【感想】『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話~主要キャラクターに関する解説を添えて~

『バトルアスリーテス大運動会』の続編である『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』。『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話を見たので、感想に加え、魅力や主要キャラクターについて解説します。【目次】『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話の内容『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話の感想『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』の主要キャラクター最後に 『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話の内容『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話は主人公のかなたが地球代表を決める予選でアンナに勝利を収める様子が描かれていました。 後はかなたのルームメイト決定とエヴァの再会ですね。サブタイトルの「オンユアマーク!」は日本で「位置について」を意味します。 前作の『バトルアスリーテス大運動会』1話のサブタイトルは「よういどん」。 物語の始まりといった感じで前作を彷彿させます。オンユアマークと聞いて、Afterglowの楽曲が頭に浮かんだという方もいるかもしれません。『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』1話の感想1話から良質な百合が満載で楽しめた。前作を感じさせる部分があり、懐かしい気分になったところもある。 だけど、前作を知らなくても全然楽しめるかなと。幼い頃からの約束・姉妹百合・ルームメイトといくつもの要素を押さえている。かなた達、鍛えられてると同時にセクシーさもあったなと。作画も悪くなかったし、分かりやすいストーリーと…

続きを読む

『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』を見る前に『バトルアスリーテス大運動会』を振り返る

『バトルアスリーテス大運動会』の続編として、『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』の放送が決定されました。『バトルアスリーテス大運動会』は西暦4998年の宇宙を舞台にしたスポ根アニメ。 主人公の神崎あかりたちが大運動会に優勝し、宇宙撫子(コスモビューティー)を目指す様子が描かれていました。 OVA・漫画・小説・ゲームとさまざまなメディアミックスが行われており、人によってはいずれかの媒体に触れたという方もいるのではないでしょうか? ちなみに、自分はアニメのみ触れていました。『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』は『バトルアスリーテス大運動会』で描かれたネリリ星人との決戦から100年経過した宇宙が舞台。 神・大運動会でかなた達が凌ぎを削る様子が描かれます。今回は『バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!』に備え、『バトルアスリーテス大運動会』を自分なりに振り返っていこうと思います。【目次】『バトルアスリーテス大運動会』とは何ぞや南極訓練校編(1~10話)大学衛生編(11~22話)ネリリ星人編(23~26話)最後に 『バトルアスリーテス大運動会』とは何ぞや『バトルアスリーテス大運動会』は百合・スポ根・ギャグの要素を含んだ作品。主人公のあかり達は宇宙撫子(コスモビューティー)になるため、100メートル走などの競技はもちろん、叩いて被ってジャンケンポン・崖や地雷が設置されている道をドデカいローラーを引きずって走るレースなど、ハチャメチャな競技に挑みます。時にシリアス・ガチに、時にギ…

続きを読む