雪宮ありさ先生とsugar.先生のスペースで感じた幽霊ものの作品に求めるもの

2022年11月13日、『最果てのともだち』の雪宮ありさ先生と『さよなら幽霊ちゃん』のsugar.先生がTwitterで対談スペースを開催していた。スペース内では、さまざまな質問が送られていて、なるほどと感じることがいくつもあった。 聴き終えた時、ふと自分の中で頭によぎるものがあった。 それは幽霊ものに一体何を求めていたのか。いろいろ考えていく中で1つの考えが浮かんだ。 それは、作中に登場する幽霊が一体どんな驚きを与えるか。 漫画・アニメ・小説・映画・ゲームとあらゆる媒体に幽霊のキャラクターが登場する。幽霊達は見る者にさまざまな驚きを与えている。多くの方が作中に登場する幽霊達が一体どんな驚きを人間・読み手に与えるのか期待しているのではないだろうか。 驚きの種類にも多岐に渡る。 ・恐怖・百合・バトル・真実・感動 と枚挙に暇がない。 どのような驚きを見せるかは作品によって異なってくると思う。その作品でしか味わえない驚き、それを自分は求めている。 対談の中で幽霊ものを扱うメリットについて触れられていたけど、死生観や謎解き要素に深みを増せるというのは同感。人間と幽霊の違いや幽霊や作中に登場する舞台に一体どのような秘密があるかは幽霊ものの魅力だ。『遊戯王』における遊戯とアテムの別れとか。 個人的に「これはメリットではないか!」と感じたものがある。 それは幽霊そのものだ。 分かりやすい例を挙げると、貞子と伽椰子。 『リング』にしろ『呪怨』にしろ『貞子VS伽椰子』にしろ、作中に登場する…

続きを読む

【感想・考察】『最果てのともだち』18話~仰げば尊し~

上を見上げたら、青い空が広がっていた―『最果てのともだち』18話の感想を紹介します。目次 基本情報『最果てのともだち』18話の内容『最果てのともだち』18話の感想サブタイトルについて最後の授業最後の授業役目を終えた廃校アサヒの髪型Twitter上に投稿された花束を持つアサヒとキヨ最後に 基本情報まんがタイムきららフォワード 2022年 11 月号 [雑誌]タイトル『最果てのともだち』18話サブタイトル旅立ちの日に作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年11月号出版社芳文社発売日2022年9月24日ISBN4910082711120サイズB5 『最果てのともだち』18話の内容『最果てのともだち』18話はアサヒ・キヨ・先生・ユウの卒業式。キヨと先生との別れ。 中学生になったアサヒはユウと一緒に同じ道を歩いていく。『最果てのともだち』18話の感想キヨと先生とのお別れは辛いけど、できる限りのハッピーエンドだったなと感じた。 辛いこともたくさんあったけど、素敵な出会いやいろいろな経験を通して、アサヒは強くなったんだなと。キヨと先生とのお別れは胸にしみるな…だけど、希望に満ち溢れた卒業式が描かれていたと思う。 離れていても、きっと繋がっているんだろうなと。『最果てのともだち』18話を読んでいて、ふと気になったことが何点かある。 今から、どこが気になったかについて触れていくので、気になる方は参考にしてください。サブタイトルについて『最果てのともだち』18話のサ…

続きを読む

【感想・考察】『最果てのともだち』17話~生きるということ~

自分と同じ存在になったら、きっと…周囲の子達からいじめられ続けた1人の少女と廃校でたった1人の友達を待ち続ける幽霊の少女とのやり取りを描いた『最果てのともだち』。アサヒは進級し、ユウと友達になり、楽しい日々を過ごしていたのに対し、キヨは… 今回は、『最果てのともだち』17話の感想・考察を紹介します。 気になる方はチェックしてください!目次 基本情報『最果てのともだち』17話の内容キヨの言う辛い・悲しい思いアサヒが死ぬと先生は救われるのか人は皆…何が幸せなのかを決めるのは全て生きる証帰る場所に最後に 基本情報タイトル『最果てのともだち』17話サブタイトル最果てのともだち作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2022年10月号出版社芳文社発売日2022年8月24日ISBN4910082711021サイズB5 『最果てのともだち』17話の内容キヨのことを思い出し、1人廃校を訪れるアサヒ。アサヒはキヨと一緒に居続けるため、1対1の話し合いを行うことに。 さまざまな出会いと経験を通して成長したアサヒは自分の弱さを認め、キヨのことを正面から受け止めます。 そんなアサヒの懐の大きさにキヨは涙します。キヨの言う辛い・悲しい思いアサヒを引きずり込んでからの死んでくれない発言とこれ以上にないくらい病んでいましたね…キヨ…アサヒが廃校に来なかったのはもちろんですが、そのまま自分のことを忘れてしまうのではないかという怖さが極限状態に追い込んだのかなと思ったり。 肉体を失うことは…

続きを読む