【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』21話に描かれていた愛明の恋心を掘り下げる

愛明の恋心を中心に『アネモネは熱を帯びる』21話の内容を掘り下げていきます。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』21話の内容『アネモネは熱を帯びる』21話の感想最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』21話サブタイトル知る作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年9月号出版社芳文社発売日2022年7月23日ISBN4910082710925サイズB5 『アネモネは熱を帯びる』21話の内容『アネモネは熱を帯びる』21話は愛明が凛理のリボンを手に入れるために奮闘する様子に加え、恋心について描かれていました。凛理が水希のことを好きという事実を知った愛明はショックを隠すことができず…『アネモネは熱を帯びる』21話の感想とりあえず…愛明ィィィーーーーーーーーー!!!!!いや、もう愛明の名前を叫びたくなる。 あぁ尊いな…可愛いなと思わせてからのどんでん返しという名のハンマーでドンッと殴打された気分だ。 ラストのオチに思わず「嘘ぉ…」と言いたくなってしまう。 凛理が水希のこと好きなの分かっていたけどさぁ…てか、愛明は凛理が水希のこと好きという事実を知らなかったの???普段から近くで接していたのに。愛明の恋心を掘り下げつつ、愛明・凛理・水希・朱里という複雑な四角関係が展開されているというのが分かる回だった。 海水浴の時に身を引いたと思っていたんだけど、まだ諦めていなかったんか…ラストの愛明が切な過ぎ…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』20話における愛明とのやり取りについて

『アネモネは熱を帯びる』20話で描かれていた愛明とのやり取りについて触れていきます。作品をおさらいしたり、作品に触れるきっかけになれば幸いです。目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』20話の内容『アネモネは熱を帯びる』20話の感想愛明の意味深なセリフについて最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』20話サブタイトル友達作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年8月号出版社芳文社発売日2022年6月24日ISBN4910082710826サイズB5 『アネモネは熱を帯びる』20話の内容『アネモネは熱を帯びる』20話は、凪紗と茉白が愛明に付き合っていることをカミングアウトする回。愛明の優しさ、恋心についても触れられていました。『アネモネは熱を帯びる』20話の感想凪紗と茉白の百合を描きつつ、愛明の魅力や繊細な心理描写などをとことん描いた回だったと思う。愛明の存在感が大きかったなとしみじみ感じている。 凪紗と茉白を気遣う場面とか特に。 いつもは明るく振る舞っている分、どこか影を落とすシーンがより印象的なものになっていた。凪紗と茉白の甘く濃厚な百合も良いけど、愛明と凛理の百合も良いと思うんだ。読んでいて、愛明と凛理には幸せになって欲しいと感じるばかり。 愛明と凛理のやり取り、どこか活き活きしているんですよね。凪紗と茉白の百合より愛明と凛理の百合の方が良いかも?と感じている方もいるのか気になるところ。凛理の変化や表情も見どころのひとつだったんじゃないかな。…

続きを読む

【感想・考察】『アネモネは熱を帯びる』3巻の解体新書~感想から特典の解説まで~

『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容・感想・特典について語っていきます。気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容『アネモネは熱を帯びる』3巻の感想『アネモネは熱を帯びる』3巻の特典アニメイトメロンブックスメロンブックス(有償)1・2巻との同時購入特典(メロンブックス)ゲーマーズこみらの!あみあみCOMIC ZINetcまんが王まんが王(有償)最後に 基本情報タイトル『アネモネは熱を帯びる』3巻作者桜木蓮(@sakuragi_ren)掲載誌まんがタイムきららフォワード出版社芳文社収録話数13~18話・描き下ろし発売日2022年6月10日ISBN-10483227371XISBN-13978-4832273719サイズB6(18.2x12.8x1.2cm)配信【ブックウォーカー】etc 『アネモネは熱を帯びる』3巻の内容『アネモネは熱を帯びる』3巻では、凪紗と茉白が気持ちを通じ合わせ、恋人同士になるまでの過程が収録されています。 凪紗と茉白の百合だけでなく、水希と朱里の百合・愛明と凛理の百合について触れられているのも特徴的。夏休みに皆で海を満喫する様子が楽しめるのもポイントです。13~18話の細かな内容については各回の感想をチェックして頂けたらなと。13話14話15話16話17話18話 『アネモネは熱を帯びる』3巻の感想「大好き」が始まる1冊だったと思う。 3通りの大好きが描かれていて、各キャラクターの魅力が引きだされていたんじゃないかなと。凪紗と茉白の豊…

続きを読む