【感想】『その淑女は偶像となる』1巻~トップを取りに行こうとするその姿が美しくカッコ良かった~

ずば抜けた才能でかつてアイドル界を席巻した過去を持つ少女とフリーランスで地道にライブをこなす新人アイドルの少女がアイドル界のテッペンを取る様子を描いた『その淑女は偶像となる』。2020年に読切が発表されてから、こうして連載、単行本の発売を楽しみにしていた自分がここにいます。 今回は『その淑女は偶像となる』1巻の感想と作品の魅力について話します。【目次】基本情報『その淑女は偶像となる』1巻の内容『その淑女は偶像となる』1巻の感想『その淑女は偶像となる』の魅力最後に 基本情報タイトル『その淑女は偶像となる』1巻作者松本陽介(@matsumoto1325)出版社集英社掲載誌ジャンプ+収録話数1~4話・描き下ろし特別編発売日2021年4月2日ISBN-104088826493ISBN-13978-4088826493配信【ブックウォーカー】etc 『その淑女は偶像となる』1巻の内容かつて悲しい出来事がきっかけでアイドルを挫折した姫宮桜子はお嬢様学校に通っていました。 アイドルを挫折していても、アイドルの関心は薄れていなかった桜子。そんな桜子の下にフリーランスでアイドル活動を行っていた若菜あるみが現れます。 桜子のことが大好きなあるみは一緒にアイドルをしないかと誘います。こうして、桜子とあるみがトップアイドルを目指す様子を描いた叙事詩がたった今、幕を開けました。『その淑女は偶像となる』1巻の感想まず、待ってました!と言いたいですね。読切の時、「これは面白い!」と自分の琴線に触れたのを思い出す。 続きが読…

続きを読む