【感想】『雨でも晴れでも』番外編3~チョコフォンデュよりもホットでスウィートな百合の数々~

とある寄宿学校を舞台に個性豊かな女の子達が活躍する『あめはれ』こと『雨でも晴れでも』。今回は美古都達のバレンタインを描いた番外編について語っていこうと思います。【目次】基本情報『雨でも晴れでも』番外編3の内容『雨でも晴れでも』番外編3の感想『雨でも晴れでも』番外編3の強み最後に 基本情報タイトル『雨でも晴れでも』番外編3作者あらた伊里(@aratairi)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年4月号出版社KADOKAWA発売日2021年2月26日ISBN4910164750412配信【ブックウォーカー】etc 『雨でも晴れでも』番外編3の内容月刊コミック電撃大王2021年4月号の『あめはれ』は美古都達のバレンタインの様子が描かれていました。美古都達は楽しい楽しいバレンタインを過ごす様子は必見です。『雨でも晴れでも』番外編3の感想美古都達の個性が光っていて、とても面白かった。シリアスな感じも好きだけど、今回のようなドタバタな感じも好き。 濃厚な百合がギュッと詰まっていて、1粒で何度も楽しめる百合という感じでしたね。たくやがぶっ飛びすぎてて、只々面白い。チョコフォンデュを串カツと感じていたけど、それを見て串カツを食べたくなったのはここだけの話。 安いお酒を飲みつつ、串カツをですね…最後は尊い一撃でノックアウトされた。美古都、あらた先生、強力過ぎます!いくつもの百合を楽しめる良い回だった。『雨でも晴れでも』番外編3の強み今回の『あめはれ』はいくつもの強みがありました。自分が感じた強みはこちら。辺銀のビ…

続きを読む

【感想】『雨でも晴れでも』11話~美古都と蓮の百合で感じろコスモ!~

寄宿学校で育まれる百合がたまらない『あめはれ』こと『雨でも晴れでも』。『雨でも晴れでも』11話が想像以上にヤバかったので、いろいろ語っていこうかなと思います。【目次】基本情報『雨でも晴れでも』11話の感想『雨でも晴れでも』11話の核最後に 基本情報タイトル『雨でも晴れでも』11話作者あらた伊里(@aratairi)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年3月号出版社KADOKAWA発売日2021年1月27日ISBN4910164750313配信【ブックウォーカー】etc『雨でも晴れでも』11話は蓮が美古都にキスをお願いする回。美古都は戸惑いつつも蓮のお願いに応えることに…『雨でも晴れでも』11話の感想ヤバさの波状攻撃にノックアウトされた…単純に面白いの一言に尽きる。蓮の言動についていろいろ言いたいことがだな…蓮に「どうしてキスしたの?」と聞かれた美古都はどう答えようか戸惑っていたけど、戸惑う気持ちも分からなくはない。 「えっ?」みたいな表情が印象的。 美古都、予想外の展開についていけてないという感じがしましたね。美古都がキスしようとした理由を説明したら、蓮がセクシーな格好になってくれとお願い。さすがの美古都も置いてけぼり…そして、自分も蓮の言動を理解するのにちょっと時間が。美古都が真顔で困惑していたから尚更、印象に残った。 そうとも知らない蓮が真面目な顔してどういうこっちゃな論理を並べ、美古都と読み手を困らせてくる。 蓮の語りが『ドラゴン桜』の桜木先生ばりの説得力があったんじゃないかと感じてしまった…

続きを読む

【感想】『雨でも晴れでも』10話~灼熱のビーチと恋の微熱~

前回、辺銀と獅子丸とのやり取りが印象的だった『雨でも晴れでも』。辺銀と獅子丸は付き合うことになってひと段落したかと思いきや、美古都と蓮のすれ違いが。今回は『雨でも晴れでも』10話の感想と話のポイントについて話します。【目次】1.基本情報2.『雨でも晴れでも』10話の感想3.『雨でも晴れでも』10話の核4.最後に 1.基本情報タイトル『雨でも晴れでも』10話作者あらた伊里(@aratairi)掲載誌月刊コミック電撃大王2021年2月号出版社KADOKAWA発売日2020年12月26日ISBN4910164750214配信【ブックウォーカー】etc『雨でも晴れでも』10話は有頂天高校の生徒達が海開きを兼ねた砂浜清掃に協力する様子が描かれていました。蓮を避けていた美古都は蓮と話し合うことを決意。対する蓮は美古都のことで不安を感じ、美古都を避けてしまう。果たして、美古都と蓮は分かり合うことができるのか…2.『雨でも晴れでも』10話の感想砂浜まで蓮を追いかける美古都が印象的だった。最後の最後まで諦めない心が蓮との距離をほぼゼロ距離にしたのかもしれない。砂浜で蓮を捕まえた時の美古都のパワーワードが強力すぎる…つ…つかまえたぁ…これを笑顔で言う美古都が破壊力抜群。美古都の満面の笑みに逃げられる人は多分、誰もいない。 これで蓮が逃げたら「おーい!!」って全力でツッコむ。美古都と蓮が砂浜に倒れ込むシーンは気合がかっていた。美古都が蓮と向き合うことができないままなのは嫌だと感じた時の表情も10話のストロングポイント…

続きを読む