【感想】『フードコートで、また明日。』~フードコートと百合の魅力を活かしたクールな1冊~

フードコートを舞台に2人の女子高生が何気ない話を繰り広げていく様子を描いた百合漫画『フードコートで、また明日。』。今回は『フードコートで、また明日。』の感想と魅力について話します。【目次】基本情報『フードコートで、また明日。』の内容『フードコートで、また明日。』の感想『フードコートで、また明日。』の魅力最後に 基本情報タイトル『フードコートで、また明日。』作者成家 慎一郎(@_71416)掲載誌コミックニュータイプ出版社KADOKAWA収録話数1~15話・To be continue…・0話発売日2021年3月10日ISBN-104041098920ISBN-13978-4041098929コミックニュータイプhttps://comic.webnewtype.com/contents/foodcourtjk/配信【ブックウォーカー】etc 『フードコートで、また明日。』の内容『フードコートで、また明日。』は和田と山本の2人の女子高生がとあるフードコートで何気ない話を繰り広げていく様子を描いた百合漫画。作品の舞台はイオンモール名取です。 フードコートだけでなく、未来屋書店やナムコ、ヴィレッジヴァンガードも描かれていました。フードコートで繰り広げられる会話や出会いが和田と山本の距離を縮めます。『フードコートで、また明日。』の感想和田と山本がフードコートで行う会話が単純に面白い。そして、ここぞという時に尊い描写が用意されているのもポイントが高いですね。 和田と山本のやり取りやリアクションを見ていると…

続きを読む