【感想】『観音寺睡蓮の苦悩』1巻の感想を全力で語る

TwitterのTLにとある漫画が目に飛び込んだ。その名も『観音寺睡蓮の苦悩』。作者はカエルDX先生。 おでこぱしーでお馴染みの『星屑テレパス』について熱く語ってた先生だったなと思いながら発売してからすぐは手を出さなかった。だが、そんな自分にとある出来事が…それは『ヒーローさんと元女幹部さん』こと『ヒロかん』の作者であるそめちめ先生が『観音寺睡蓮の苦悩』について良い感じのコメントをTwitterに書いていたこと。それを見た自分は「なん…だと…」と感じ、これは避けては通れないやつだと謎の使命感を抱き、後日『観音寺睡蓮の苦悩』1巻を購入した。今回は『観音寺睡蓮の苦悩』1巻について全力で語っていこうと思う。【目次】1.基本情報2.『観音寺睡蓮の苦悩』1巻の内容3.『観音寺睡蓮の苦悩』1巻の感想4.電子書籍でも読めるのか5.最後に1.基本情報『観音寺睡蓮の苦悩』1巻のISBNなどは以下の通りです。タイトル『観音寺睡蓮の苦悩』1巻作者カエルDX(@kaeru_dx)出版社芳文社掲載誌まんがタイムきららフォワード発売日2020年9月11日ISBN-104832272136ISBN-13978-4832272132主人公の観音寺睡蓮が後輩の府中紫陽花と中目黒椿を見て、百合妄想を膨らませる漫画。 紫陽花と椿のお姉さん的な存在である有明牡丹が加わることで睡蓮の中の百合が爆発する―ストーリーをザックリ説明すると、こんな感じです。 ページをめくるとカエルDX先生の百合に対する美学とセンスが爆発しています。2.『観音寺睡…

続きを読む