【感想】『紡ぐ乙女と大正の月』1巻が面白かったので作品の奥深さについて考える

令和の女子高生が大正時代の日本にタイムスリップし、様々な出会いと経験をする様子を描いた『紡ぐ乙女と大正の月』。1巻を読む機会があって読んでみたわけですが、面白い上に奥が深い。今回、『紡ぐ乙女と大正の月』1巻について語っていこうかなと思います。 話す内容は以下の通り。『紡ぐ乙女と大正の月』1巻の感想『紡ぐ乙女と大正の月』のどこが奥深いか『紡ぐ乙女と大正の月』1巻で登場した場所のモデル作品に興味のある方は一度チェックしてください!【目次】基本情報『紡ぐ乙女と大正の月』1巻の感想『紡ぐ乙女と大正の月』の奥深さ『私の推しは悪役令嬢。』1巻に登場した場所のモデル最後に 基本情報タイトル『紡ぐ乙女と大正の月』1巻作者ちうね(@yachixxxxxx)掲載誌まんがタイムきららキャラット出版社芳文社発売日2020年6月26日ISBN-104832271997ISBN-13978-4832271999配信【ブックウォーカー】etcストーリーは大まかに説明すると、このような感じ。2019年、主人公の藤川紡(ふじかわつむぐ)が桜川女学校の図書館で謎の見えない写真を見つけたところから全ての始まり。 突然地震が発生し、気を失ってしまう。 目を覚ますと、そこは大正時代の銀座。行く当てもない紡は侯爵令嬢である末延唯月(すえのぶいつき)に救われ、大正時代の桜川女学校へ通うことに。紡は果たして、元の時代に戻れるのか… 時を越えた出会いから始まる百合が今、幕を開ける。テーマは「大正時代の日本」「タイムトラベル」「歴史の目撃者」「エ…

続きを読む