【感想・考察】『最果てのともだち』2話~かけがえのない友達との出会い~

幽霊と友達になった小学生の女の子の活躍を描いた『最果てのともだち』。今回は、『最果てのともだち』2話の感想と話のポイントについて紹介します。【目次】基本情報『最果てのともだち』2話の内容『最果てのともだち』2話の感想『最果てのともだち』2話の強み最後に 基本情報タイトル『最果てのともだち』2話サブタイトル夜明けのきざし作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年6月号出版社芳文社発売日2021年4月23日ISBN4910082710611 『最果てのともだち』2話の内容『最果てのともだち』2話は、アサヒとキヨのファーストコンタクトが描かれていました。いじめに苦しめられてきたアサヒ。 そんなアサヒに一筋の光が差す。『最果てのともだち』2話の感想アサヒにとって、キヨは一筋の光なんだなとしみじみ思う自分がいる。いろいろなことを思い出した。 アサヒは学校で上履きよりももっと大切なものを失くしたのかもしれない。 これまでもいろいろなものを無くしている気がするけど、根本的なものを。アサヒが学校で失くしたのは、自分の居場所。 担任の教師が事なかれ主義を貫いたことでアサヒの居場所は消えた、そんな感覚を覚えた。いじめの様子見てると、キヨ達のいる校舎の方が全然居心地が良いのではないかと思えてくる。 良いことばかりではないかもしれんが、いじめに悩まされる最低な日々を送るよりかはですね…キヨが学校にいたら、アサヒは学校生活を充実できたのかなとか、アサヒとキヨの先生が担任だっ…

続きを読む

【感想】『最果てのともだち』1話~廃校で始める秘密の小学校生活~

まんがタイムきららフォワード2021年5月号で連載開始となった『最果てのともだち』。作品のタイトルとどこか惹かれる作風が自分に刺さり、まんがタイムきららフォワード2021年5月号の発売を楽しみにしていました。 今回は『最果てのともだち』1話の感想と作品の魅力について紹介します。【目次】基本情報『最果てのともだち』とは何ぞや『最果てのともだち』1話の内容『最果てのともだち』1話の感想『最果てのともだち』の魅力最後に 基本情報タイトル『最果てのともだち』1話サブタイトル登校のはじまり作者雪宮ありさ(@yukimiya_7sb)掲載誌まんがタイムきららフォワード2021年5月号出版社芳文社発売日2021年3月24日ISBN4910082710512 『最果てのともだち』とは何ぞや『最果てのともだち』はクラスメイトにいじめを受けている日向アサヒがとある廃校で幽霊のキヨちゃんと仲を深めていく様子を描いた百合漫画。 アサヒとキヨちゃんは廃校内で秘密のやり取りを行います。尊さとおどろおどろしさ、どこか惹き込まれる雰囲気を兼ね備えた作品です。『最果てのともだち』1話の内容『最果てのともだち』1話はキヨちゃんがアサヒをいじめている女の子達を追い払う様子が描かれていました。 いじめっ子が廃校を立ち去った後、アサヒとキヨちゃんは先生が来るのを教室で待ち続けます。『最果てのともだち』1話の感想作品の持つ雰囲気に惹かれ、読んだわけですが、ありかなしかで言ったらありだと思う。アサヒとキヨちゃんの百合を繊細かつ丁寧に描かれ…

続きを読む