【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』20話~さよならなんて言えない~

『私の推しは悪役令嬢。』20話を読んだので、感想と考察を紹介しようかなと思います。気になる方は、一度チェックしてください。目次 基本情報『私の推しは悪役令嬢。』19話の内容クレアの後悔クレアとレーネの出会いクレアの母レーネの忠誠バースデイたった一度のさよならなんてクレアに寄り添うレイ最後に 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』20話サブタイトルさよならは言わないで漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2022年6月号出版社一迅社発売日2022年4月18日ISBN4910137390621サイズB5小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/56013配信【ブックウォーカー】etc 『私の推しは悪役令嬢。』20話の内容『わたおし。』20話は、クレアとレーネの過去・レーネとの別れが描かれていました。 再び会うため、クレアはさよならを言わないことをレーネに告げます。そして、レーネとクレアに新たな影が近づく。クレアの後悔クレアは、レーネ達を追い詰めていたのではないかと後悔していたのが印象的。もっと気にかけていたら、レーネ達の恋を認めていたら、レーネ達と離れずに済んだのではないかなど、いろいろ感じたのでしょう。クレアとレーネの出会いクレアとレーネの出会いが描かれていたのは、『わたおし。』20話におけ…

続きを読む

【感想・考察】『私の推しは悪役令嬢。』19話における国王とのやり取りについて

『私の推しは悪役令嬢。』19話を読んだので、感想と考察を紹介しようかなと思います。気になる方は、一度チェックしてください。目次 基本情報『私の推しは悪役令嬢。』19話の内容クレアの問いかけ国王・王妃との対面レイとクレアに差し伸べられた救いの手国王のジャッジ喜びを分かち合うレイとクレア罪を償うディード相棒を失ったローレックレーネとの別れとレイからの選別最後に 基本情報タイトル『私の推しは悪役令嬢。』19話サブタイトル褒美漫画青乃下(@aonoesu)原作いのり(@inori_narou)キャラクター原案花ヶ田(@Lv870)掲載誌コミック百合姫2022年5月号出版社一迅社発売日2022年3月18日ISBN4910137390522サイズB5小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n8792em/ニコニコ静画https://seiga.nicovideo.jp/comic/56013配信【ブックウォーカー】etc 『私の推しは悪役令嬢。』19話の内容『わたおし。』19話は、ランバートが呼び出したキマイラを退けたレイとクレアが国王・ロセイユ=バウアーと王妃・リーシェ=バウアーに会い、オルソー家の助命嘆願を行う回。大切なレーネのためにレイとクレアは、できる限りのことを尽くします。クレアの問いかけ王宮に呼ばれたため、身だしなみを整えるレイとクレア。レイの恰好がカッコいいし、クレアは上品で美しい。 レイとクレアのおしゃれな姿が見られる点は、『わたおし。』19話の見どころのひとつで…

続きを読む

百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで『私の推しは悪役令嬢。』のグッズについて

百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで『私の推しは悪役令嬢。』のグッズが販売されていたので、購入することに。今回は、百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで『私の推しは悪役令嬢。』のグッズを紹介します。目次 アクリルスタンド概要他の『わたおし。』のアクリルスタンドと比較百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで販売されていた他のアクリルスタンドと比較缶バッジ概要他の缶バッジと比較缶バッジをディスプレイフルカラーマグカップ概要百合スマスフェア2021でも使われていたイラストだった他のフルカラーマグカップと比較限定チェキ風ブロマイド展示品サイン色紙複製原画最後に アクリルスタンド 概要レイとクレアが手を取ってポーズを決めているのが特徴的。 2巻の表紙に使われていたイラストですね。 華麗な感じがします。2巻と並べてみることに。2巻には、レイとクレアの周囲に赤いアネモネが描かれています。他の『わたおし。』のアクリルスタンドと比較他の『わたおし。』のアクリルスタンドと並べてみることに。2021年6月にGraffArt Shopで販売されたアクリルスタンドですね。 こちらは、1巻の表紙で使われたイラスト。大きさがだいぶ違いますね。百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで販売されていた他のアクリルスタンドと比較百合姫 POP UP SHOP in ジーストアで販売されていた『ロンリーガールに逆らえない』と『君と綴るうたかた』のアクリルスタンドと比較してみることに。『ロ…

続きを読む