一理あることを言ったとしても、言い方とかが悪いと伝わらない・さらに拗れる…

続きを読む