【感想・考察】『NEW GAME!』12巻はこれまでの要素をふんだんに盛り込んだ1冊だと感じた件

2021年3月26日、大きな衝撃が襲い掛かった。それは『NEW GAME!』が13巻で完結というもの。 完結の告知はTwitterのトレンドに挙がるなど、多くの方を驚かせました。 12巻の発売日に完結の告知だったので、驚くのも無理はない気がします。今回は最終巻のひとつ前である12巻についていろいろ語っていこうかなと思います。作品を触れるもしくはおさらいする上で少しでも参考なれば幸いです。【目次】基本情報『NEW GAME!』12巻の内容自分達にしかできない仕事ねねっちとなるが出した答え青葉の過去・現在・未来フェアリーズストーリー4の開発中止クリスティーナのお願いコウの叱責フェアリーズストーリーという名前モモの不安ほたるという名のラスボス最後に 基本情報タイトル『NEW GAME!』12巻作者得能正太郎(@tokutaro)掲載誌まんがタイムきららキャラット出版社芳文社収録話数129~141話発売日2021年3月26日ISBN-104832272624ISBN-13978-4832272620配信【ブックウォーカー】etc 『NEW GAME!』12巻の内容『NEW GAME!』12巻は青葉がフェアリーズストーリー4のキービジュアルを担当することになって早々、フェアリーズストーリー4の開発中止という大ピンチが描かれていました。クリスティーナの決断で開発中止は免れたものの、青葉の前に最大の壁が待ち受けていた!自分達にしかできない仕事『NEW GAME!』12巻を読んでいて、自分にしかできない仕事・…

続きを読む

【感想】『NEW GAME!』11巻~青葉&ひふみという名のベストパートナー・ほたるの進路・仕事に対する接し方~

『放課後ていぼう日誌』に起きた諸事情がきっかけで触れることになった『NEW GAME!』。動画工房春のアニメ祭りをきっかけに『NEW GAME!』の単行本を1~10巻まで読み、そして11巻を購入することに。今回はそんな『NEW GAME!』11巻の感想について話していこうかなと。【目次】1.基本情報2.『NEW GAME!』11巻の内容3.『NEW GAME!』11巻の感想4.電子書籍でも読めるのか5.最後に 1.基本情報『NEW GAME!』11巻の発売日、ISBNなどは下記の通りです。2.『NEW GAME!』11巻の内容『NEW GAME!』11巻に収録されていた内容をザックリ整理するとこんな感じ。イーグルジャンプの社員旅行で沖縄に行く話の続きからスタートし、フェアリーズストーリー4のキャラクターデザインとほたるの進路について掘り下げる話から構成されていました。 その他にも、ねねっちとなるっちメインの話も収録されています。3.『NEW GAME!』11巻の感想語りたいことはいろいろあるけど、いくつか厳選しろと言われたらこの辺を挙げる。どこが良いかは人それぞれですが、自分は上記の6つが印象的でしたね。 今から『NEW GAME!』11巻の感想について話していこうかなと。3-1.ねねっち&アハゴンVS葉月さん沖縄といえば海!海といえば水着!といった感じで青葉達の水着姿を写真に収めようと葉月さんが忍び寄る…そんな葉月さんに待ったをかけるのはねねっち&アハゴンの黄金コンビ!自分のシマでもある沖…

続きを読む

『NEW GAME!』に登場したゲーム解説~DDB編~

ゲーム会社の様子を描いた作品『NEW GAME!』。 作中、さまざまなゲームが登場しているのが特徴的。 今回は作中登場したDDBことデストラクションドッジボールについて話をしていきます。少しでも参考になれば幸いです。 【目次】DDBとはDDBのゲーム性DDBのモチーフになった作品について考えるドッジボールを題材にしたゲームが存在したDDB編のテーマDDB編の魅力DDB編に登場したその他のゲーム最後に DDBとはDDBことデストラクションドッジボールははじめの企画案から生まれたゲーム。 PECOの発売後、青葉達が制作することになります。その名の通り、ドッジボールを題材としたゲームで白熱するゲーム性で青葉達はもちろん、葉月さん達からも高評価をもらっていました。キャラクターデザインはもも。 ももはコンペの際、ドッジボールとロボットという組み合わせを提案し、はじめ達の心を掴みました。 ただし、予算の都合上ロボットという要素は無くなることに…DDBの開発から販売までの様子はコミックス7巻~10巻の前半部分で描かれています。 DDBのゲーム性DDBは4対4に交代1としての5対5で戦うゲームになります。 試合は内野は3人、外野は1人という構成。 相手を全滅または制限時間内に相手の残り人数を自分より少なくした方が勝利。ゲーム性をより面白いものにするため、5対5(各チーム外野3人)→3対3(各チーム外野3人)→4対4に交代1と仕様を何度も変更しています。ガードもキャッチもできず、ボールがヒットすると体力が…

続きを読む